*

プロ野球開幕の緊張を味わいたい

公開日: : プロ野球

プロ野球選手にとって、野球は楽しいのだろうか?率直に石毛宏典氏、日野茂氏に聞いてみた。すると・・・。

野球は楽しかったですか?

石毛宏典氏、日野茂氏と、とある事からゴルフの話をしていた時、率直に「ゴルフと野球はどっちが楽しいですか?」と聞いてみた。すると、二人は「ゴルフの方が楽しい」と即座に答えた。

石毛氏は「そりゃゴルフの方が楽しいよ」と話し、日野氏も「ゴルフは解放感が気持ちいい」と話した。我々素人は、草野球をたまにやると、最初のキャッチボールだけでも十分楽しいのだが・・・。

そしてまた率直に「野球はいつまでが楽しかったですか」と聞くと、石毛氏は「最初から楽しくないよ~」と笑いながら話した。走ったり叱られたりしながら、中学、高校、大学と野球を続け、そしてプロ入りしてからは「仕事」としてプレッシャーと戦いながらプレーしていた。

楽しかった時があるかを聞いたところ、

石毛:「日本シリーズで優勝して・・・」

編集:「優勝して?」

石毛:「明日から休めると思った時!」

と話した。やはりプロ野球選手にとってプロ野球は仕事だ。一球一球が給料になってくる。

 

プロ野球の開幕はガチガチ

日野氏はプロ野球の開幕試合についての経験を話す。「最初に守備に着くときなんかは、体がフワフワして、来るな、来るなって思うよ」と話した。そして最初のフライの捕球も「追いかけて構えて、球がドスーンって入ってくる。距離感がまだつかめていないんだ」と話す。

石毛氏も開幕の緊張は「怖くて仕方ない」と話す。それについて日野氏は「開幕が怖いと思わない選手は、大した選手にならない」と話した。

それでも、最後に二人は「でも、開幕はもう一度やってみたい」と話した。「あの緊張感は味わえない」と話す。

野球は楽しくない、怖いと話しながらも少年時代から野球を続け、二人は今でも野球を教えている。

やっぱり野球が好きなんだ、と感じた。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

関連記事

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

野球のセンスとは?天才は存在するのか?元プロ野球選手が語る

プロ野球の世界に、天才と呼ばれる選手がいる。それではプロ野球選手から見て「天才」はいるのだろうか?西

記事を読む

セ・パ交流戦が始まる!

明日、5月20日からセ・パ交流戦が始まる。2005年から始まった交流戦は今年で10年を迎える記念すべ

記事を読む

プロ野球選手のポジションの変更は?

プロ野球では時折、大胆なコンバートが注目される事がある。中日で「アライバ」と言われていた井端選手と荒

記事を読む

横浜DeNAが2011年に獲得した高校生選手を自由契約に

 横浜DeNAは2011年に高校生8人を指名したものの、ドラフト1位の北方悠誠投手や帝京の伊藤拓郎投

記事を読む

野球キャンプイン

井川慶投手はなぜMLBで通用しなかったのか

パシフィックリーグではオリックスの好調さが光っている。西勇輝投手、金子千尋投手の活躍はもちろんだが、

記事を読む

今永昇太投手、上原健太投手、岡田明丈投手を石毛宏典、元プロスカウト・日野茂が斬る

今日はドラフト1位候補に名前のあがる駒澤大・今永昇太投手と、明治大の上原健太投手、大商大の岡田明丈投

記事を読む

OBへの尊敬

昨日、侍ジャパンと強化試合で対戦した台湾のナショナルチーム、その4番を打った陳金鋒選手のセレモニーが

記事を読む

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

プロ野球には夢がある

プロ野球には夢がある。だから多くの少年がプロ野球選手を目指す。 プロ野球で非常に悲しい出来事が起こ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑