*

プロ野球開幕の緊張を味わいたい

公開日: : プロ野球

プロ野球選手にとって、野球は楽しいのだろうか?率直に石毛宏典氏、日野茂氏に聞いてみた。すると・・・。

野球は楽しかったですか?

石毛宏典氏、日野茂氏と、とある事からゴルフの話をしていた時、率直に「ゴルフと野球はどっちが楽しいですか?」と聞いてみた。すると、二人は「ゴルフの方が楽しい」と即座に答えた。

石毛氏は「そりゃゴルフの方が楽しいよ」と話し、日野氏も「ゴルフは解放感が気持ちいい」と話した。我々素人は、草野球をたまにやると、最初のキャッチボールだけでも十分楽しいのだが・・・。

そしてまた率直に「野球はいつまでが楽しかったですか」と聞くと、石毛氏は「最初から楽しくないよ~」と笑いながら話した。走ったり叱られたりしながら、中学、高校、大学と野球を続け、そしてプロ入りしてからは「仕事」としてプレッシャーと戦いながらプレーしていた。

楽しかった時があるかを聞いたところ、

石毛:「日本シリーズで優勝して・・・」

編集:「優勝して?」

石毛:「明日から休めると思った時!」

と話した。やはりプロ野球選手にとってプロ野球は仕事だ。一球一球が給料になってくる。

 

プロ野球の開幕はガチガチ

日野氏はプロ野球の開幕試合についての経験を話す。「最初に守備に着くときなんかは、体がフワフワして、来るな、来るなって思うよ」と話した。そして最初のフライの捕球も「追いかけて構えて、球がドスーンって入ってくる。距離感がまだつかめていないんだ」と話す。

石毛氏も開幕の緊張は「怖くて仕方ない」と話す。それについて日野氏は「開幕が怖いと思わない選手は、大した選手にならない」と話した。

それでも、最後に二人は「でも、開幕はもう一度やってみたい」と話した。「あの緊張感は味わえない」と話す。

野球は楽しくない、怖いと話しながらも少年時代から野球を続け、二人は今でも野球を教えている。

やっぱり野球が好きなんだ、と感じた。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

関連記事

器用だけど不器用だった「秋山幸二選手」はメジャーを狙えたか?

 福岡ソフトバンクの秋山幸二監督、2011年には日本一の監督になったが、選手時代も西武ライオンズで主

記事を読む

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

2015ドラフトを振り返る

2015年のドラフト会議が終わりました。当サイトで取り上げた選手も指名をされていますが、まずは今年の

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を

記事を読む

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

新人が開幕スタメンを奪うには?

 プロ野球が開幕した。毎年、オープン戦では新たに入団した選手が注目され、チームの戦力アップを想像する

記事を読む

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それが

記事を読む

育成ドラフト指名選手の1年目での支配下登録

巨人は2015年ドラフト会議において育成ドラフト8位で指名し、育成枠で契約をしていた長谷川潤選手と支

記事を読む

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑