*

さらにすそ野が広がる大学野球

公開日: : 大学野球

日本の野球界は、高校野球は高校野球連盟の調査によると平成27年度には4021校、168,898人の部員がいる。そこに向けて小学生、中学生の少年野球も盛んである。高校野球の先には大学野球、社会人野球があり、独立リーグ、そしてNPB(プロ野球)などがある。選手を選ぶ立場にある大学は中央集権的な組織が長く続いているが、地方への拡大はますます広がっている。

すそ野はさらに

大学野球は早慶戦を中心に東京六大学が、また関東の有名大学が参加し、優勝や1部残留の激しい闘いで有名になっており東都大学リーグが中心となっており、多くのプロ野球選手を毎年出している。また、東海大の首都大学リーグや、関西学生リーグ、関西六大学なども大都市圏を中心に歴史のある大学も参加し、全国の高校から有力選手が集まってくる。

そこに東北福祉大や九州共立大、富士大、日本文理大といった地方リーグの大学で、地域の有力選手を集めてリーグ戦で圧倒的な力の差で勝利し、プロ野球選手を多く輩出するようになった大学が登場した。東北福祉大出身の佐々木主浩選手や斎藤隆投手、金本知憲選手などがプロ野球で活躍したことから、地方の時代とも言われたこともあった。

しかし最近は、さらに流れが変わりつつある。それらの地方大学リーグで連覇を続けてきた強豪にライバルとなる大学が登場し、毎年必ず大学選手権や明治神宮大会で姿を見せていたそれらの大学が、姿を見られない年が出てきた。東北福祉大の仙台六大学は東北学院大や仙台大が力を付け、今年は春は仙台大が優勝、秋は東北福祉大が優勝したものの、代表決定トーナメントで富士大に敗れ全国で戦う事ができなかった。九州共立大も福岡六大学では九州産業大の他、福岡工業大、日本経済大なども力を付け、リーグ戦では激闘が続いている。

また、東海地区の中部学院大、中国六大学の環太平洋大、九州地区南部の第一工業大などがプロ野球選手を出すようになり、中部学院大の野間峻祥選手が2014年のドラフトで広島に1位指名、また広島経済大の柳田悠岐選手がプロ野球でトリプル3を記録するなど、さらにすそ野は広がっている。

いまはまだ、東京六大学や東都大学リーグに有力選手が集まり、今年も大学野球選手権は東京六大学の早稲田大が、明治神宮大会は東都の亜細亜大が優勝しレベルの高さを見せているが、地方のリーグ戦が一強から変わり、さらに他のリーグからも強豪が登場していることで、今後は選手の流れも変わってくるかもしれない。

 

強くなる地方の大学

東都の雄だった駒澤大が2部に転落した。東都の2部リーグでは現時点では全国大会に出場することは出来なくなった。また強豪大学に来てもレギュラーになるためには、高校野球で有名な選手とポジション争いをしなければならない。駒大OBの石毛宏典氏は、大学でも基本を教える大切さ、そして練習も紅白戦など実戦を増やして経験を積んでいく大切さを指摘する。基本的に練習する内容はどこの大学でも同じ、設備などの差はあるかもしれないが、大学野球選手権などの全国大会でプレーしたいのなら、レギュラーになる事、リーグ戦を勝ち抜くことを考えると、地方の大学の方が可能性が高いかもしれない。

他にも東都の大学もスポーツ推薦の野球部の枠を確保するのが厳しくなっていると、石毛氏も中央大出身の日野茂氏も話す。そうなると地方の有力大学に選手が流れていくのが自然かもしれない。

地方の大学の全国制覇の回数が増えてくる事になると思う。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球キャンプイン

大学で野球を続けるということ

 夏の高校野球の日程が各地で進んでいる。甲子園開幕に向け、甲子園決勝に向け、全国4000校、10万人

記事を読む

京都大学の勝ち点への道のり

関西学生野球リーグの京都大学が5月7日の同志社大戦で勝利し、23季ぶりの勝ち点を挙げた。この勝ち点の

記事を読む

新・慶応義塾大野球部が始動、全国大会で優勝するために

 慶応義塾大は大学野球の雄である。早稲田大とともに日本の野球の発展を担ってきた。東京六大学でも今年春

記事を読む

学生野球の怖さ

東都大学野球リーグは亜細亜大が8勝2敗で優勝を勝ち取った。開幕2連敗からの逆転での優勝だった。学生野

記事を読む

【大学野球選手権特集】仙台大・熊原健人投手を元プロスカウトが評価する

 大学野球選手権が始まりました。大会前に巨人がスカウト会議を開き、富士大の多和田真三郎投手と共に、仙

記事を読む

【ドラフト会議特集6】京大生、田中英祐投手はプロで活躍できるか

 今年のドラフト会議で話題となりそうなのが、京都大の田中英祐投手だろう。身長は180cmまでいかない

記事を読む

しっかりとやるべきことを繰り返して、東京大学の野球部の勝利

 東京六大学リーグでは東京大学が、2010年10月2日に早稲田大に勝って以来、約4年半にわたって94

記事を読む

東都で優勝した専修大学、まだ狼煙を上げただけに過ぎない

 東都大学リーグは専修大が26年ぶりの優勝を飾った。前回優勝時に6勝を挙げてMVPを獲得した岡林洋一

記事を読む

70連敗を止めにいった東大の誤算

東京六大学では東京大学がワーストタイの70連敗となった。2010年の早稲田大学戦で斎藤佑樹投手に勝っ

記事を読む

今度は大学生、社会人の季節

センバツ高校野球が盛り上がりの中で幕を閉じた。そしていよいよ週末に、一部の大学リーグ戦がスタートする

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑