*

自分を売り出せ!新人選手!

公開日: : プロ野球

プロ野球では新人選手が各チームの寮に入寮する季節となった。これからキャンプ開始の2月1日まで合同自主トレなどが、スポーツメディアなどで報道されることになる。新人選手は監督やコーチの目に留まるようにして、1軍キャンプに呼ばれたり、オープン戦で使ってもらう必要がある。

自己PR

昨年の横浜DeNAのルーキーで新人王を獲得した山崎康晃投手は、成績も抜群のものだったが、何より注目を集める事、周りを盛り上げる事に長けていた選手だと思う。

シーズン中に登場曲の「Kernkraft 400」を選択し、球場を盛り上げたことも一つだが、昨年のキャンプやオープン戦では、ナックルボールの話題を提供し注目されていた。大学時代にほとんど打たれたことのない球と話し、オープン戦などでは数球投げるだけにとどめた。すべてを明らかにしなかった。

秘密兵器というべきか、お楽しみ袋というべきか、そういう期待感を山崎選手はマスコミやファンに持たせ、オープン戦でも注目されていた。そしてそれはシーズンイン後も、他球団のスコアラーにナックルボールを警戒させ、相手打者にわずかだがそのボールの存在を意識させていた。

実力も素晴らしいが、マスコミやファンへの話題提供に加え、結果的かもしれないがマスコミを使った情報戦という形になった。

いまルーキーの話題が注目されているが、出世部屋への入寮だったり、その時に何を持ってきたかなどが新聞に載る。西武のドラフト6位ルーキー・本田圭佑投手は、高校時のチームメイトからもらったという、サッカー日本代表の本田圭佑選手のユニフォームを持参し、スポーツ紙各紙に話題を振りまいた。PRは大成功といえる。

千葉ロッテの信楽投手は元教習所教官という事を、これからもどんどんアピールすれば、マスコミもそれに乗って盛り上げてくれるだろう。これからファームで登板したり、1軍に登場したとき、「あの時注目された選手か」と言わせれば、自然に応援もついてくる。登場した時に選手名鑑でようやくわかる選手より、一歩先に進むことができる。

オコエ瑠偉選手など甲子園で活躍して注目されている選手もいるが、本田投手や信楽投手のように話題を振りまくこともできる。

入寮時に何を持ってくるか、自主トレでどんなコメントをマスコミに提供するのか、新人選手はその点も頑張ってほしい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確

記事を読む

プロ野球の今昔

 元横浜大洋ホエールズの清水宏悦氏、元西武ライオンズの守備の名手・上田浩明氏、そして元中日ドラゴンズ

記事を読む

新人が開幕スタメンを奪うには?

 プロ野球が開幕した。毎年、オープン戦では新たに入団した選手が注目され、チームの戦力アップを想像する

記事を読む

【ドラフト会議特集2】ドラフト会議を待つ選手の心境、王道のドラフト候補・上田浩明の場合

 ドラフト会議を待つ選手にとっては、10月23日のドラフト会議に向けてそわそわしたような時期が続くよ

記事を読む

プロ野球開幕の緊張を味わいたい

プロ野球選手にとって、野球は楽しいのだろうか?率直に石毛宏典氏、日野茂氏に聞いてみた。すると・・・。

記事を読む

横浜DeNAが2011年に獲得した高校生選手を自由契約に

 横浜DeNAは2011年に高校生8人を指名したものの、ドラフト1位の北方悠誠投手や帝京の伊藤拓郎投

記事を読む

松井裕樹投手とコーチの指導

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合

記事を読む

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

野球のセンスとは?天才は存在するのか?元プロ野球選手が語る

プロ野球の世界に、天才と呼ばれる選手がいる。それではプロ野球選手から見て「天才」はいるのだろうか?西

記事を読む

チーム編成トップの役割

 プロ野球でチームを強くするために、また運営するために重要な役割を持つフロント、その中でチーム編成の

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑