*

ソフトバンク・島袋洋奨投手、もっと自信をもっていい

公開日: : プロ野球

ソフトバンクのドラフト5位ルーキー・島袋洋奨投手が9月25日の千葉ロッテ戦で8回に登板し、1回をノーヒット1四球無失点に抑えた。

1回無失点デビュー

島袋洋奨投手が1軍のマウンドに立った。最速は144キロを記録、先頭打者の福浦選手に四球を与えデスパイネ選手にもカウント3-2にするなど、大学時代に苦しんでいた姿が一瞬頭の中をよぎったものの、デスパイネ選手を高めの速球で空振りを奪うと、その後はいい当たりをされながらも外野ライナー2つを野手が好捕し1回無失点に抑えた。

 

 

何はともあれ1回無失点デビューとなった。

興南高校で春夏連覇し、大学3年春までチームの故障と戦いながらも中央大のエースとして活躍をした島袋投手だったが、3年秋から調子を崩すと4年生春にはストライクが入らずバックネットへの大暴投などもあった。島袋投手はプロで活躍をするために、春夏連覇の実績を持ちながらも大学進学を決意した。しかし、秋も序盤はストライクを取るのに苦労する投球でプロ入りは無理かなという思いもあっただろう。しかし、2014年10月16日の青山学院大との試合、大学生最後の登板となるこの試合で島袋投手は6回を投げて8安打を許し4失点するも勝利投手となった。約1年ぶりの白星を手にして大学生活を終えた。

ドラフト会議ではあきらめかけたドラフト5巡目、福岡ソフトバンクに指名され、控室で号泣したという。

プロ入り後も苦しんだ。3軍スタートとなった島袋投手は4月までに3軍の試合でも3試合を投げて合計2回2/3で14の四死球を与えた。やはり戻らないかという思いもあったが、5月にトルネードでタメを作る感覚をつかむと次第に四死球も減っていき、8月には2軍に昇格して147キロを記録するようになった。

 

もっと自信をもっていい

見ている側にも緊張感が伝わるような非常に緊張した状態だった。先頭の福浦選手には四球を与えるも、トルネードからゆっくりと足を下ろしてくるタイミングの取りづらいフォームで、福浦選手も何とかタイミングを合わせようとしたが最後まで合わなかった。また144キロの速球は当たっても飛ばないような球威だった。

しかし四球でランナーを許すと状況は変わってしまう。デスパイネ選手は高めの速球を振ってくれて三振となったが、続く打者には外野にライナー性の打球を浴びた。トルネードでタイミングを外す事はランナーを出してしまうと難しい。ランナーを出してからの投球が課題と、当サイトの解説者・日野茂氏も指摘をしていた。

または四球を出したことで思い切り腕が振れなくなってしまったのかもしれない。登板するときの姿、投球練習の姿、そして登板後の姿を見ると、人の良さが非常に伝わってくる半面、自信を失ったことにより周りに気を遣うような仕草もみられる。

興南高校時、中央大の1,2年時は怖いもの知らずだった。ランナーを出そうが速球と鋭い変化球で相手をねじ伏せた。堂々とマウンドに上り、堂々とベンチに戻っていた。島袋投手は少し太々しいくらいの態度を意識する方がちょうどいいのかもしれない。「もっと自信をもっていい」、そう思わせる直球とプロ1軍初登板だった。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

プロ野球選手とセカンドキャリア

日本プロ野球機構(NPB)は、現役プロ野球選手による「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を公

記事を読む

プロ野球の名将のよもやま話、石毛宏典氏、日野茂氏が語る

プロ野球には名将と呼ばれる監督がいる。石毛宏典氏はプロ野球時代に根本陸夫監督、広岡達郎監督、森祇晶監

記事を読む

野球選手のヒーローインタビュー

 日野茂氏が湘南シーレックス(現横浜DeNAのファームチーム)の2軍監督をしていた時、野球の技術だけ

記事を読む

身体的能力が目立たなかった稲葉篤紀選手が、プロ野球を大きく発展させた

 北海道日本ハムの稲葉篤紀選手が今季限りで引退をする。法政大の時にドラフト会議で3位でヤクルトが指名

記事を読む

器用だけど不器用だった「秋山幸二選手」はメジャーを狙えたか?

 福岡ソフトバンクの秋山幸二監督、2011年には日本一の監督になったが、選手時代も西武ライオンズで主

記事を読む

野球選手はいつ休むのか

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという

記事を読む

野球のテレビ離れ

かつては巨人戦はすべての試合が地上波で全国中継されるなど、テレビとプロ野球中継は密接なものだった。し

記事を読む

プロ野球の世界で生き残るために必要な事

 プロ野球では12球団の新人選手発表が滞りなく行われ、ほぼすべてのイベントは終了した。そして新人は年

記事を読む

石毛宏典氏、日野茂氏が見る今年のドラフト候補

ドラフト会議が今月22日に迫ってきた。今年のドラフト候補について、元オリックス監督の石毛宏典氏、元西

記事を読む

プロ野球選手の引き際

プロ野球選手の引き際は、長年プレーしてきたベテランであっても、自分の意思で決められる選手は少ない。石

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑