*

プロ野球選手とゴルフ

公開日: : プロ野球

プロ野球選手のシーズンオフの楽しみといえば、かつては「ゴルフをするのが楽しみ」と話す選手が多かった。また野手よりも投手の方がフォームにクセが無いので上手という話も良く聞くが、実際はどうなのかを石毛宏典氏、日野茂氏に聞いた。

ゴルフは楽しい

先日の記事でも書いたように、石毛氏も日野氏もゴルフの話になると楽しそうに話す。そして「いついつにゴルフに行くんだ」と今でも楽しんでいる。野球が職業となり「楽しむ」事ができないのがプロ野球選手、他のスポーツが好きな選手も多く、特にゴルフは、自慢の体を活かしてプレーできる事もあり、止まっている球を思いっきり飛ばす気持ち良さ、球場という中ではなく広い外でのプレーで解放感があるのだと思う。

 

ゴルフは投手の方が上手?

ゴルフは投手の方が上手だという話をよく聞く。打者に比べてスイングにクセがない、狙ったところにボールを飛ばすコントロールがある等々の理由も聞く。

これについて石毛氏、日野氏に聞いたところ、「昔の野球選手はそれほどゴルフをしていなかったが、金田さんや稲尾さんなどが投手陣を引き連れてゴルフに連れて行ったりしていた。」と、投手だった選手がゴルフを先に始めていたという事だった。また、「昔のプロ野球は、少年時代からエースで4番だった選手が投手をしていた。」と、力のある選手が投手に多かったことも指摘した。

球界では元巨人監督の原辰徳氏などはプロ級の腕前だと聞く。投手の方が・・・というのはそれほど理由にならなさそうだ。

それでも日野氏は独特の打撃だったハイディ古賀氏とプレーした事を話し、「ハイディさんなんかは、バッティングそのままゴルフでも片手で打っていた」と笑った。打撃のクセというのも、やはり多少は影響するのかもしれない・・・。

 

どちらが難しいか

最後に失礼かもしれないが、「野球とゴルフ、どちらが難しいと感じますか」と話すと、二人とも「野球」と即答した。止まっている球を打つゴルフだが、1球勝負の世界であり、野球のファールボールは許されないスポーツだが、野球の方が難しいと話す。

「ゴルフはメンタルのスポーツとよく言われるが、野球だってメンタルのスポーツだし、ゴルフであと1パットで手がしびれた、という事がニュースになるが、野球もその状態で戦っている。」といい、「プロゴルファーは尊敬するし、他のスポーツ選手も尊敬するけれど、野球が一番難しいと思う」と自信をもって言った。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

関連記事

石毛宏典氏、日野茂氏が見る今年のドラフト候補

ドラフト会議が今月22日に迫ってきた。今年のドラフト候補について、元オリックス監督の石毛宏典氏、元西

記事を読む

横浜DeNAの金城龍彦選手、スターへの道

横浜DeNAの金城龍彦選手がサヨナラ打を放った!これでチームタイ記録となる8度目のサヨナラ安打となっ

記事を読む

野球キャンプイン

球春到来!プロ野球キャンプの見方

いよいよ今日からプロ野球のキャンプがスタートする。各チームとも新戦力も加わり、監督が交代したチームな

記事を読む

セ・パ交流戦が始まる!

明日、5月20日からセ・パ交流戦が始まる。2005年から始まった交流戦は今年で10年を迎える記念すべ

記事を読む

新春のスカウトの動き

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束

記事を読む

エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:セリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はセリーグ編。

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

今年のドラフトは豊作か?

プロ野球キャンプでは昨年のドラフト会議で指名されたルーキー選手、特にドラフト1位で指名された選手が、

記事を読む

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑