*

元プロ野球選手でも特別な事は教えない

公開日: : 最終更新日:2015/12/03 少年野球指導

小学生や中学生の選手に元プロ野球選手が教える野球塾、やはり元プロ野球選手がどのように指導をするのか、興味を持つ親や指導者は多いと思う。選手を連れて体験入学に参加すると、見学をしていた親はあることを聞くという。

基本が何なのかを理解する

「特別な事は教えないのですか?」と練習を見てコーチに聞くことが多い。

すると元プロ野球選手のコーチは「野球に特別な事というのはありません。基本ができることが大切です」と話す。プロでは何か特別な技術を指導されたりしていると考える人も多いが、基本的には高校でも大学でもプロでも、教えることは同じ基本的な事だと話す。

野球塾ではいろいろなチームで指導を受けている選手が指導を受けているが、コーチからは毎回、基本を指摘されている。先日の石毛氏による駒大の記事(駒澤大の2軍降格についてOBの石毛宏典氏が語る)でも、「名門高校で活躍してきた選手たちが基本ができていないことが多い」と話し、これは中央大OBで元プロ野球2軍監督の日野茂氏も、「大学でもプロでも基本ができていないから、最初は基本を教える」という。

野球には本当にいろいろな教え方がある。そしてそれにより、基本というものが分かりにくくなっている。元プロ野球のコーチは、その基本を丁寧に繰り返し教えている。

 

頭で理解する大切さ

元プロ野球のコーチは、頭で理解することの大切さも常に指摘している。一つ一つのプレーに「ちゃんと考えているか?」と選手に問いながら練習を進める。

時にはプレーの映像を撮影し、ポイントを解説して伝える。頭で理解すること、それを体と結びつける事が非常に大切だと理解できる。

 

特別な事はないのが野球、これは野球以外のスポーツでも、またスポーツ以外で「職人」と言われる方々にも通じるのではないかと思う。基本を積み重ねて野球選手は成長していく。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球のムーブメントと特徴、ライト前を守るセカンド

 野球のムーブメントは現在も起こっている。広島カープで今年入団4年目となる菊地涼介選手、セカンドの守

記事を読む

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

内野守備、ボールを中に入れて右、左

Zeroベースボールアカデミーの練習メニューは、ほとんどの場合、まずキャッチボールの後、内野守備の練

記事を読む

プロ野球選手のミットの使い方が全然違う!

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、少年野球のチームなどではなかなか教わらないような技術も

記事を読む

日本人と野球と感謝

小さなころから野球をやっている選手は、練習や試合の前と後に自然にグランドに礼をしているのではないかと

記事を読む

野球の練習で頭を使う事の大切さ

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは1日にキャッチボール、守備練習、そして打撃練習を効率よく進

記事を読む

希望を持って前に!

3月もあと少しで終わり、4月からは新しい年度が始まる。新たな出会いや可能性と、新たな困難が待っている

記事を読む

自主性と個性的なフォーム

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方

記事を読む

野球は技術!

以前、広岡監督、森監督、野村監督などの選手の育て方について、石毛宏典氏に語ってもらった。広岡監督は野

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑