*

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

公開日: : プロ野球

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確実の山崎康晃投手は、すごいのは投げる球だけではない。

横浜DeNAベイスターズ投手の山崎康晃。横浜スタジアムにて。 ぽこ太郎氏撮影

球がすごい

ですが、まずは投げる球がものすごい。ストレートは常時145キロ以上で150キロもバンバン出してくる。そして本人はツーシームと言う、大魔神・佐々木主浩投手にも匹敵するような鋭く沈む球で、今シーズンは37セーブを挙げた。防御率1.92、56回1/3を投げて66奪三振を奪い、「小さな大魔神」の活躍を見せた。

分かってても打てない、という投手が現れ、セリーグの打者は恐々としていることだろう。

 

セルフプロデュース力がすごい

そして山崎選手がすごいのはそれだけではない。登板するときの曲にKernkraft 400の「Zombie Nation」を使うと、曲に合わせて観客が一斉にコールをするスタイルを作り上げた。もちろん山崎投手が活躍をしているからという事もあるが、アメリカなどでは使用されているこのノリの良い曲を選択し、観客の大きなコールでマウンド気持ちを高めてマウンドに上がる状況を作り上げた。

また、春のキャンプには速球とツーシームの他に、ナックルを投げると公言した。たまに投げるもののほとんど投げない球をアピールしてマスコミの注目を集め、また対戦するバッターにナックルをインプットさせた。

まさに戦略的セルフプロデュース力があり、ビジネスでもマーケティングを任せたら、非常に良い結果を残すのではないかと思われる。

 

コミュニケーション力がすごい

そしてコミュニケーション力がすごい。横浜DeNAでもキャンプや練習中、そして試合後にはファンに笑顔で答え、サインにも全く気軽に応じてくれる。自分を獲ってくれ、そしてリリーフエースとして信頼してくれた中畑監督が引退をすると、号泣する姿を見せた。

オールスターでも広島カープの黒田投手と会話をする姿があったり、鳥谷選手や阿部慎之助選手とも交流したようだ。他にも多くの選手と一緒に写真に写るなど、笑顔で先輩にかわいがられる後輩である。

そして現在開催されているプレミア12でも、大谷翔平投手と松井裕樹投手が毎晩、山崎選手の部屋に訪れて野球やプライベートの会話をしているという。後輩にも気軽に話せる慕われる先輩のようだ。

 

実力、盛り上げ方、そしてコミュニケーション。山崎選手がスター選手にならないことは無いだろう。佐々木投手のようにリリーフながらチームの中心となって日本一になる選手だろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

かつてのプロ野球選手のトレーニングとは?

今年のオフはダルビッシュ有投手のTwitterにて、トレーニング方法の話が良く聞かれ、大谷翔平投手、

記事を読む

トレードはこうやって決まる!現場とフロントの連携

 プロ野球では、大型トレードが行われると非常に大きな話題となり、またチームもガラッと変わることがあり

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

記事を読む

9人指名して6人が1軍昇格、東北楽天の2013年ドラフト

 東北楽天のドラフト4位ルーキー、古川侑利投手が1軍に昇格した。これで昨年、東北楽天が指名した9選手

記事を読む

変わる背番号

プロ野球では新入団選手の発表が行われ、また他球団からの移籍選手や新外国人選手の入団なども続々ときまっ

記事を読む

エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると

記事を読む

プロ野球の世界で生き残るために必要な事

 プロ野球では12球団の新人選手発表が滞りなく行われ、ほぼすべてのイベントは終了した。そして新人は年

記事を読む

野球選手はいつ休むのか

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという

記事を読む

プロ野球選手のセカンドキャリア

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表

記事を読む

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑