*

ドラフトに見る独立リーグの役割、石毛宏典氏が語る

公開日: : プロ野球

2015年のドラフト会議では四国アイランドリーグプラスから6人が、BCリーグからも6人が指名された。全88人の指名選手の中で合わせて12人が独立リーグから指名されている。これについて四国アイランドリーグを設立した石毛宏典氏に話しを聞いた。

ドラフトの結果について

編集部:「まず今年のドラフトの感想についてはいかがだったでしょうか?」

石毛:「真中のミスもあったけど、阪神は外野手でいいんだろうかねえ。外野手を1位指名したチームが多かったのも意外だった」

編集部:「その中で四国アイランドリーグでは香川オリーブガイナーズから4人、徳島インディゴソックスから2人が、またBCリーグでも武蔵ヒートベアーズから5人、石川ミリオンスターズから1人と、合計12人の選手が独立リーグから指名されました。」

石毛:「ほとんどが育成ドラフトでの指名だった。NPBはずるいというのが正直な感想」

編集部:「支配下で指名されたのは埼玉西武のドラフト10位・松本直晃選手1人だけで、他11人は育成ドラフトでの指名ですね」

石毛:「四国アイランドリーグを作る時、NPBへはドラフトではなく移籍で選手が行けるように提案していた。しかしNPBがドラフトでの指名にこだわった。こちらをプロ野球と認めていない。」

編集部:「確かに独立リーグもリーグでドラフトを行ってアマチュア選手を指名していますね。それでもチームでは武蔵から5人、香川から4人がNPBの選手となりました。チームで見るとJR東日本や明治大が3人ずつで、NPBの選手になるにしても独立リーグの方がなりやすい?」

石毛:「NPBからプロ野球として認められるまではまだまだです。」

 

育成ドラフトについて

石毛:「そもそも、NPBの育成ドラフトや育成枠には反対です。社会人野球選手は育成ドラフトでの指名が遠慮されているのに、同じように努力している独立リーグの選手だったり、大学まで野球をやって活躍をしている選手を育成として支度金300万円、年俸200万円台で契約するというのは失礼。」

編集部:「確かに支配下で契約する選手は高校生でも契約金は2000万円くらい、年俸も基準金額以上になりますね」

石毛:「仕事をしながらプレーをしている選手もいる。その努力はせめて契約金で認めてあげるべきでしょう。」

 

独立リーグの役割

編集部:「それでも、独立リーグからは今回、一度野球を辞めて介護などの職場で働いていた選手が、夢をあきらめられずに独立リーグの入団テストに合格してリーグでも結果を残し、今回のドラフトで指名された選手もいました。これまでは完全にプロ野球への道をあきらめざるを得なかった選手だったと思いますが、独立リーグがあった事でNPBの選手になりました。これは選手にとっても、そしてNPBにとっても素晴らしい事だと思いますが、独立リーグの役割については成功と言えますか?」

石毛:「選手の夢をかなえたこと、またNPBにも良い選手を送り出している。またNPBで戦力外になった選手が監督やコーチ、選手として独立リーグにいる。ラミレスも、日本での指導者を希望してBCリーグで監督を務め、横浜DeNAの監督になった。NPBの選手のセカンドキャリアとしても役割を果たしている。審判の育成などもしている。」

編集部:「独立リーグがこれから目指すものは何でしょうか?」

石毛:「野球以外の収入も得られるようにすることだろう。シーズンは野球を精一杯やって、シーズンオフは野球のこともそうだが地場の産業で働いて地域に貢献できれば良い。選手の生活の面でも良くなるだろう。」

編集部:「オーストラリアでは国の代表チームに普段は郵便配達員で仕事をしている選手などもいたりしますね」

石毛:「アメリカの独立リーグも農場で仕事をしていたり、大型トラックを運転している選手がシーズンになると野球をして夢を追いかけている。日本の独立リーグでもできる。特に農業に注目している」

 

四国アイランドリーグを立ち上げた石毛氏は、野球と地域をより強く繋がった形にしたいと考えています。日本野球のエコシステムの中に入ってきたと言って良い独立リーグですが、地方創生など日本の社会の中でさらに強力に回っていく事を思い描いています。

(記事:Professional-view Baseball 編集部:柄井)

関連記事

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

オリックスの2015年のチーム構成

 昨年、パリーグの優勝をあと1勝の差で逃したオリックス、シーズンオフには本気の補強を見せています。今

記事を読む

変わる背番号

プロ野球では新入団選手の発表が行われ、また他球団からの移籍選手や新外国人選手の入団なども続々ときまっ

記事を読む

プロ野球の名将のよもやま話、石毛宏典氏、日野茂氏が語る

プロ野球には名将と呼ばれる監督がいる。石毛宏典氏はプロ野球時代に根本陸夫監督、広岡達郎監督、森祇晶監

記事を読む

【ドラフト会議特集2】ドラフト会議を待つ選手の心境、王道のドラフト候補・上田浩明の場合

 ドラフト会議を待つ選手にとっては、10月23日のドラフト会議に向けてそわそわしたような時期が続くよ

記事を読む

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:セリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はセリーグ編。

記事を読む

合理的な補強とその危うさ、東北楽天のチーム作り

 東北楽天は2004年オフからプロ野球に参入し、当時の近鉄やオリックスから分割ドラフトで選手が加わっ

記事を読む

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑