*

中畑清監督について、駒大の後輩・石毛宏典氏が語る

公開日: : プロ野球

横浜DeNAの監督を4年間務めた中畑清監督が、前半は首位だったものの後半失速し、最下位に沈んだことを受けて辞意を申し入れた。球団はオールスター後には中畑監督の続投を表明し、中畑監督も続ける意思が強かった。そして最終戦後のあいさつでも退団という言葉は一言も使わなかった。

4年間の実績

2012年から2015年の横浜DeNAベイスターズの成績を見ると、

2012年 46勝 85敗 13引き分け 6位
2013年 64勝 79敗 1引き分け 5位
2014年 67勝 75敗 2引き分け 5位
2015年 62勝 80敗 1引き分け 5位

この成績だけを見ると、解任されてもおかしくないと思うかもしれない。ただし球団は2008年は48勝94敗、2009年も51勝、10年、11年も48勝、47勝と他球団に大差をつけられての最下位だった事を考えると、前半に貯金を2ケタ作って走ったチームにしただけで、可能性のあるチームへと持ってきた。

持前の明るい性格で、試合前後の記者との会話でも常に明るく、話題を提供していた。また試合前後には試合に勝っても負けても観客に礼をし、声援などに応えていた。この明るさによって、チームの選手のプレーが、やる気の面で変わってきたことは間違いないだろう。

 

石毛氏が話す

中畑清氏は、石毛宏典氏にとって駒大の先輩で、巨人と西武が日本シリーズで戦いを繰り広げた時は、両チームのキャプテンとしてチームを引っ張った。お互いの明るいキャラクターを持っていた。

石毛氏は中畑氏について監督を辞任する前に「あの明るさは天然もの」と、チームを鼓舞するために演じたりというよりは、心の底から喜びを見せるという明るさだったという。そして「中畑監督はしっかりとしたコーチが必要」と話していた。

中畑監督は作戦、戦術というよりは、明るさであったり選手をしっかりと見きわめて選手の特徴を生かせるようなポジションチェンジをしたりと、選手のやる気を出させる役割が得意だった。代わりに相手チームの分析をしたり作戦をたてる参謀が必要な監督でもあった。

2012年には中畑監督の希望で高木豊氏をヘッドコーチに迎えた。中畑監督は巨人の出身である。横浜DeNAというチームに通じてはいない。そこでチームに通じ、OBやフロントにもつながることができ、コーチの経験もある高木氏をヘッドコーチに迎えた。高木コーチもそれに応え2013年には60勝に到達するチームとなった。2013年には二宮至コーチを野手総合コーチに迎え、駒大から巨人の繋がりがあり話せるコーチだったのだろう。

ところが2013のオフ年、高木コーチが退団、二宮コーチも一度退団が発表され、その後2軍のコーチに再び呼ばれるという事が起きた。2年連続でBクラスとなったチームを、CSに出場できるチームにという事だったのだろう。しかし2014年に組閣されたコーチ陣は、実績のある馬場コーチの他は、プロ野球でのコーチが初めてとなる進藤コーチを作戦コーチにし、引退したばかりの小池正晃コーチや、引退して2年目となる新沼慎二コーチ、投手コーチも川村丈夫コーチと篠原貴行コーチという若い面々が並んだ。2015年も二軍で実績を挙げた大村巌コーチを昇格させたものの、プロ野球のコーチ初となる坪井智哉コーチを加えるなど、変わらずの若い布陣で臨んでいた。

球団側としては若いコーチ陣を育成しながら成績も残すという難しい事を、中畑監督に託す事となり、大きな負担の中で指揮を執っていた。

 

コーチの陣容

コーチ陣の陣容について、すべてを監督に任せてしまうと監督が変わった時にコーチ陣も辞めてしまい、チームに残るものが無くなってしまう可能性がある。横浜DeNAは高田GMを中心として監督が交代してもチームに経験などを財産として残す体勢が取られている。現在ではGM制などフロント主導の首脳陣づくりが主になっている。

結果だけ見ると退団も仕方ない、監督が責任を取る事も仕方ないと思うが、もし経験が豊富なコーチがいたらどうだっただろうとも思う。中畑監督は「また会いましょう」といった。おそらく来シーズン以降、他球団の監督人事には必ず名前が挙がってくると思う。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

関連記事

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、パシフィックリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。パシフィックリーグは4月21日終了時点で、福岡ソ

記事を読む

オリックスの2015年のチーム構成

 昨年、パリーグの優勝をあと1勝の差で逃したオリックス、シーズンオフには本気の補強を見せています。今

記事を読む

プロ野球12球団のスタメンを見てみる

プロ野球のペナントレースも、各球団20試合程度を消化している。石毛宏典氏は「なんでスタメンを固定しな

記事を読む

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む

福岡ソフトバンクの優勝と大型補強

 2014年のプロ野球は福岡ソフトバンクが日本一となり終了した。シーズン前に大型補強を行っていた福岡

記事を読む

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それが

記事を読む

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。

記事を読む

東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首位を走る。逆に千葉ロッテはチー

記事を読む

新人が開幕スタメンを奪うには?

 プロ野球が開幕した。毎年、オープン戦では新たに入団した選手が注目され、チームの戦力アップを想像する

記事を読む

プロ野球の名将のよもやま話、石毛宏典氏、日野茂氏が語る

プロ野球には名将と呼ばれる監督がいる。石毛宏典氏はプロ野球時代に根本陸夫監督、広岡達郎監督、森祇晶監

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑