*

2015年ドラフトを元西武スカウト・日野茂氏に聞く

公開日: : スカウト活動

2015年のドラフト会議から1ヶ月が経ち、球団では入団発表が行われている。今年のドラフト会議の指名の感想を、元西武の日野茂氏に聞いた。

直前に評価が急激に上がった選手

編集部:「今年はドラフト直前に急激に評価が上がった選手が目立ったように思いました。巨人の桜井俊貴投手は10月に入ってからのリーグ戦で150キロを記録してのドラフト1位指名でした。他にも今年1年間で153キロ投手となった大商大・岡田明丈投手やもいます。これだけ見ると”秋の結果が重要”とも感じてしまいますが」

日野:「直前に活躍したからといって、スカウトはその時期だけで判断していることは無い。元々スカウトが目をつけていた選手を追いかけていて『あともうひと伸びすればなぁ』と思っている選手が、急に花開く事がある。活躍の前後もしっかり見て指名をしている」

編集部:「確かに桜井俊貴投手は公立高校の北須磨高校の時から注目され、リーグ戦でも1年生で登板していました。そこもずっと注目していたという事になりますね。しかしその中で、慶応大の谷田成吾選手はずっと注目され、4年生秋に5本のホームランを放ちましたが、結局指名漏れとなりました。」

日野:「あともう一つが足りない、そういう状態が続いている。中学時代も川口でプレーをしていたが、その時、聞いた話でも、もちろん当時から活躍もしていたが、あと一つ何かが足りないという事だった。高校でも70本のホームランを打っても、大学で秋に5本打っても、結局スカウトの中で最後まで、”あと一つ”が残ってしまったのだろう」

編集部:「そのあと一つというものは、どんなものなのでしょうか?」

日野:「選手によって違うけど、例えば動きのキレだったり、守備の時の集中力、バッターボックスの中の雰囲気などちょっとしたもので受ける印象が変わる事がある」

編集部:「大舞台での活躍、という物もあるかもしれませんね。谷田選手はイメージとしてはスマートなプレーをする印象ですが、社会人では都市対抗野球などで気迫あふれる打撃も見たいですね。当然、得意の右方向へ伸びる打球も魅力ですが」

 

バッティングは変われるが守備は・・・

編集部:「今年は野手の1位指名選手が多く、阪神が高山俊選手、オリックスが吉田正尚選手、楽天がオコエ瑠偉選手と外野手を、千葉ロッテが平沢大河選手を指名しています。とびぬけて数が多いという事ではありませんが、話題となった選手が多く注目されました。野手の指名についてはいかがでしょうか」

日野:「バッティングはプロに入って変わることができる。古田敦也選手をみてもそうだし、古くは武上四郎なんかもあれだけ打てるとは思わなかった。それに比べて守備はセンスというものがある。これはプロに入ってもなかなか変わらない。」

編集部:「これはプロ側でも、『打撃は鍛えれば打率.250までは打てるようになる。しかし肩や足は鍛えられないので、そういう素質のある選手を獲る』と聞きます」

日野:「バッティングは、ポイントさえしっかりしていれば、非力で打てないという選手が体を鍛えれば打てるようになる。守備や肩、足は素質というものがある」と話した。

編集部:「高校生で指名された平沢選手やオコエ選手はもちろん、高山選手は東京六大学で128安打の通算安打リーグ新記録を樹立しましたが金本監督より強いスイングを求められており、吉田選手プロとの壮行試合や高校代表との壮行試合でホームランを放つなど大学代表の4番を務めていましたが、自ら『自分は中距離打者』と話していました。プロに入ってから、どのように変わっていくのか注目ですね。

 

注目した選手は?

このサイトで注目した選手も続々指名されてプロの世界に足を踏み入れます。夏の甲子園で注目した霞ケ浦・綾部翔投手、専大松戸の原嵩投手はそれぞれ横浜DeNAと千葉ロッテにドラフト5位で指名され、他にも高校生投手で注目した日大三島の小澤怜史投手はソフトバンクに2位で、打者で注目していた智弁学園の広岡大志選手は東京ヤクルトに3位で指名されました。

日野氏は常に話すのは「プロに入ることが目標ではだめ。プロに入って活躍することを目標にすること」が大切という事です。夢だったプロ野球選手になることができ、確かに達成感はあるでしょう。しかし、例えば今年同じチームに入団した選手の中でプロで1軍で活躍できるのは多くても3人くらいでしょう。1人が1軍に定着すればある程度成功とも言われます。自分がその選手になることができるか、これまでよりもシビアで厳しい闘いがもう始まっています。

最後に

編集部:「最後に、今年のドラフトで日野さんが一押しだったのは、富士大の多和田真三郎投手でした。その多和田投手は西武が高く評価して単独で1位指名しました。他球団は1位指名をしなかったことから、元西武のスカウトだった日野さんと目が一致しているという事になりますが、そういう事はあるのでしょうか?」

日野:「選手の見方、評価の仕方というもので、チームごとに受け継がれたりしているものはあるのかもしれないね」

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

【ドラフト会議特集1】ドラフト会議までに何を決めておくのか?スカウト会議で行う事

 いよいよドラフト会議まであと1か月となりました。今年は「確実にドラフト1位で行ける」と言える選手が

記事を読む

広島経済大・尾仲祐哉投手にみる選手の努力と可能性

広島経済大の尾仲祐哉投手は172cm70kgの右腕投手、現在は最速で150キロを投げるが、大学入学時

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

早稲田大・吉永健太朗投手を、元スカウトが評価する

 早稲田大の吉永健太朗投手、日大三高校で、畔上翔選手、横尾俊建選手、高山俊選手などと共に夏の甲子園を

記事を読む

大阪商業大・岡田明丈投手を、元プロスカウトが評価する

 大阪商業大の岡田明丈投手がこの春に150キロを記録し、連日のようにプロ野球のスカウトが姿を見せてい

記事を読む

現在のランクと将来のランク、斎藤佑樹と田中将大

選抜高校野球大会が終わり、今度は大学野球の春季リーグ戦が始まりました。社会人も各地の大会が行われ、そ

記事を読む

元プロ野球スカウトが語る、スカウトの資質とは?

 西武ライオンズでスカウトをしていた日野茂氏に、スカウトの資質について聞いた。スカウトには何が必要な

記事を読む

スカウトの夏!緊張の夏

 高校野球の各地の大会が本格的に始まっています。高校野球の夏の大会、スカウトにとっては、大きな賭けを

記事を読む

守備の良くない投手はどのように評価されるのか

 投手の評価、もちろん打者に対する投球のすばらしさが最も評価される点だが、ドラフト会議で指名された投

記事を読む

スカウト会議で話し合われる内容は?

 スカウトは今、大学生の甲子園とも呼ばれる大学野球選手権大会のために、そして高校野球の夏の予選を前に

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑