*

高校野球と地域の知名度アップ

公開日: : 高校野球

高校野球によって知名度の高い地域がある。例えば池田高校の徳島県池田町(現在は三好市)や、新湊旋風の富山県新湊市(現在は射水市)など、高校野球ファンはもちろん、そうでない人も聞いた事があると思う。

知名度アップ

残念ながら上の上げた2つの地域とも、平成の大合併により市区町村名に名前が残ることはなかったが、もしかすると三好市や射水市よりも池田や新湊の方が知名度が高いかもしれない。

最近は選手の集めやすい私立高校が強くなっているが、昨年夏の甲子園で公立校の出場は、青森・三沢商業(三沢市)、秋田商(秋田市)、静岡高校(静岡市)、岐阜城北高校(岐阜市)、津商業(津市)、高岡商業(高岡市)、鳥羽高校(京都市)、下関商業(下関市)、鳴門高校(鳴門市)、今治西(今治市)が出場しており、多くが市区町村の冠をつけている。

秋田市、静岡市、岐阜市、津市、京都市などは元々知名度が高いと思うが、三沢商の三沢市や今治西の今治市、高岡商の高岡市などは高校野球のチームが最初に連想される人も多いかもしれない。

 

地方創生の取り組みに

最近は地方創生がささやかれている。地域の魅力や知名度アップとして、高校野球もその一つになる可能性があるし、実際に立派な野球施設を作ってプロ野球や社会人チームのキャンプの誘致をしたり、または地域の社会人クラブチームを作るような活動をしている地域もある。

もちろん誘致がうまく成功したり、強豪チームがすぐに作れるかというとそうではないだろうが、野球選手たちが一生懸命プレーに取り組みそれに勇気づけられたり、または選手たちが地域の産業や活動に貢献するような形で回っていくことができれば素晴らしい事だと思う。

ある企業は人材不足に悩んでいたが、野球部を創設してプレーの機会を作るとともに、体力のある選手が集まり社業にも好影響を与えたという話しもある。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

敦賀気比が初優勝、思いを継いで福井県勢が甲子園初制覇

 選抜高校野球大会は敦賀気比の優勝で幕を閉じた。敦賀気比は、昨年(2014年)の夏にベスト4、201

記事を読む

高校野球の魅力と変わること

 先月、高校野球は変われるか?という記事で、高校生投手の球数の多さを指摘し、高校生の将来も考えて投球

記事を読む

意外性を見せたセンバツ出場校の選考

センバツ高校野球大会の出場32校が発表された。選出には意外と感じられる部分も見られた。 意外な選考

記事を読む

頑張れ、野球塾出身の4番!そして全国の高校野球3年生へ

 ゼロベースボールアカデミーで、元プロ野球選手の始動を受けた選手たちが、高校野球の最後の1年を戦って

記事を読む

高校野球は変われるか?

 高校野球はヒーローを生み出す場にもなる。それは甲子園で優勝した選手だけでなく、懸命にプレーしながら

記事を読む

小豆島と小豆島高校と甲子園

小豆島高校がセンバツ大会に出場、1-2で惜しくも敗れ甲子園1勝はならなかったが、落ち着いた戦いぶりを

記事を読む

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライオンズの名遊撃手だった石毛宏典

記事を読む

石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。それは、広陵・中村奨成選手だっ

記事を読む

創志学園・高田萌生投手と、敦賀気比・山崎颯一郎投手を、元プロスカウトが評価

センバツ大会の智弁学園と高松商の大熱戦となった決勝戦から、早いもので1ヶ月が経った。高校野球は各地の

記事を読む

高校野球の名将の引退

 昨日、高校野球の佐賀大会では佐賀北高校が佐賀工業を下して甲子園出場を決めた。佐賀北の百崎監督は20

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑