*

プロ野球選手は他の選手を良く見ている

公開日: : 少年野球指導

プロフェッショナルビュー・ベースボールでは、日野茂氏や石毛宏典氏、また元大洋、西武の清水宏悦氏、上田浩明氏と対談し、大学生やプロ野球選手、また現在教えている野球塾で少年野球の選手への指導方法をなど聞いている。その中で凄いと思うのは、プロ野球選手でも野球塾の教え子でも、名前を挙げるとすぐにその選手のバッティングフォームやピッチングフォームをマネできる事だ。

他の選手を見る

プロ野球選手の打撃の特徴などを聞き、中田翔選手や中村剛也選手などの名前を挙げると、石毛氏は席を立って、そのバッティングフォームを繰り返し行い、ポイントを話してくれる。また野球塾の選手について聞いてみると、日野氏も清水氏もその選手の特徴をすぐに挙げ、議論は「次はこうして指導してみようか」と次の指導の方針の話に進んでいく。

石毛氏も日野氏もとにかく良く他の選手のプレーを見て、よく覚えている。また打席で戦った相手投手の特徴や球の特徴も、本当に細かく覚えている。将棋のプレーヤーが対戦した相手との棋譜を記憶しているのと同じように、プロ野球選手も相手の事をよく覚えている。

また、現役時代もとにかく他の選手のプレーやフォームをマネをしたと日野氏はいう。自分のフォームなどは頭の中で想像した形と実際に映像で取ったものを見比べると違う事もあるが、それが一致してくると、他の選手のフォームを取り入れたりすることができる。

 

まずは自分のフォームを理解する

 

ビジネスなどでプレゼンテーションをしたり、仕事で講演をしたりする時、事前に自分の姿を撮影して見返す事がある。話し方が早かったり、体が左右に動いていて印象が良くなかったりと、自分でも気がつかなかったようなクセに気が付くことがある。それを意識して直して本番へと向かうのだが、同じようにまずは自分の姿を見る事が大切だと考える。

頭で思い描いたプレーが実際にできるようになったとき、心と体が一致して、確実なプレーができるのだろう。またそれができれば、他の選手の良いところも吸収できるし、教える立場になった時にも生きてくる。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球塾の生徒が甲子園へ!どんな選手が甲子園に行けるのか

 高校野球秋季大会の関東地区で浦和学院が優勝し、センバツ出場が確実視されている。その浦和学院は明治神

記事を読む

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

野球も変わっていく

 野球も時代で変わっている。トレーニング方法、調整方法、そしてチーム、指導者も。野球はどんな方向に進

記事を読む

元プロ野球選手のキャッチボールは「キャッチボール」だった

 キャッチボール、というと2人以上でボールを投げ合って、試合前に体や肩を温めたりほぐしたりするものと

記事を読む

野球塾から高校野球、そして

野球塾のZEROベースボールアカデミーも、3月は卒業の季節です。これまで多くの選手が卒業していますが

記事を読む

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細

記事を読む

「伸びしろ」とは?

 アマチュアの選手、特に中学生、高校生の選手を評価するとき、「伸びしろ」があると表現することがある。

記事を読む

野球を考える時間を毎日つくる

阪神で大活躍中の高山俊選手は、大学時に監督より、毎日10分間スパイクを磨くように指示をされたという。

記事を読む

絶対に許されない、指導者の暴力行為

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処

記事を読む

指導者の器量と選手の信念

野球をする少年達にとって、戸惑う事がある。それは、指導者によって指導内容が違う事。しかしそんなことは

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑