*

挫折もありの野球人生

公開日: : 大学野球

 野球人生は、平たんな道ではないようだ。少年野球、高校、大学、社会人、そして独立リーグ、プロ野球、メジャーリーグ、進路の途中途中に挫折もあれば迷い道もある。

山あり谷あり

 ある選手がいた。その選手は高校1年生で体も大きく、多くの高校から声がかかる中で甲子園出場の常連校に進学し、そこでもいきなり投手で4番を任された。そして大舞台でも1年生で活躍を見せ、「将来はプロ野球、ドラフト1位指名も間違いない」と周囲は大いに盛り上がった。

 しかしその選手、3年生の時は活躍のニュースは一切聞かれず、ドラフト会議で指名される事もなかった。大学へ進んだものの退部をしていた。理由はいろいろある。当然体に痛いところもあった。けれど他の選手が感じている痛みと同じ程度で、それが原因で野球ができなかったわけではない。大舞台で活躍した後に周囲に注目され、自分が知らないうちに地道な道を外れてしまっていた。自分は違う、これくらいで大丈夫だという気持ちがあったようだ。

 一方、高校3年生になり急激に成長を、その勢いでドラフト会議の1位指名でプロ入りする選手もいた。1年生の時には名前を一度も聞かなかった選手だった。

 

谷田成吾選手と茂木栄五郎選手

 大学でも山あり谷あり、早稲田大の茂木栄五郎選手はこの春5本塁打を記録した。1年生の頃から早稲田のサードで出場して活躍し、2年生の秋は出場1試合のみだったが、そのほかのシーズンは規定打席に到達し3年生から打率は3割を常に超え、今年の春は5本塁打を放った。プロのスカウトがドラフト候補として最も注目するシーズンに大活躍を見せ、ドラフト会議で上位候補にも名を連ねている。

 一方、慶応大の谷田成吾選手も、高校時代に70本以上のホームランを放ち1年時は規定打席に到達しなかったが、2年時からレギュラーとして出場、3年生の春には4本塁打、秋には3本塁打を記録、高橋由伸2世と呼び声も上がるなど順調に来ていた。しかし4年生の春、打率.146に1本塁打と低迷してしまい、新聞などのメディアでドラフト上位候補として名前が挙がる回数はめっきりと減った。

 しかしこの秋、茂木栄五郎選手は2試合7打数でノーヒット、谷田成吾選手は立教大とのカード3試合で3試合連続ホームランを放った。谷田選手は春の低迷で大きな挫折を経験し、この夏に体力トレーニングや練習を重ね、「これ以上やることは無いという所までやった」と話すほど練習をしてきた。その結果がすぐに表れた。一方茂木選手も気を抜いたわけではないだろう。大学日本代表では主軸として活躍をした。試合には出ているのでケガというわけではないと思うが、高校日本代表との壮行試合では唯一試合に出場をせず状態は良くないようだ。

 

道はまだ続く

 谷田選手、茂木選手には今年、ひとまずクリアしなければならない関門がある。プロ入りをするためのドラフト会議だ。両選手ともプロ入りは夢の一つで、そのために少年野球、高校野球、大学野球で一線級の選手として頑張ってきた。

 二人がドラフト会議でどのような順位でプロ入りするのかはわからない。もしかすると今年はプロ入りをしないかもしれない。それは最終目標が「プロで活躍する事」だから。この二人以外の選手も、「プロで活躍をするため」に自らの進路を選んでいく。

 これらの選手がプロで活躍する姿を見せたとき、「あの時に挫折をしたから今がある」、「あの時のドラフト会議でプロ入りできなかったから今がある」、というようなコメントが聞けるよう、挫折も活躍もいろいろと経験してほしい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

【ドラフト会議特集6】京大生、田中英祐投手はプロで活躍できるか

 今年のドラフト会議で話題となりそうなのが、京都大の田中英祐投手だろう。身長は180cmまでいかない

記事を読む

70連敗を止めにいった東大の誤算

東京六大学では東京大学がワーストタイの70連敗となった。2010年の早稲田大学戦で斎藤佑樹投手に勝っ

記事を読む

早慶戦が他の試合と違う点

今日から東京六大学リーグでは早慶戦(慶早戦)が行われています。なぜ早慶戦が特別なのか、理由を挙げてみ

記事を読む

京都大学の勝ち点への道のり

関西学生野球リーグの京都大学が5月7日の同志社大戦で勝利し、23季ぶりの勝ち点を挙げた。この勝ち点の

記事を読む

【ドラフト会議特集7】ドラフトの目玉、早稲田大・有原航平投手はプロで活躍できるか

 今年のドラフト会議(10月23日)まであと10日を切り、各球団の動きも最後の慌ただしさを見せている

記事を読む

侍ジャパン大学代表はどれだけ強いのか?

 今日6月29日、韓国で行われるユニバーシアードに出場する「侍ジャパン大学代表」が、プロ野球(NPB

記事を読む

東都で優勝した専修大学、まだ狼煙を上げただけに過ぎない

 東都大学リーグは専修大が26年ぶりの優勝を飾った。前回優勝時に6勝を挙げてMVPを獲得した岡林洋一

記事を読む

2016年のドラフト候補の目玉・田中正義投手

2015年のドラフト会議が終わり、2016年のドラフト会議に向けたスカウト活動がスタートしている。

記事を読む

東京六大学・東都が初戦敗退、地方大学の波

 大学野球選手権の2日目、東京六大学代表の慶応大が神奈川大に敗れ、東都大学リーグ代表の亜細亜大が創価

記事を読む

駒澤大の2軍降格についてOBの石毛宏典氏が語る

東都大学リーグの1部2部入れ替え戦で、1部6位の駒澤大は、2部1位の東洋大に1勝2敗と負け越し2部降

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑