*

12球団ジュニアトーナメントとドラフト会議の指名

公開日: : プロ野球

今年もNPBによる、12球団ジュニアトーナメント大会が、12月27日~29日に宮崎市で開催される。将来のプロ入りにも繋がると言われ始めた12球団ジュニアトーナメント、今年のドラフト会議で指名された出身選手を紹介する。

高校生

今年の高校3年生の世代は、2009年のジュニアトーナメントに出場している。

読売ジャイアンツジュニアには背番号12の外野手としてオコエ瑠偉選手が所属し、千葉ロッテマリーンズジュニアには横浜DeNAに育成ドラフト1位で指名された網谷圭将選手(千葉英和)がプレーしていた。今年のドラフト会議で指名されたのはこの2名だけだった。

ただし、横浜ベイスターズジュニアでは東海大相模で夏の甲子園優勝を果たした東海大相模の4番・豊田寛選手が、中日ドラゴンズジュニアには夏の甲子園で活躍し豊田選手と共にU18代表として戦った上野翔太郎投手(中京大中京)が、東北楽天ゴールデンイーグルスジュニアには、夏の甲子園準優勝の仙台育英・紀伊海秀選手が、千葉ロッテジュニアには同じく仙台育英に進んだ郡司裕也捕手がいた。優勝した福岡ソフトバンクジュニアは、大会でホームランを放ち、海星で甲子園出場を果たした平湯蒼藍選手などがいた。

 

大学生

この大会は2005年から始まっているが、2005年の大会に出場した選手が大学生として今年のドラフト会議で指名されている。

北海道日本ハムジュニアでは埼玉西武にドラフト2位で指名された川越誠司選手が、千葉ロッテジュニアには、阪神ドラフト1位の高山俊選手と広島ドラフト4位の船越涼太選手がいる。

 

2005年、2009年合わせて5人の選手がプロ入りを果たした。この数がは多いともいえるし少ないともいえる。最近ではこの大会に出場した選手に中学生の強豪チームから声がかかるという事も聞く。そして強豪の高校へ進みプロへと進んでいく選手もいる。しかし、川越選手のように北海高校から北海学園大に進んだり、船越選手のように市立柏から社会人の王子に進んで技術を磨いたりしてプロ入りを果たした。

ドラフト会議では高校生から、大学生から、または独立リーグで頭角を現し指名された選手も少なくない。少年野球時代はそれほど有名な選手ではなかったかもしれない。それでも野球を続け、プロ入りの夢を果たしている。共通しているのは「あきらめなかったから」という事だけだろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

前田健太投手はメジャーで活躍できるか

ポスティングでメジャーリーグ入りを目指す広島の前田健太投手、アメリカでもいくつかの球団が獲得を目指し

記事を読む

中畑清監督について、駒大の後輩・石毛宏典氏が語る

横浜DeNAの監督を4年間務めた中畑清監督が、前半は首位だったものの後半失速し、最下位に沈んだことを

記事を読む

プロ野球12球団のスタメンを見てみる

プロ野球のペナントレースも、各球団20試合程度を消化している。石毛宏典氏は「なんでスタメンを固定しな

記事を読む

2016年ドラフト指名選手を評価する

 元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元西武スカウトの日野茂氏に、今年のドラフト会議で指名された選手につ

記事を読む

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、パシフィックリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。パシフィックリーグは4月21日終了時点で、福岡ソ

記事を読む

小さな選手も大きな活躍ができる

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見せ、早くも来年のドラフトの目玉

記事を読む

監督の色とチームバランス

 ペナントレースが始まり、3カードの対戦が終わった。両リーグとも抜け出すようなチームが無い中で、セリ

記事を読む

野球の魅力 ~人vs人の世界~

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも

記事を読む

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑