*

明らかになる選手の能力、チームの選手を見る目は一致しているか?

公開日: : スカウト活動

新人合同自主トレがスタートした。そこには選手を預かる1軍2軍の監督やコーチ、担当したスカウト、そしてチーム戦力を整える責任者のGMやシニアディレクターといったフロントのトップが集まり、選手の動きや能力を確かめに集まる。

伝言ゲーム

スカウトは獲得したい選手を1年以上にわたり、何度も何度も試合や練習グラウンドに足を運び調査をする。しかし日本の野球界ではプロアマの壁がまだあり、プロ志望届を提出してからでなければ、スカウトが選手に接触することは基本的に許されていない。なのでスカウトは、状態が悪くないか気になっているところはないかなどを、選手のプレーや動きだけでなく、ベンチでの姿やランニングなどを見て判断し、またそのチームの監督に聞いて情報を集める。

そしてその評価や撮影したビデオ映像などを獲得の責任者であるスカウト部長やGMなどのフロントの首脳陣に伝える。首脳陣は映像や自分で直接見に行って確かめるが、やはりその選手を一番よく見て知っているのは担当スカウトなので、スカウトの意気込みなども反映させて選手の獲得を決める。

これはドラフト会議で指名された新人選手だけではなく、外国でプレーしていた選手もおなじ。エージェントが選手の成績や評価、そして映像などを送ってきて、それをチェックする。または球団の海外スカウトが評価をし選手を推薦してくる。そしてフロントが獲得する外国人選手を決める。フロントが獲得した選手は、現場の責任者である監督などの首脳陣に伝えられていく。

スカウトも監督に選手の特徴や評価した部分、課題を伝えるが、基本的にはこのように獲得した選手の情報は伝言ゲームで伝わっている。そのため、ふたを開いてみると監督が想像していたのと違った選手だったり、あるいは故障が判明したり、たまには実力がかなり低かったりという事もあるようだ。

自主トレからキャンプになり選手が本当の力を見せ始めるとそれが見えてくる。監督のフロントもスカウトも、選手を獲得するときよりもドキドキする。もし自分が獲得した選手が故障を抱えていたり実力が足りなかったとすれば、チームの戦力に影響をしてしまい責任問題につながる。

 

スカウトの目、コーチの目

西武ライオンズや横浜ベイスターズでスカウトとコーチの立場の経験がある日野茂氏は、両方の立場で話をしてくれた。スカウトだったとき、あるサウスポーの社会人投手がいた。その選手は、見ている限りは球速も変化球もさほど目立たず平凡だったが、試合で一球だけ右バッターの外角低めに決まったストレートに目が留まった。その1球を追いかけて何度も選手のもとに足を運び、練習などの投球を見て獲得を強く推薦したという。その選手はプロ入りするとリリーフとして活躍をした。その1球の良さを首脳陣に伝え、その球を磨いてプロで活躍する投手となった。

また横浜ベイスターズ時代にはドラフト2位で獲得した長身左腕の吉見祐治投手について、スカウトからはフォークボールなど沈むボールが良いと報告を受けていた。しかし自主トレやキャンプでブルペンで投球をした時、一目みて「これは通用しない」と感じたという。監督やコーチなどとどのように起用するかなどを話し合い、2年目に11勝を挙げたものの、その後は勝ち切れなかった。

目利きの良いスカウトがいたり、選手の特徴や力を見抜くコーチがいる。そして決断をするフロントがいる。それがそろわないと活躍する選手を獲得できない。またスカウトとコーチの選手の見かたが大きく違っていても、選手はうまく育たない。

昨年のドラフト候補の中で、日野茂氏は富士大の多和田真三郎投手をNO.1の投手と評価した。そして、埼玉西武も多和田投手をNO.1と評価し単独1位指名での獲得を決めた。元西武のスカウトと現在の西武のフロントの目が一致していた。これは偶然だろうか。

(記事:Professional-view Baseball 編集部 柄井)

関連記事

野球キャンプイン

1月、2月のスカウトの動き

プロ野球は2月1日に春季キャンプが始まり「球春到来」となる。この時期はアマチュア野球の高校野球、大学

記事を読む

本命なきドラフト会議とスカウトの苦心

 昨年のドラフト会議は高校生ならば松井裕樹投手、大学生ならば大瀬良大地投手、社会人ならば吉田一将投手

記事を読む

プロのスカウトがバッティングを見る時のポイント

 選手のバッティングを評価することは非常に難しいです。プロのスカウトは打者のバッティングのどこを見て

記事を読む

センバツ総括:「将来が楽しみな選手が多かった」

 センバツ高校野球大会もいよいよ準決勝、決勝の2日を残すのみとなった。準々決勝で雨天となりプレーする

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

スカウトの目は様々なものに影響される

 元プロ野球スカウトの日野茂氏は、選手時代は内野手としてプレーしていた。プロ野球のコーチ時代も守備な

記事を読む

ドラフト下位指名選手の活躍、スカウトの喜び

 昨日の中日と横浜DeNAの試合で、中日のドラフト7位ルーキー・遠藤一星選手が勝ち越しのヒットを放ち

記事を読む

ドラフト会議で選手を指名した担当スカウトの気持ち

 ドラフト会議で追い続けていた選手を指名した時、担当スカウトは「責任を感じる」ということを、【ドラフ

記事を読む

プロ野球のスカウティングは「営業」か「投資」か

 ローソンの社長を務めた新浪氏が10月からサントリーホールディングスの社長に就任する。近年は新卒学生

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑