*

野球のテレビ離れ

公開日: : プロ野球

かつては巨人戦はすべての試合が地上波で全国中継されるなど、テレビとプロ野球中継は密接なものだった。しかし、10年くらい前から巨人戦などペナントレースも、そして日本シリーズですらも全試合を地上波で全国中継しなくなり、テレビの野球離れが言われてきた。

野球のテレビ離れ

かつては野球中継で15%前後の視聴率を獲れていたが、10年くらい前には1桁台の視聴率になる事もあり、テレビ局は「野球コンテンツの魅力」を低く評価し、中継をどんどん減らしていった。

1試合1億円とも言われるテレビ中継による収入があり、巨人や阪神を中心としたセリーグが繁栄していた。一方パリーグはその恩恵を受けられずに人気が無かった。しかしその結果パリーグ6球団が地方に移転したりとファンを獲得する動きを見せ始めると、徐々に入場者数が増え始めた。テレビ中継の恩恵が無くなったセリーグ球団も後を追うように、ファン獲得の活動をし始める。

こうして現在ではテレビ中継はCSなどやローカルで放映されるが、基本的は球場に見にいくコンテンツとなっている。球場では試合だけでなく、様々な演出、ゆるきゃら等を駆使し、また球場に足を運んで盛られるような活動を活発にしている。こうして野球はテレビが無くても収益を挙げられる事業に育ってきた。野球がテレビから離れることができた。

 

新たな時代

そうなる以上、球場と球団の関係は密接でなければならない。横浜DeNAベイスターズは球団と球場は別々だった。の入場収入や弁当などの売り上げの収入は球場の運営会社のものとなっており、球団側には契約分の収益しか得られない形だった。そこでオーナー企業のDeNAと球団は横浜スタジアムを今回TOPで子会社とした。これでようやく球団と球場が一体となって活動を加速できる。

思えば2011年にTBSからDeNAに球団が買収された。これがテレビ界とプロ野球の決別の始まりだったのかもしれない。読売、サンケイなどテレビ資本の入っている球団はまだあるが、DeNAやソフトバンク、楽天といった比較的新しい会社が培った経営手法で、球団自信で独立採算ができるような形を模索している。楽天は単体で黒字を達成していた。

大企業の広告塔や、メディア企業のコンテンツの一つと言われたプロ野球は、独り立ちをし始めた。これから本当のエンターテインメントが始まる。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

関連記事

日本人打者よ、空振りやエラーをしてさらに上を目指せ!

 プロ野球はオールスター出場選手がすべて決定した。投手陣では大谷翔平投手をはじめ、菅野智之投手、則本

記事を読む

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

新春のスカウトの動き

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束

記事を読む

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それが

記事を読む

エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると

記事を読む

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、パシフィックリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。パシフィックリーグは4月21日終了時点で、福岡ソ

記事を読む

プロ野球選手のセカンドキャリア

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表

記事を読む

プロ野球の名将のよもやま話、石毛宏典氏、日野茂氏が語る

プロ野球には名将と呼ばれる監督がいる。石毛宏典氏はプロ野球時代に根本陸夫監督、広岡達郎監督、森祇晶監

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑