*

侍ジャパンに期待すること!

公開日: : 侍ジャパン

昨日、侍ジャパンのトップチームの強化試合が行われました。プエルトリコに8-3で勝利、強化試合ではありましたが前回のWBCで準決勝で敗れたプエルトリコに雪辱を果たしました。

豪華メンバー揃うも

今年も侍ジャパンも豪華メンバーがそろいました。プロ野球新記録の1シーズン216安打を記録した西武・秋山翔吾選手、トリプル3を達成したヤクルト・山田哲人選手、そして主軸にようやく西武の中村剛也選手が座り、中田翔選手、筒香嘉智選手と若くて強力な主軸が出来上がりました。もう一人のトリプルスリー・柳田選手がいないのは残念ですが、これまでWBCで優勝をしてきたチームと比較しても迫力のある打線となっています。

投手でも経験もあり昨日の試合では3回1安打8奪三振と見事なピッチングを見せた前田健太投手、球速では世界トッププラスの大谷翔平投手、則本投手、そしてリリーフに松井裕樹投手。他にも武田翔太投手、山崎康晃投手などがおり、こちらも粒ぞろいです。藤浪晋太郎投手がいないのは残念ですが、素晴らしい投手陣です。

日本プロ野球のオールスター選手がそろうドリームチームですが、やや盛り上がりに欠けるというか、物足りない所があるようにも感じます。

 

レジェンドが必要

2006年、2009年のWBCは、日本プロ野球の選手の選出に球団側の要望などもあり、決してベストメンバーが出ていたとはいません。しかしそのチームにイチロー選手や松坂投手、岩村選手、福留選手や城島選手というようなアメリカでプレーする選手が加わりました。特にイチロー選手と松坂投手の存在感は大きく、日本プロ野球の若い選手も憧れのまなざしを送り、一緒にプレーすることを喜んでいるような雰囲気も感じられました。

しかし2013年大会は日本人メジャーリーガーが故障をしたり、チームの方針でWBCに出場できなかったこともあり、プロ野球のオールスターで挑みました。準決勝で敗れたという事もありますが、2006年、2009年に比べるとやや印象が薄かった感じもします。

今回はWBCではなく始めて開催されるプレミア12という事もあり、岩隈選手や上原投手、イチロー選手、青木選手は選ばれませんでした。確かにイチロー選手もかつてに比べれば成績は良くなく、青木選手も死球の影響が残っており仕方ないのかもしれませんが、もしこのチームにイチロー選手が入っていたら、若手野手はどんなまなざしをイチロー選手に送り、どんなハツラツとしたプレーを見せたでしょう。

 

ファンも注目する

イチロー選手にからかわれる中田選手や秋山選手の姿を見たりするのも、楽しみの一つかもしれません。通常ならばいっしょにプレーしたり戦ったりすることができない選手と一つになって戦う事が、選手にとってもファンにとっても通常とは違う大会なのだと感じ、貴重な体験をしていると感じられるのだと思います。

またここに、アマチュア野球で輝きを見せている創価大の田中正義投手や、仙台育英の平沢大河選手が入っていても、ファンの注目度はましたかもしれません。

メジャーリーグの意向や日本のアマチュア野球の事情もあると思います。また戦力的には日本プロ野球のトップ選手を選択したほうが良いのかもしれません。しかし、イチロー選手や岩隈選手が入っている侍ジャパンだったらもっと面白かったと思うの人も多いのではないでしょうか。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

関連記事

日本の野球は、東京五輪で繋がっていく

 先日、侍ジャパンの大学代表チームと、U18(高校生)代表チームの壮行試合が発表された。今年は大学生

記事を読む

侍、いよいよ出陣!石毛宏典が考えるスタメン

  いよいよWBCの初戦が明日行われる。日本の野球のトップにいる侍たちが世界を相手に戦う

記事を読む

侍ジャパン代表26人の年代とドラフト順位を分析する

   3月10日、11日に欧州選抜と対戦する侍ジャパンの代表メンバーが発表された。プロ2

記事を読む

U18に見た野球の応援

 日本においてスポーツの応援をリードしてきたのは、やはり野球だろう。早慶戦では多くの名曲が生まれ、現

記事を読む

侍ジャパンの意地

 先ほど、11月に行われる日米野球2014に出場する侍ジャパントップチームのメンバー・6人が発表され

記事を読む

侍ジャパンになるには

いよいよ今日から、2017年WBCに出場する侍ジャパンのキャンプが始まる。28選手がどのような球歴を

記事を読む

右投げ左打ちの外野手

WBCでは筒香嘉智選手が、ここぞという時の打撃を見せ、2次ラウンドを無傷で勝ち上がった。筒香選手とい

記事を読む

打てる遊撃手と捕手を我慢強く育てる事

 日本の野球の課題といえば、投手はメジャーリーグでもトップクラスに活躍する選手がおり、野手でもイチロ

記事を読む

保護された中での走塁

 侍ジャパンU18代表は、今年も優勝をすることができなかった。キューバ、韓国、オーストラリアなどには

記事を読む

侍ジャパン、次に向けて

プレミア12を戦った侍ジャパンは、準決勝で韓国に逆転負けして姿を消した。前回のWBCと同じ準決勝での

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑