*

選手の成長とケガのケアに重点を置いた、工藤監督の福岡ソフトバンク優勝に石毛宏典氏語る

公開日: : プロ野球

 工藤公康監督が就任して1年目の福岡ソフトバンクがパリーグ優勝を果たした。コーチ未経験での就任1年目での優勝について、元西武ライオンズでチームメイトだった石毛宏典氏は「選手のケガ」について最も意識していたと話す。

故障を深く考える選手

 工藤監督は昨年秋に監督に就任すると、元西武でチームメイトだった石毛宏典氏は工藤監督より、「最も気をつけなければいけないのは主力の故障」と話していたという。そして選手の故障については特に気を配っていた。

 工藤監督は現役時代、名古屋電気高校からプロ入りすると3年目までは中継ぎとして経験を積みアメリカ留学を経験した後、4年目となる1985年から先発として8勝、その後11勝、15勝、10勝と勝ち星を重ね西武のエースとしての活躍を見せた。しかし10勝を挙げていた1988年には肩やひじの痛みに悩まされると翌年の1989年には4勝8敗と低迷する。当時のプロ野球は科学的な練習メニューやトレーニングというものは無く、自己流のトレーニングで故障を悪化させたりという事もあったという。治療法や手術などいろいろなアドバイスをされたが、ここで筑波大の白木仁氏と出会い「痛みはハムストリングの強化で治る」とアドバイスを受け、指導に基づいてトレーニングを続けると痛みも取れていた。1991年には16勝を挙げ、その後5年連続2ケタ勝利を挙げている。

 痛みは休ませるだけでなく、トレーニングをすることで取れるという事を学ぶと、それ以来、白木氏とのトレーニングの他、鹿島アントラーズの合同自主トレに参加したり、トレーニングの医学書などを読みあさり知識を蓄えた。その成果もあり、29年間も現役生活を続けることができた。

 肩は消耗品と言われる。MLBでも1試合に球数を制限したりという考え方がある。キャンプなどで投げ込む事もあまりなく、日本人投手が200球を投げ込んだと聞くと「信じられない」と話す。しかしそれはアメリカ人だからかもしれない。日本人でもそういう人もいる。ただ全員がそうではない。投げて肩を鍛えてプロで200勝をした投手は何人もいる。ただ人に言われるまま、一般的な治療を受けるのでなく、自ら考えた治療を選択したのが工藤選手だった。

 

選手の故障と成長に気配り

 主力の故障を気を付けるといっても、選手が1年間プレーをしていれば様々な場面で故障は起こりうる。今年の福岡ソフトバンクも長谷川選手や大隣投手が故障で離脱し、キャプテンで4番を任せた内川選手も離脱をした時期があった。その時、工藤監督は試合前に治療をしている選手に会いに行ったり、連絡を取ったり、また治療を行っている医師にも連絡をとっていたという。石毛氏も「現役時代に故障もし、そこでトレーニングについて得た知識と経験を活かした」と話し、個々の選手の状況を監督が把握し、自らの経験からアドバイスをしていたという。通り一遍の治療ではなく、選手が自ら考えて治療に取り組むようにしていた。

 そして工藤監督は選手の成長にも気配りをしていた。期待の若手投手をいきなり先発に起用するのでなく、「自分も現役時代そうだった」と話すように「何度かリリーフで起用して先発を経験させ、悪ければ一度2軍に落として考えさせた後、今度は先発で起用した」と話す。また2軍の選手の起用について、「調子が良くなってから上げるのではなく、調子が良くなる前の時点で1軍にあげた」と話している。多くの1軍監督は2軍の選手については、2軍の監督などからの報告を元に1軍に引き上げていたが、工藤監督は1軍の試合前に2軍の試合を視察し、自らの目で選手の状態を見ていた。そのため、シーズンが始まってから休養日となったのは3日だけだったという。

 さらに1軍の上げた選手でも、成長してほしいと思った選手は、故障をしても2軍に落とさずに1軍でベンチの中に入れ続けた。

 

選手のケガについて西武での教訓

 石毛氏は西武時代に監督や管理部長だった根本陸夫氏から、「選手は五体満足で国に返すな」と話していたという。ケガもなくプロ野球を引退してしまうと、下手をすると周囲の人々は、プロ野球で通用する能力が足りなかったと思ってしまうかもしれない。また選手もやり切ったを思えないだろう。肩は消耗品とという言葉を聞くが、「じゃあこのままで、プロ野球を引退してもいいの?」と石毛氏は考える。

 西武時代に「練習やプレーをやり切る事」を教わり、福岡ソフトバンクの秋山幸二前監督は選手に球数のノルマを課したりもしていた。工藤監督も若手やベテランを区別せずに選手に課題を与えたり、ケガについての考え方も選手に伝えた。

 西武時代に培った、「選手の成長や故障」について、自らの信念を貫いた工藤監督の「完勝」の1年間だった。

(記事:Professional-view Baseball 柄井)

 

関連記事

エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると

記事を読む

プロ野球選手のポジションの変更は?

プロ野球では時折、大胆なコンバートが注目される事がある。中日で「アライバ」と言われていた井端選手と荒

記事を読む

育成ドラフト指名選手の1年目での支配下登録

巨人は2015年ドラフト会議において育成ドラフト8位で指名し、育成枠で契約をしていた長谷川潤選手と支

記事を読む

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況

記事を読む

【終戦記念日特集】8月15日、日本の野球の終戦記念日

 8月15日は終戦記念日である。そして日本の野球にとっても、8月15日は終戦記念日なのだ。  20

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

記事を読む

プロ野球のエースのすごさ!

 プロ野球、先発ローテーションとして活躍する投手の中で、エースと呼ばれる投手が各チームに存在します。

記事を読む

育成ドラフト指名選手の支配下登録率はどのくらいか?

 2014年のドラフト会議は育成ドラフト会議で23人が指名されました。各球団の新入団選手発表でも紹介

記事を読む

プロ野球12球団のスタメンを見てみる

プロ野球のペナントレースも、各球団20試合程度を消化している。石毛宏典氏は「なんでスタメンを固定しな

記事を読む

自分のベストが決まる時

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑