*

駒澤大の2軍降格についてOBの石毛宏典氏が語る

公開日: : 大学野球

東都大学リーグの1部2部入れ替え戦で、1部6位の駒澤大は、2部1位の東洋大に1勝2敗と負け越し2部降格が決まった。来年からは神宮球場ではなく、大学のグラウンドで試合を行う事となった。

昨年秋に日本一

駒澤大学は東都の雄としてプロ野球にも多くの選手を輩出してきた。石毛宏典氏、中畑清氏などプロ野球で活躍し監督を務めた人もいる。2008年に2部に降格したものの2010年の秋の入れ替え戦で1部に復帰し、2011年春から10季を1部で戦った。2014年秋には明治神宮大会で優勝し日本一となっている。その名門チームが1年後の今年秋には2部に降格した。

入れ替え戦は駒澤大のエースで横浜DeNAからドラフト1位指名を受けた今永昇太投手と、東洋大のエースで東京ヤクルトからドラフト1位指名を受けた原樹理投手の対決で注目されたが、万全の原投手が3試合に登板し、今永投手は初戦こそ3安打12奪三振完封で勝利したが3戦目では力尽きた。特に打線は秋のリーグ12試合で19点、1試合あたり1.58点しか奪えていない。入れ替え戦でも初戦は1点、2戦目は4点、3戦目は1点しか奪えず、エースの今永投手の調子次第というチーム状況になっていた。

 

石毛氏が理由を語る

石毛宏典氏は駒大の元主将として、駒大の様子を気にかけていた。2部降格となってしまったチームについて、一つは選手のスカウティングと起用だと話す。「教授会の力が強く、スポーツ部は選手枠の取り合いをしている」という状況ではあるが、推薦で入部した選手以外にも多くの選手が名門の駒大には入ってくる。野球部は今年秋の時点で93人の部員がおり、高校野球の名門出身の選手もそろっている。

しかし、スポーツ推薦で獲得した選手についても、また背番号をつけてベンチ入りしている選手についても「目的が見えにくい」と話す。それでも、「出ている選手の質は高い」とそれぞれの選手の特徴を挙げてくれた。(ここでは詳しくは書かないが)

スカウティングや起用も理由に挙げたものん、「最大の理由はバッターの意識の問題」と、強く指摘をした。東都大学1部のレベルでは、ランナーを進める打撃などレベルの高いものが求められる。しかしチームの打者はまず基本ができていないため、例えば逆方向のバッティングを試合でしようとしているが、当てるだけのバッティングになってしまっている。「まず基本ができていない」と石毛氏は話す。

これは中央大OBで元西武ライオンズの日野茂氏も、大学生でも基本が大切だしそれができてない選手が多い。それはプロ野球でも同じ」と話す。名門の高校などでプレーした選手を集めても基本ができていない選手は多いという。その中で駒澤大はなぜ打てなかったのかを聞くと、石毛氏は即座に「打撃を変える勇気が無かった」と話す。

 

変える勇気

変える勇気について石毛氏は埼玉西武ライオンズの秋山翔吾選手の話をしてくれた。秋山選手は2011年に西武入りするとすぐに110試合に出場し、3年目には152安打を打って打率も.270をマークした。しかし4年目となった2014年は123安打、打率.259にやや落ちるとそのオフに今までの打撃を大きく変更した。そして今年、打率.359、プロ新記録の216安打を記録した。

「プロ野球選手でも、それだけの結果を残していても打撃を変えているのに、大学生がこれまで高校野球でやってきた打撃を変えていない」と話し、「できないのに変える勇気が無かった」と指摘した。石毛氏もアマチュア指導資格を回復しており、駒澤大を訪れて1ヶ月に1度ほど選手を見ることがあるというが、「1か月後にいっても全く変わっていなかった」と話す。変える勇気がない理由としては、「まだ本気でやろうとしていない」と話した。

 

駒澤大にアドバイス

駒澤大が今後復帰するために石毛氏は「練習から変える必要がある」と話し、「他の大学とは違う事をしなければ上には上がれない」と話した。

バッティングについては「まずは真ん中の球をセンター方向に飛ばすことを練習し、しっかりとスイングをできるようになってからその次の打撃練習をしてほしい」と話した。

また、「試合前のシートノックなども、ボールが飛んでくる順番が決まっている中でノックを受けても意味が無い。」と話し、「練習ではシートノックなどでしっかり守って、実践的な練習をすること」と、「紅白戦などを増やして、練習と試合でプレーが変わる選手をチェックすること」と話した。

エースの今永昇太投手が卒業をし頼るものが無くなった駒澤大、U18代表で活躍した中京大中京の上野翔太郎投手など有望な選手が入学予定だが、今年の口惜しさを味わった選手たちが、練習から大きく変えてどれだけ変わっていくのかに期待をしたい。その先に1部復帰が見えてくる。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

関連記事

大学野球も2014年全日程終了!今年の大学野球シーンを振り返る

 明治神宮大会の大学の部、決勝では駒澤大学が明治大学を3-0で下し、駒澤大学が王者となって2014年

記事を読む

早慶戦が他の試合と違う点

今日から東京六大学リーグでは早慶戦(慶早戦)が行われています。なぜ早慶戦が特別なのか、理由を挙げてみ

記事を読む

東京六大学・東都が初戦敗退、地方大学の波

 大学野球選手権の2日目、東京六大学代表の慶応大が神奈川大に敗れ、東都大学リーグ代表の亜細亜大が創価

記事を読む

来年の野球はどうなる? その2:大学野球

  今年もあと1週間となりました。来年の野球界の動きや予想などをしてみます。今日は大学野球について。

記事を読む

中央大・島袋洋奨投手の現在、甲子園優勝投手の進路に関して

甲子園の春夏連覇、新しい所では2012年に大阪桐蔭が藤浪晋太郎、森友哉といったメンバーで、1998年

記事を読む

【大学野球選手権特集】仙台大・熊原健人投手を元プロスカウトが評価する

 大学野球選手権が始まりました。大会前に巨人がスカウト会議を開き、富士大の多和田真三郎投手と共に、仙

記事を読む

【ドラフト会議特集7】ドラフトの目玉、早稲田大・有原航平投手はプロで活躍できるか

 今年のドラフト会議(10月23日)まであと10日を切り、各球団の動きも最後の慌ただしさを見せている

記事を読む

野球キャンプイン

大学で野球を続けるということ

 夏の高校野球の日程が各地で進んでいる。甲子園開幕に向け、甲子園決勝に向け、全国4000校、10万人

記事を読む

新・慶応義塾大野球部が始動、全国大会で優勝するために

 慶応義塾大は大学野球の雄である。早稲田大とともに日本の野球の発展を担ってきた。東京六大学でも今年春

記事を読む

大学野球に危惧、石毛宏典氏が語る

ドラフト会議のシーズンが近づいてくる。高校野球の選手はテレビ中継などもあり、また青春のドラマとして注

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑