*

元西武の日野スカウト、甲子園に出場した投手について語る

公開日: : 注目選手, 高校野球

 元西武でスカウトとして活躍した日野茂氏が、8月22日のテレビ朝日「週刊ニュースリーダー」で、甲子園に出場した選手について語った。

番組では

 番組では、夏の甲子園で準優勝した仙台育英の佐藤世那投手、そして優勝した東海大相模の小笠原慎之介投手などについて、コメントが紹介された。佐藤投手については、球の強さや大きな振りで特徴のあるバックスイングについて、「柔らかさがある」と紹介した。しかし、プロ入りについてはもう少し経験を積んでからでも良い、という評価を行った。

 また、東海大相模の小笠原投手については、すぐにプロでできる素材と評価している。

 今年の夏は早稲田実業の清宮幸太郎選手や、関東第一のオコエ瑠偉選手などが注目されたが、主役はこの二人の投手となった。

 

他にも

 実は日野さんは、他にも高い評価をしていた選手がいる。

 一人は専大松戸・原嵩投手。甲子園では二段モーションを審判に注意され、初回は抑えたものの2回以降に花巻東打線につかまり初戦で敗れている。注意されたことで影響は少なくなかっただろうが、それを言い訳にはできない。結果は結果だった。それでも日野さんは、この投手は将来が楽しみ。角度もあり力もあると評価した。

 そしてもう一人は、白樺学園の背番号10・中野祐一郎投手。下関商との初戦では6回から2番手として登板し、延長10回まで投げたものの、その10回にサヨナラで敗れ、悔し涙をのんだ。しかし、中野投手の投球を見て日野氏は、「これはプロでもできる投手。すごく良い」と話した。エースで192cmの河村説人投手も良かったが、「この投手の方が伸びる」と日野さんは話した。

 甲子園で初戦敗退した二人の投手、そして甲子園の決勝まで勝ち進みみんなが注目している二人の投手。これからどんな歩みを見せるのか、まだ野球人生は始まって間もない。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

小豆島と小豆島高校と甲子園

小豆島高校がセンバツ大会に出場、1-2で惜しくも敗れ甲子園1勝はならなかったが、落ち着いた戦いぶりを

記事を読む

石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。それは、広陵・中村奨成選手だっ

記事を読む

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(2)

ある高校の練習の指導に訪れた日野茂氏は、その練習方法とある出来事を経験して「高校野球は練習方法を工夫

記事を読む

バスターは難しい

夏の甲子園大会の決勝戦、作新学院の今井達也投手と対戦した北海高校は、その試合で多くの打者がバントの構

記事を読む

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

高校野球の応援曲のルーツ~第2回:甲子園常連高校~

 高校野球の応援特集、第1回では東京六大学由来の応援歌を紹介しましたが、第2回は甲子園常連校由来の応

記事を読む

センバツで躍動するか、期待の大型遊撃手たち

センバツ高校野球大会の組み合わせ抽選が、今週の金曜日に迫った。左腕投手に注目が集まる中で、大型遊撃手

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

高校野球の応援曲のルーツ~第3回:プロレス~

高校野球応援特集、第3回です。  第1回は東京六大学がルーツのもの、第2回は甲子園常連校がルーツの

記事を読む

高校野球、エラーで負けてしまった選手たちへのメッセージ

 夏の高校野球大会、甲子園では49校による48試合が行われ、そのうちサヨナラで試合が終わったのは5試

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑