*

怪物と怪物が出会ったら

公開日: : 高校野球

 甲子園で2本、3本ホームランを放ったり、140キロ後半の速球で相手をねじ伏せる選手は、高校生の怪物といえる。夏の甲子園はそういった選手の出会いの場でもある。

怪物と怪物

 怪物にとって、意識するのは自分と同じ怪物なのだろう。夏の高校野球大会準々決勝、九州国際大付属の山本武白志選手は早稲田実の清宮幸太郎選手を意識していた。また清宮選手も3本塁打を放っている山本選手を意識していた。その試合で清宮はホームランを放ち、2試合連続ホームランで山本選手に肩を並べて見せた。試合後に山本選手は清宮選手を、「末恐ろしい」と話したものの、すがすがしい笑顔を見せた。清宮選手も山本選手を「日本のトップクラスの選手」と話した。

 他にも怪物が出会っている。東海大相模を相手に2番手で登板した花咲徳栄の高橋昂也投手は、2年生ですでに143キロの速球を投げる怪物である。その高橋投手はこの試合で東海大相模で152キロの速球を投げる同じ左腕の小笠原慎之介投手と投げ合い、自己最速となる145キロを記録している。それでも試合に敗れ、「小笠原さんはピンチでまったく動じていなかった。1人で投げぬいて勝てる投手になりたい」と話した。

 花咲徳栄の大滝愛斗選手も50m6.1秒の俊足に長打力もある外野手として、関東第一のオコエ瑠偉選手を間近に見て意識していた。直接対決はならなかったものの、「上でやりたい」と一足早くプロ入りの意思を示した。

 

ステップアップ

 怪物と出会う事で大きく成長する選手がいる。清宮選手だって山本選手をかなり見たはずだし、プロ入りした山本選手は後輩の清宮選手に負けないように、これからまた努力を続けられる。花咲徳栄の高橋投手もこの敗戦をばねにおそらく来年には現在の小笠原投手と同じくらいの力を持った投手になるのではないかと思う。

 怪物となってしまった選手はライバルを探すのに苦労をする事になる。ライバルが見つからなければ、モチベーションが低下したり天狗になってしまうかもしれない。そんな時に自分が目標にすべき怪物と出会いそのすごさを目の当たりにすれば、自分はまだ成長できると感じられアドレナリンが出るだろう。

 怪物でなくたって、これは一緒。チームメイトでも対戦相手でも、テレビで見た選手でも、まずは目標となる選手を見つけ、その選手に追いつくために努力できれば成長できる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

【高校野球選手の進路】すぐにプロに入るか、大学・社会人を経由するか

 夏の高校野球が終わり、3年生の高校球児達は自分の将来について考える。野球推薦で大学に入学すべくセレ

記事を読む

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライオンズの名遊撃手だった石毛宏典

記事を読む

東海大相模・小笠原慎之介投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今日は今年の高校生の左腕投手でNO1の声もあがる東海大相模・小笠原慎之介投手を、元西武スカウトの日

記事を読む

高校野球は変わるのか?

 高校野球の熱戦が各地で繰り広げられている。その中で、いくつかのチーム名が連なる連合チームや、他の部

記事を読む

インコースを投げる投手vs打者の戦いは、日本の野球の将来を左右する

 春季高校野球関東大会では浦和学院が優勝を果たした。優勝の立役者となったのは、左投手の江口奨理投手と

記事を読む

センバツで羽ばたくか、大阪桐蔭・高山優希投手を元プロスカウトが評価する

 今年のセンバツ高校野球大会には、去年の県岐阜商・高橋純平投手のような目玉の投手はいない。しかし、プ

記事を読む

東海大相模・吉田凌投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今年のドラフト候補の高校生の中で、プロが注目している左右の投手が東海大相模にいる。共に中学時代から

記事を読む

高校球児が増加し初の17万人越え、その背景は?

 高校野球連盟は2014年5月末現在の部員数を発表し、昨年より3224人多い170,312人となった

記事を読む

野球と自分の実力の評価

 野球選手は時には道の選択が必要になる時がある。熱戦が繰り広げられている高校野球でも、3年生は夏の大

記事を読む

代表に集った選手たちは、何を得たのか?

 8月の甲子園終了から約2週間、侍ジャパンU18代表が集まった。約17万人の高校野球部員の中から選ば

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑