*

プロ野球選手の引き際

公開日: : プロ野球

プロ野球選手の引き際は、長年プレーしてきたベテランであっても、自分の意思で決められる選手は少ない。石毛宏典氏にプロ野球選手の引き際について聞いた。

周りに決められる引き際

毎年、年末になるとTBS系列の番組「バース・デイ」で、戦力外となった選手についての決断の模様が放映される。今年も千葉ロッテから戦力外となった中後悠平投手、矢地健人投手、オリックスから戦力外となった山本和作選手のそれぞれの決断が放送された。

プロ野球選手は基本的に球団と個人で契約をし、必要とされなければ戦力外となる。単純ではあるが、プロ野球選手になりたい選手は大勢いるしプロで野球を続けたい、またプロ野球でプレーしたいという選手も多く、12球団の70人前後の契約を獲得していくサバイバルの世界だ。その中で契約をすることができなかったとき、最終的には自分で野球を引退するという決断をするが、引き金は球団側が引く事になる。

球団側の意向で引き際を決められてしまうのは、なにも1軍で活躍できなかった選手だけではない。中日の山本昌投手は50歳となった今年までプレーし、まだ球威もあり来年も投げたいという思いもあったが、球団からの意見もあり引退を決めた。また、巨人の高橋由伸選手は、次期監督の就任を要請され、悩んだ末に決断した。形は違うものの、球団側の意向を説明され、引き際を決めた形だった。

 

石毛宏典の引き際

石毛宏典氏は1980年にドラフト1位でプリンスホテルから西武に入団すると、翌年からショートのレギュラーを獲得し、その後、西武の黄金時代のキャプテンとしてチームでプレーを続ける。38歳となった1994年も内野手でプレーし111試合に出場、11本塁打を放っていたが、その年、森祇晶監督の退任が決まり、その後任の監督にと要請があった。昨年の高橋由伸氏と同じような形である。

しかし石毛氏の決断は現役を続ける事だった。「現役は引退したら終わり。コーチや監督はこれからできる」と考え、FA権を行使して福岡ダイエーホークスに移籍を決断する。その後、ダイエーでは1995年は1軍出場が58試合、翌96年は18試合に終わり、その年のオフに引退を決断する。2年間について石毛氏はファームで若い選手と共に汗を流し周囲からは、なんでこんなところで必死にプレーしてるんだと言われたこともあったと言うが、年俸が50%ダウンとなっても、2軍で必死にプレーしていた。

その後、福岡ダイエーの2軍監督、そして2002年にはオリックスの1軍監督に就任する。しかしオリックスでは、監督就任時から様々な事を経験し1年とわずかで解任となった(後日記事にいたします)が、自らの引き際について、満足もしていないが様々な事を経験し不満だったわけでもない様子で語っている。

 

周りに言ってくれる人がいる

引き際について、元プロ野球選手の日野茂氏は「周りに言ってくれる人」がいる事の大切さを話す。自らもプロ野球の引退については、フロントからいきなりコーチ就任を通告のような形で言われたというが、その後、コーチ、2軍監督、1軍ヘッドコーチなどで後進を育ててきた。そして日野氏も、解説者やコーチなどの仕事を打診され、プロ野球選手を続けるかその仕事を引き受けるかを悩んでいる選手に対し、プロ野球選手としての力を客観的に伝え、仕事の打診を受けているならばその道に進むことをアドバイスしたという。

石毛氏も「選手は、やはり現役を続けていたい」と考えると話す。しかし周りに客観的に見てくれて、進路をアドバイスしてくれる人の存在も大切である。

(記事:Professional-view Baseball 編集部 柄井)

関連記事

セ・パ交流戦が始まる!

明日、5月20日からセ・パ交流戦が始まる。2005年から始まった交流戦は今年で10年を迎える記念すべ

記事を読む

プロ野球12球団のスタメンを見てみる

プロ野球のペナントレースも、各球団20試合程度を消化している。石毛宏典氏は「なんでスタメンを固定しな

記事を読む

松井裕樹投手とコーチの指導

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合

記事を読む

野球選手はいつ休むのか

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという

記事を読む

【ドラフト会議特集2】ドラフト会議を待つ選手の心境、王道のドラフト候補・上田浩明の場合

 ドラフト会議を待つ選手にとっては、10月23日のドラフト会議に向けてそわそわしたような時期が続くよ

記事を読む

一流選手が名指導者になるために

 プロ野球ではよく、「選手として一流だった人は名指導者にはなれない」と言われることがあります。もちろ

記事を読む

合理的な補強とその危うさ、東北楽天のチーム作り

 東北楽天は2004年オフからプロ野球に参入し、当時の近鉄やオリックスから分割ドラフトで選手が加わっ

記事を読む

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む

東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首位を走る。逆に千葉ロッテはチー

記事を読む

「山田哲人はセンスの塊」、石毛宏典、日野茂が話す

東京ヤクルトの山田哲人選手は180cm76kgの内野手だ。見た目にはスラッガータイプに見えないし、び

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑