*

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

公開日: : プロ野球

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る選手だからと言って、すべてが強気な選手だとは限らない。

ドラフト1位指名選手のインタビューやあいさつを見て

ドラフト1位指名された選手のインタビューや挨拶をみて、本当に個性があると感じた。

受け答えでいつもハキハキと明瞭に答えていたのは東北楽天のオコエ瑠偉選手で、オコエ選手は甲子園でスターになる前から、受け答えがうまい選手だった。甲子園でスターになってからも、インタビュー慣れをしたという事もあるだろうが、インタビューでのやり取りを見て聡明さを感じたスカウトもいた。

他にも、ロッテの平沢大河選手、中日の小笠原慎之介選手、福岡ソフトバンクの高橋純平投手も、額に汗をしながらも丁寧にはっきりと受け答えをしていた。

逆に大学生の選手は個性豊かだった。横浜DeNAの今永昇太選手は、高校野球時代は無名だったが東都のエースとして取材も多かったのだろう、またチーム内でもいつもめちゃぶりをされるキャラだったようで、インタビューで笑いを獲るなどしていた。記者団の前で「ゲッツ」も堂々と決めるなど、慣れと度胸の良さを感じさせた。

高山俊選手も、ドラフト会議で真中監督のミスによって交渉権を獲得した球団がすぐに変わるというハプニングがあったが、それに動揺はしたと思うが、淡々とインタビューを受けていた。金本監督のあいさつ時も少し臆する所はあったかもしれないが、さすがのドラフト1位指名選手だった。

巨人に指名された桜井俊貴投手も、質問した記者の目をじっと見て受け答えし、指名あいさつをした巨人の堤GMも「相手の目をじっと見る選手」として、気持ちの強さを感じたと話す。

対して広島の岡田明丈投手は、記者会見でも聞き取れない声で話すなどし、監督から「純朴な奴なので」とフォローを入れられていた。これだけ見ると不安になるかもしれないが、マウンドでは堂々とバッターのインコースに投げる強気な所もある。

オリックスの吉田正尚選手、ヤクルトの原樹里投手、西武の多和田真三郎投手、日本ハムの上原健太投手は報道が少なかったものの、大学生らしく慎重で明瞭な受け答えを見せた。

 

ヒーローインタビュー

これだけで選手のタイプを評価するのは難しいものの、今永投手は試合でも勢いに乗るととことん良いピッチングを見せてくれそうで、試合後のインタビューでもパフォーマンスが期待できるファンに愛される選手となりそうだ。オコエ選手もノリも良さそうで、こちらもヒーローインタビューが楽しみな選手。

高山選手などは活躍してもヒーローインタビューでは淡々と答えそうで、甲子園が盛り上がるかはわからない。鳥谷選手のように、キッチリと試合で結果をのこしそうだ。

この他の選手は、まだ個性がわからず、今の野球選手に多い優等生の受け答えをしそう。確かにそれによって好印象は持てるのだが、その中から自分の言葉やパフォーマンスを見つけて、ヒーローインタビューでもファンを獲得できるような選手になってほしい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

プロ野球選手とセカンドキャリア

日本プロ野球機構(NPB)は、現役プロ野球選手による「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を公

記事を読む

かつてのプロ野球選手のトレーニングとは?

今年のオフはダルビッシュ有投手のTwitterにて、トレーニング方法の話が良く聞かれ、大谷翔平投手、

記事を読む

【終戦記念日特集】8月15日、日本の野球の終戦記念日

 8月15日は終戦記念日である。そして日本の野球にとっても、8月15日は終戦記念日なのだ。  20

記事を読む

新春のスカウトの動き

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束

記事を読む

左打者には左投手?確実性を上げるために逆方向を狙う?野球の常識とは

日本の野球で常識と考えられている事について、元西武ライオンズの石毛宏典氏に聞いた。 夏の甲子園で北

記事を読む

育成ドラフト指名選手の1年目での支配下登録

巨人は2015年ドラフト会議において育成ドラフト8位で指名し、育成枠で契約をしていた長谷川潤選手と支

記事を読む

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況

記事を読む

一流選手が名指導者になるために

 プロ野球ではよく、「選手として一流だった人は名指導者にはなれない」と言われることがあります。もちろ

記事を読む

選手の成長とケガのケアに重点を置いた、工藤監督の福岡ソフトバンク優勝に石毛宏典氏語る

 工藤公康監督が就任して1年目の福岡ソフトバンクがパリーグ優勝を果たした。コーチ未経験での就任1年目

記事を読む

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑