*

また一つ、壁を乗り越えた侍ジャパン

公開日: : 侍ジャパン

 侍ジャパンの活動は、日本代表チームの役割もあるが、日本野球の統合という使命もある。各世代、各連盟や協会などがバラバラに行っていた代表選出や代表のPRなどの活動を、侍ジャパンのブランドの元で行う事で統一感が増している。そして、8月26日、また一つの壁を越えた。

乗り越える壁

 日本の野球はかつては、プロとアマチュアで大きく隔たっていた。特に学生野球の大学生や高校生とは親類のプロ野球選手とキャッチボールをしてもいけないと言われる厳しいものだった。

 それが、社会人が元プロ野球選手を受け入れてプロとの距離が近くなり、大学、高校にも元プロ野球選手が指導者として参加できるようになっていった。そして発足した侍ジャパンによって各代表が統合され、大学代表や社会人代表とプロ野球との交流戦などを実現してきている。

 そしてこの日、高校代表と見えるU18代表と大学代表が対戦した。これまで高校生と大学生では力の差があり、また金属バットと木製バットの違いもあったため、大学生と高校生との試合は、一部の高校や代表チームが、大学1,2年生主体のチームとやる程度だった。しかしこの日は、大学生の4年生を中心とし、しかもトップクラスの選手と高校生が対戦した歴史的な日となった。そして9-2で大学生が勝利し、その実力の差を見せつけた。

 これでようやくスタート地点に立ったといえる。これまでは対戦がほとんどなかったので、どの程度の実力の差があるのかはわからなかった。9-2という差が、今後高校生が大学生に追いつく目標となり、さらに高校野球が発展すると思う。

 

プロvs高校生

 日本のプロ野球では、最下位に沈むチームが時折「PL学園よりも弱いのでは?」「横浜高校よりも弱いのでは?」とささやかれる事もある。メジャーリーグでは高校生世代とメジャーリーグの選手が練習試合などを行う事もある。日本でも、プロ野球vs高校生というのは、夢の対戦だろう。

 今年、プロvs大学代表が対戦し、その大学代表とU18が対戦した。まだ実力差はあったものの、プロvs高校が実現可能であると認識させた。同じ学生野球同士の対戦だから実現できたのだろうし、高校生がプロと試合をする必要性があるのかどうかという議論はあるだろうが、可能性はあるという事が示された。

 少子化の中で野球の人口も減るのは確実で、これから一体で太い組織が必要になる。侍ジャパンは確実に変わっている。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

侍ジャパンの意地

 先ほど、11月に行われる日米野球2014に出場する侍ジャパントップチームのメンバー・6人が発表され

記事を読む

WBC決勝ラウンド、青木宣親選手は復調する

 決勝ラウンドに勝ち進んだ侍ジャパン、盛り上がるWBCについて石毛宏典氏は決勝ラウンドに向けて、青木

記事を読む

侍ジャパン代表26人の年代とドラフト順位を分析する

   3月10日、11日に欧州選抜と対戦する侍ジャパンの代表メンバーが発表された。プロ2

記事を読む

侍ジャパンに期待すること!

昨日、侍ジャパンのトップチームの強化試合が行われました。プエルトリコに8-3で勝利、強化試合ではあり

記事を読む

侍ジャパンになるには

いよいよ今日から、2017年WBCに出場する侍ジャパンのキャンプが始まる。28選手がどのような球歴を

記事を読む

不安の多い侍ジャパン、2017WBCで勝ち抜くために

WBCの開催を翌年に控え、台湾との強化試合に臨む侍ジャパンのトップチームが招集された。しかしチームの

記事を読む

野球と2020

 2020年、東京オリンピックの開催が決まった。そして11月18日、IOC(国際オリンピック委員会)

記事を読む

次は東京オリンピックで!侍ジャパン

 侍ジャパンの4年間の戦いが終わった。結果を振り返ると重い4年間だったように思えるが、様々な変化が侍

記事を読む

侍ジャパン、次に向けて

プレミア12を戦った侍ジャパンは、準決勝で韓国に逆転負けして姿を消した。前回のWBCと同じ準決勝での

記事を読む

侍、いよいよ出陣!石毛宏典が考えるスタメン

  いよいよWBCの初戦が明日行われる。日本の野球のトップにいる侍たちが世界を相手に戦う

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑