*

元プロ野球選手でも特別な事は教えない

公開日: : 最終更新日:2015/12/03 少年野球指導

小学生や中学生の選手に元プロ野球選手が教える野球塾、やはり元プロ野球選手がどのように指導をするのか、興味を持つ親や指導者は多いと思う。選手を連れて体験入学に参加すると、見学をしていた親はあることを聞くという。

基本が何なのかを理解する

「特別な事は教えないのですか?」と練習を見てコーチに聞くことが多い。

すると元プロ野球選手のコーチは「野球に特別な事というのはありません。基本ができることが大切です」と話す。プロでは何か特別な技術を指導されたりしていると考える人も多いが、基本的には高校でも大学でもプロでも、教えることは同じ基本的な事だと話す。

野球塾ではいろいろなチームで指導を受けている選手が指導を受けているが、コーチからは毎回、基本を指摘されている。先日の石毛氏による駒大の記事(駒澤大の2軍降格についてOBの石毛宏典氏が語る)でも、「名門高校で活躍してきた選手たちが基本ができていないことが多い」と話し、これは中央大OBで元プロ野球2軍監督の日野茂氏も、「大学でもプロでも基本ができていないから、最初は基本を教える」という。

野球には本当にいろいろな教え方がある。そしてそれにより、基本というものが分かりにくくなっている。元プロ野球のコーチは、その基本を丁寧に繰り返し教えている。

 

頭で理解する大切さ

元プロ野球のコーチは、頭で理解することの大切さも常に指摘している。一つ一つのプレーに「ちゃんと考えているか?」と選手に問いながら練習を進める。

時にはプレーの映像を撮影し、ポイントを解説して伝える。頭で理解すること、それを体と結びつける事が非常に大切だと理解できる。

 

特別な事はないのが野球、これは野球以外のスポーツでも、またスポーツ以外で「職人」と言われる方々にも通じるのではないかと思う。基本を積み重ねて野球選手は成長していく。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

様々なプレーを経験をしておくことの大切さ

元プロ野球選手が教える野球塾のゼロベースボールアカデミーでは、4月のある日、逆シングルのプレーの練習

記事を読む

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細

記事を読む

元プロ野球選手が教える守備練習は違った!

 元プロ野球選手が教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーでは、この日も内野守備の練習が行われた

記事を読む

野球のムーブメントと特徴、右投げ左打ち

 野球界にもムーブメントがある。ネックウォーマーのような防寒具だったり、防具なども技術の進化やファッ

記事を読む

元プロ野球選手のキャッチボールは「キャッチボール」だった

 キャッチボール、というと2人以上でボールを投げ合って、試合前に体や肩を温めたりほぐしたりするものと

記事を読む

内野守備、ボールを中に入れて右、左

Zeroベースボールアカデミーの練習メニューは、ほとんどの場合、まずキャッチボールの後、内野守備の練

記事を読む

「ミットよりも優れた道具」、少年野球の練習風景から

 少年野球の練習の話です。先日、野球塾のゼロベースボールアカデミーの練習を見ました。ショートとセカン

記事を読む

石毛宏典氏が考える少年野球選手の育て方

石毛宏典氏は野球教室で少年野球選手に指導を行っている。石毛氏が考える少年野球の育て方について聞いた。

記事を読む

指導者の器量と選手の信念

野球をする少年達にとって、戸惑う事がある。それは、指導者によって指導内容が違う事。しかしそんなことは

記事を読む

日本人と野球と感謝

小さなころから野球をやっている選手は、練習や試合の前と後に自然にグランドに礼をしているのではないかと

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑