*

ドラフト注目選手を、石毛宏典氏、日野茂氏が斬る 第1回「オコエ瑠偉選手・関東第一」

公開日: : プロ野球

 プロ野球ドラフト会議が10月22日に迫ってきた。様々なメディアで注目選手が取り上げられているが、元西武ライオンズの主将でオリックスの監督も務めた石毛宏典氏、元西武ライオンズスカウトで横浜DeNAの2軍監督やヘッドコーチを務めた日野茂氏に、注目されている選手を厳しく見てもらった。まずは第1回として、オコエ瑠偉選手を取り上げる。

注目選手をプロの厳しい目で見る

まず最初にお断りしておきたいのは、今回紹介する選手はドラフト注目選手という事で、多くのメディアで取り上げられ、素晴らしい所についての紹介はたくさんされている選手たちです。ただし、今回は厳しく見るという事で、良い点があることを踏まえたうえで、課題を多く指摘してもらいました。

オコエ瑠偉選手(関東第一高校)

甲子園やU18ワールドカップで、走攻守に抜群の活躍を見せてくれた関東第一のオコエ瑠偉選手、注目された選手という事で、ドラフト1位候補として紹介される事もある。しかし打撃については以前より課題として指摘をされている。

石毛:「やっぱり棒(バット)ですね」

日野:「打撃では、バットを始動させてからそのまま打つのでなく、一度緩む。あれを直すのはなかなか難しい」

一度緩むとどんな打撃になるのか?

石毛:「ポイントがバラバラになる。それでは確実性が上がらない」

日野:「甲子園でも9回にホームランを打っているが、たまたまインコースの厳しいところにきたのに反応して体の回転で打てた感じ。外角の球に対応できるかどうか」

石毛:「左打ちにするという手もある。元阪神の赤星選手のように、どんな当たりでも出塁するようなタイプになれれば」

打撃については直すのに時間がかかるかもしれないという見方から、足を活かして左打ちにすることでプロ野球で活躍する可能性を高めるという選択肢を提案していました。また、

石毛:「ただし目が良いのだろう。走塁の判断や守備での球際の強さが際立っている」

日野:「ミスもすれば驚くようなプレーを見せてくれそうな選手。ただし日本のプロ野球の場合、ミスをした時に叱られる事があり、それによって特徴の思い切りの良さが失われてしまうかもしれない。メジャーに行ってもいい選手」と付け加えた。

 そしてドラフトでの指名について、

日野:「ドラフト1位指名はないかもしれない。高校生で外野手というのは優先順位は高くない」

と話した。

 高い素質を評価されるオコエ瑠偉選手、プロ野球ではその特徴を生かすため、また課題を克服するため本人もそしてコーチなど周りの人も、時間をかけてプレースタイルを探していく必要がある。それが成功したとき、スター選手として駆け回る姿が見られるだろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部・柄井)

関連記事

【ドラフト会議特集9】ドラフト会議を10倍楽しくするためのテレビ番組

 10月23日に行われるドラフト会議まであと1週間を切った。今年のドラフト会議を楽しむためにも、今週

記事を読む

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

12球団ジュニアトーナメントとドラフト会議の指名

今年もNPBによる、12球団ジュニアトーナメント大会が、12月27日~29日に宮崎市で開催される。将

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

記事を読む

FA移籍について、石毛宏典氏に聞く

今年はFAの移籍の話題が比較的目立った。埼玉西武のエースだった岸孝之投手が東北楽天に移籍、オリックス

記事を読む

横浜DeNAが2011年に獲得した高校生選手を自由契約に

 横浜DeNAは2011年に高校生8人を指名したものの、ドラフト1位の北方悠誠投手や帝京の伊藤拓郎投

記事を読む

野球キャンプイン

日本人コーチが外国人選手に教えているもの

日本のプロ野球には、毎年多くの外国人選手がプレーをしています。昨年は東京ヤクルトのバレンティン選手が

記事を読む

期待が不安を上回る、3月を楽しもう!

 いよいよ3月に入る。日本の場合、多くの物事の1年間の活動が3月で終わり、4月から新しい1年が始まる

記事を読む

今永昇太投手、上原健太投手、岡田明丈投手を石毛宏典、元プロスカウト・日野茂が斬る

今日はドラフト1位候補に名前のあがる駒澤大・今永昇太投手と、明治大の上原健太投手、大商大の岡田明丈投

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑