*

夢をかなえるという事

公開日: : その他

ドラフト会議が終わり、プロに進む夢をかなえた選手がいる。それ以前に既に大学進学や社会人への内定をもらっていたり、受験への取り組みをスタートしている選手もいる。進路について納得している人もいれば、なぜ希望の進路に進めなかったのか納得できないこともある。

理屈ではない選考

中学生から高校生へ、高校生から大学生へ進むことをクラスアップすると考えると、上に行けばいくにつれ、選考基準が分からなくなってくる。受験は面接などもあるが基本的には内申点やテストの得点で決まる事が多い。しかし、例えば就活は、試験があるのは本当にわずかで面接などで選ばれるかどうかがきまる。

ドラフト会議も同じ。今年のドラフト会議でもドラフト上位選手が必ずしもドラフト下位指名選手や指名されなかった選手より優れている、評価が高かった選手かというとそうではない。基本的にはスカウトの目でランク付けがされていくものの、いろいろな要素により指名選手が決まってくる。

指名漏れになった選手、または思ったよりも下位での指名になった選手など、いろいろと不満はあるだろう。しかし、これはあくまで能力や素質の順番ということではない。ドラフト会議の指名結果を見て、上位の選手の方が優秀と見るのもある程度はその通りだが、その思い込みは持たない方がよいかもしれない。

 

あいまいな中で評価されるには

ではこのあいまい中で、評価されるにはどうすればよいか。

1つは閉じこもらないこと。やはり評価というものは他人がするものです。他人に対してオープンでなければ、素質や能力が高くても敬遠されてしまったり、それが伝わらなかったりという事もある。多くの人に頼って頼られて繋がりを持つことは野球選手だけでなく、多くの人に重要な事かもしれない。

2つめは続ける事。多くの人に接すると、批判もあったり良くないことを言われることだってある。またドラフト会議や面接の場面で、自信を無くしてしまう事もある。でも自分がなりたいものに向かうなら、それに対する努力は続けていないとそこでその夢は終わってしまう。落ち込むことがあっても、人から楽な道を進められても続けた人が、なりたいものになっているのは間違いない。これは必須条件といえるだろう。

3つめは全力でやること。野球選手を見ていても、全力でやっていない選手というのはすぐにわかってしまう。多くの選手が全力でやっているのだから。野球選手だけでなく他のスポーツ選手でも、仕事をしているビジネスマンでも同じ。なのでこれも絶対に必要だろう。

このような事を実践しても、結局プロ野球選手になれない選手の方が多いかもしれない。でもその可能性が少しでも高まるのならと思います。

世界では一つのことを続けたくても続けられない人々、全力でやりたくてもできない人々がたくさんいます。1つのことを一生懸命、全力で、努力し続けられる環境にいることを幸せに思い、ぜひ夢をかなえてください!

(記事:Professional-view Baseball 編集部 柄井)

関連記事

野球キャンプイン

野球の魅力 ~キャンプもコンテンツ~

 野球の魅力シリーズ、今日はキャンプについて。プロ野球は長い歴史があり、試合だけでなくキャンプなど練

記事を読む

いろいろなところに野球がある

 この春卒業をして、一つ上のステージで野球を続ける選手もいるし、野球をやめて別の世界に挑戦する人もい

記事を読む

選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティング、ピッチングに注目され、成績

記事を読む

侍ジャパンの意地

 先ほど、11月に行われる日米野球2014に出場する侍ジャパントップチームのメンバー・6人が発表され

記事を読む

no image

桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練習をした桐生第一の蓼原慎仁投手

記事を読む

野球選手のプロ根性とアイドルのプロ根性、桜庭ななみさん、宮武祭さん

 埼玉県川口市にある野球塾、ZEROベースボールアカデミーには、プロ野球を目指す少年野球選手の他、プ

記事を読む

元プロ野球選手が持っているものは、技術だけではない

西武ライオンズで中心選手として黄金時代を築き、オリックスでは監督も務めた、石毛宏典氏が千葉商大付高校

記事を読む

2020だけを見ていていいのか?

2020年に東京オリンピックが開催する事が決まり、準備にも加速感が出てきている。しかし先日、東京オリ

記事を読む

プロが使う、青いピッチングマシン

少年野球から高校、大学、社会人、そしてプロ野球まで、多くの野球選手を支えているものに、ピッチングマシ

記事を読む

第1回プロ野球スカウト講座開催のお知らせ

 プロフェッショナルビューベースボールでは、元西武のスカウト・日野茂氏による第1回プロ野球スカウト講

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑