*

プロ野球開幕の緊張を味わいたい

公開日: : プロ野球

プロ野球選手にとって、野球は楽しいのだろうか?率直に石毛宏典氏、日野茂氏に聞いてみた。すると・・・。

野球は楽しかったですか?

石毛宏典氏、日野茂氏と、とある事からゴルフの話をしていた時、率直に「ゴルフと野球はどっちが楽しいですか?」と聞いてみた。すると、二人は「ゴルフの方が楽しい」と即座に答えた。

石毛氏は「そりゃゴルフの方が楽しいよ」と話し、日野氏も「ゴルフは解放感が気持ちいい」と話した。我々素人は、草野球をたまにやると、最初のキャッチボールだけでも十分楽しいのだが・・・。

そしてまた率直に「野球はいつまでが楽しかったですか」と聞くと、石毛氏は「最初から楽しくないよ~」と笑いながら話した。走ったり叱られたりしながら、中学、高校、大学と野球を続け、そしてプロ入りしてからは「仕事」としてプレッシャーと戦いながらプレーしていた。

楽しかった時があるかを聞いたところ、

石毛:「日本シリーズで優勝して・・・」

編集:「優勝して?」

石毛:「明日から休めると思った時!」

と話した。やはりプロ野球選手にとってプロ野球は仕事だ。一球一球が給料になってくる。

 

プロ野球の開幕はガチガチ

日野氏はプロ野球の開幕試合についての経験を話す。「最初に守備に着くときなんかは、体がフワフワして、来るな、来るなって思うよ」と話した。そして最初のフライの捕球も「追いかけて構えて、球がドスーンって入ってくる。距離感がまだつかめていないんだ」と話す。

石毛氏も開幕の緊張は「怖くて仕方ない」と話す。それについて日野氏は「開幕が怖いと思わない選手は、大した選手にならない」と話した。

それでも、最後に二人は「でも、開幕はもう一度やってみたい」と話した。「あの緊張感は味わえない」と話す。

野球は楽しくない、怖いと話しながらも少年時代から野球を続け、二人は今でも野球を教えている。

やっぱり野球が好きなんだ、と感じた。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

関連記事

野球キャンプイン

日本人コーチが外国人選手に教えているもの

日本のプロ野球には、毎年多くの外国人選手がプレーをしています。昨年は東京ヤクルトのバレンティン選手が

記事を読む

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む

大谷翔平選手の活躍とマーケティング戦略

 6月19日、北海道日本ハムの大谷翔平選手が8回を投げて1安打11奪三振で無失点に抑えた。甲子園で見

記事を読む

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、パシフィックリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。パシフィックリーグは4月21日終了時点で、福岡ソ

記事を読む

セ・パ交流戦が始まる!

明日、5月20日からセ・パ交流戦が始まる。2005年から始まった交流戦は今年で10年を迎える記念すべ

記事を読む

プロ野球12球団のスタメンを見てみる

プロ野球のペナントレースも、各球団20試合程度を消化している。石毛宏典氏は「なんでスタメンを固定しな

記事を読む

この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」にて、ドラフト1位指名されそう

記事を読む

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:セリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はセリーグ編。

記事を読む

野球の魅力 ~人vs人の世界~

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑