*

U18に見た野球の応援

公開日: : 侍ジャパン

 日本においてスポーツの応援をリードしてきたのは、やはり野球だろう。早慶戦では多くの名曲が生まれ、現在でも幅広く高校野球や他のスポーツでも利用されたりする。プロ野球のトランペットや高校野球の吹奏楽による楽器を使った音楽による応援が発達しているが、U18ワールドカップの決勝などでは、一味違った応援が見られた。

応援スタイル

 日本人の応援スタイルは、民族性を表しているのか「みんなで一緒」というのが基本のようだ。一人だけ「フォー―」と気勢を(奇声)を発し続けると、周りから迷惑がられる。基本的に誰かが音頭を取り、それに合わせて全体で応援をする。それを踏まえて、おそらく応援団だったりブラスバンドといったリーダーが必要とされ、それが発展してきた。

 アメリカの野球では時折全員で手拍子を合わせたりするものの、日本のように常に音楽がかかり一緒に合わせている感じではない。普段はそれぞれが「フォー―」と声を出している。チャンスになるとその声が大きくなり、拍手が大きくなり、やがて自然に手拍子があってくるという感じ。

 どちらが悪いとも良いというものではない。

 

U18ワールドカップの応援

 日本の野球においてはプロ野球、高校野球ももちろん、社会人も応援団がおり、大学生も応援団やチアリーダー、ブラスバンドがいなくても、野球部員が声で音楽を奏でている。

 しかし代表選になると、決まったリーダーというものはいない。日本の野球のスタイルに慣れていると、静かで戸惑う人もいる。そして今回のU18ワールドカップも日本開催で甲子園で行われたが応援団はいない。甲子園で応援団のいない試合をテレビで見るのは珍しいと思う。

 それでもオコエ瑠偉選手、清宮幸太郎選手など、直前の夏の高校野球によって知名度の高い選手たちの集まりだけあり、選手がバッターボックスに入る時には全体から大きな拍手が挙がり、それが合わさって手拍子となっていった。自然発生した素晴らしい応援だった。

 侍ジャパンに関してはTOPチームも含めてこういう形でやってみたら良いのではないかと、そう思わせる新鮮な感じがした。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

侍ジャパン、各代表で世界一は1つのみ、課題と来年に向けて

 昨年、侍ジャパンとして統一された日本野球の各世代の代表、今年は8つの各世代などの代表が、すべて国際

記事を読む

打てる遊撃手と捕手を我慢強く育てる事

 日本の野球の課題といえば、投手はメジャーリーグでもトップクラスに活躍する選手がおり、野手でもイチロ

記事を読む

野球と2020

 2020年、東京オリンピックの開催が決まった。そして11月18日、IOC(国際オリンピック委員会)

記事を読む

また一つ、壁を乗り越えた侍ジャパン

 侍ジャパンの活動は、日本代表チームの役割もあるが、日本野球の統合という使命もある。各世代、各連盟や

記事を読む

WBC決勝ラウンド、青木宣親選手は復調する

 決勝ラウンドに勝ち進んだ侍ジャパン、盛り上がるWBCについて石毛宏典氏は決勝ラウンドに向けて、青木

記事を読む

東京オリンピックまであと5年、野球の国際化も加速

 2015年を迎え、東京オリンピックまであと5年という事になった。東京オリンピックでの野球・ソフトボ

記事を読む

侍ジャパンになるには

いよいよ今日から、2017年WBCに出場する侍ジャパンのキャンプが始まる。28選手がどのような球歴を

記事を読む

侍ジャパンの意地

 先ほど、11月に行われる日米野球2014に出場する侍ジャパントップチームのメンバー・6人が発表され

記事を読む

保護された中での走塁

 侍ジャパンU18代表は、今年も優勝をすることができなかった。キューバ、韓国、オーストラリアなどには

記事を読む

日本野球はさらに上を目指せ!試合に勝つ魅力と一瞬のプレーの魅力

 侍ジャパンがメジャーリーグ選抜に挑む日米野球が開催されている。1戦目は侍ジャパンの前田健太投手など

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑