*

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

公開日: : プロ野球

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確実の山崎康晃投手は、すごいのは投げる球だけではない。

横浜DeNAベイスターズ投手の山崎康晃。横浜スタジアムにて。 ぽこ太郎氏撮影

球がすごい

ですが、まずは投げる球がものすごい。ストレートは常時145キロ以上で150キロもバンバン出してくる。そして本人はツーシームと言う、大魔神・佐々木主浩投手にも匹敵するような鋭く沈む球で、今シーズンは37セーブを挙げた。防御率1.92、56回1/3を投げて66奪三振を奪い、「小さな大魔神」の活躍を見せた。

分かってても打てない、という投手が現れ、セリーグの打者は恐々としていることだろう。

 

セルフプロデュース力がすごい

そして山崎選手がすごいのはそれだけではない。登板するときの曲にKernkraft 400の「Zombie Nation」を使うと、曲に合わせて観客が一斉にコールをするスタイルを作り上げた。もちろん山崎投手が活躍をしているからという事もあるが、アメリカなどでは使用されているこのノリの良い曲を選択し、観客の大きなコールでマウンド気持ちを高めてマウンドに上がる状況を作り上げた。

また、春のキャンプには速球とツーシームの他に、ナックルを投げると公言した。たまに投げるもののほとんど投げない球をアピールしてマスコミの注目を集め、また対戦するバッターにナックルをインプットさせた。

まさに戦略的セルフプロデュース力があり、ビジネスでもマーケティングを任せたら、非常に良い結果を残すのではないかと思われる。

 

コミュニケーション力がすごい

そしてコミュニケーション力がすごい。横浜DeNAでもキャンプや練習中、そして試合後にはファンに笑顔で答え、サインにも全く気軽に応じてくれる。自分を獲ってくれ、そしてリリーフエースとして信頼してくれた中畑監督が引退をすると、号泣する姿を見せた。

オールスターでも広島カープの黒田投手と会話をする姿があったり、鳥谷選手や阿部慎之助選手とも交流したようだ。他にも多くの選手と一緒に写真に写るなど、笑顔で先輩にかわいがられる後輩である。

そして現在開催されているプレミア12でも、大谷翔平投手と松井裕樹投手が毎晩、山崎選手の部屋に訪れて野球やプライベートの会話をしているという。後輩にも気軽に話せる慕われる先輩のようだ。

 

実力、盛り上げ方、そしてコミュニケーション。山崎選手がスター選手にならないことは無いだろう。佐々木投手のようにリリーフながらチームの中心となって日本一になる選手だろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

プロ野球の世界で生き残るために必要な事

 プロ野球では12球団の新人選手発表が滞りなく行われ、ほぼすべてのイベントは終了した。そして新人は年

記事を読む

期待が不安を上回る、3月を楽しもう!

 いよいよ3月に入る。日本の場合、多くの物事の1年間の活動が3月で終わり、4月から新しい1年が始まる

記事を読む

大谷翔平選手の活躍とマーケティング戦略

 6月19日、北海道日本ハムの大谷翔平選手が8回を投げて1安打11奪三振で無失点に抑えた。甲子園で見

記事を読む

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む

一流選手が名指導者になるために

 プロ野球ではよく、「選手として一流だった人は名指導者にはなれない」と言われることがあります。もちろ

記事を読む

中畑清監督について、駒大の後輩・石毛宏典氏が語る

横浜DeNAの監督を4年間務めた中畑清監督が、前半は首位だったものの後半失速し、最下位に沈んだことを

記事を読む

今年のルーキー世代は波乱万丈の世代

今年のプロ野球は、特にルーキーの活躍が目立っているように思える。阪神の高山俊選手(ドラフト1位)は、

記事を読む

横浜DeNAの金城龍彦選手、スターへの道

横浜DeNAの金城龍彦選手がサヨナラ打を放った!これでチームタイ記録となる8度目のサヨナラ安打となっ

記事を読む

野球の魅力 ~人vs人の世界~

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも

記事を読む

育成ドラフト指名選手の支配下登録率はどのくらいか?

 2014年のドラフト会議は育成ドラフト会議で23人が指名されました。各球団の新入団選手発表でも紹介

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑