*

自分を売り出せ!新人選手!

公開日: : プロ野球

プロ野球では新人選手が各チームの寮に入寮する季節となった。これからキャンプ開始の2月1日まで合同自主トレなどが、スポーツメディアなどで報道されることになる。新人選手は監督やコーチの目に留まるようにして、1軍キャンプに呼ばれたり、オープン戦で使ってもらう必要がある。

自己PR

昨年の横浜DeNAのルーキーで新人王を獲得した山崎康晃投手は、成績も抜群のものだったが、何より注目を集める事、周りを盛り上げる事に長けていた選手だと思う。

シーズン中に登場曲の「Kernkraft 400」を選択し、球場を盛り上げたことも一つだが、昨年のキャンプやオープン戦では、ナックルボールの話題を提供し注目されていた。大学時代にほとんど打たれたことのない球と話し、オープン戦などでは数球投げるだけにとどめた。すべてを明らかにしなかった。

秘密兵器というべきか、お楽しみ袋というべきか、そういう期待感を山崎選手はマスコミやファンに持たせ、オープン戦でも注目されていた。そしてそれはシーズンイン後も、他球団のスコアラーにナックルボールを警戒させ、相手打者にわずかだがそのボールの存在を意識させていた。

実力も素晴らしいが、マスコミやファンへの話題提供に加え、結果的かもしれないがマスコミを使った情報戦という形になった。

いまルーキーの話題が注目されているが、出世部屋への入寮だったり、その時に何を持ってきたかなどが新聞に載る。西武のドラフト6位ルーキー・本田圭佑投手は、高校時のチームメイトからもらったという、サッカー日本代表の本田圭佑選手のユニフォームを持参し、スポーツ紙各紙に話題を振りまいた。PRは大成功といえる。

千葉ロッテの信楽投手は元教習所教官という事を、これからもどんどんアピールすれば、マスコミもそれに乗って盛り上げてくれるだろう。これからファームで登板したり、1軍に登場したとき、「あの時注目された選手か」と言わせれば、自然に応援もついてくる。登場した時に選手名鑑でようやくわかる選手より、一歩先に進むことができる。

オコエ瑠偉選手など甲子園で活躍して注目されている選手もいるが、本田投手や信楽投手のように話題を振りまくこともできる。

入寮時に何を持ってくるか、自主トレでどんなコメントをマスコミに提供するのか、新人選手はその点も頑張ってほしい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

新人が開幕スタメンを奪うには?

 プロ野球が開幕した。毎年、オープン戦では新たに入団した選手が注目され、チームの戦力アップを想像する

記事を読む

今年のドラフトは豊作か?

プロ野球キャンプでは昨年のドラフト会議で指名されたルーキー選手、特にドラフト1位で指名された選手が、

記事を読む

新春のスカウトの動き

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束

記事を読む

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を

記事を読む

プロ野球には夢がある

プロ野球には夢がある。だから多くの少年がプロ野球選手を目指す。 プロ野球で非常に悲しい出来事が起こ

記事を読む

プロ野球の名将のよもやま話、石毛宏典氏、日野茂氏が語る

プロ野球には名将と呼ばれる監督がいる。石毛宏典氏はプロ野球時代に根本陸夫監督、広岡達郎監督、森祇晶監

記事を読む

鳥谷選手が抜ける意味

 プロ野球のストーブリーグで、大物選手の移籍や残留などのニュースがある。特に阪神の鳥谷敬選手は、長年

記事を読む

身体的能力が目立たなかった稲葉篤紀選手が、プロ野球を大きく発展させた

 北海道日本ハムの稲葉篤紀選手が今季限りで引退をする。法政大の時にドラフト会議で3位でヤクルトが指名

記事を読む

中畑清監督について、駒大の後輩・石毛宏典氏が語る

横浜DeNAの監督を4年間務めた中畑清監督が、前半は首位だったものの後半失速し、最下位に沈んだことを

記事を読む

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それが

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑