*

背の低い選手に注目する

公開日: : スカウト活動

 野球はバレーボールやバスケットのように身長が高い必要はない。サッカーに比べても頭上のプレーが多いわけではなく、身長があまり影響をしないスポーツであるといえる。しかし、プロ野球では体の大きな選手がそろっているのも事実だ。

体が大きい=パワー

 体の大きな選手は全体的にパワーがあり、例えば球を遠くに飛ばしたり、速い球を投げる選手が多い。プロ野球はホームランバッターでなくても内野の間を割るには、速い球に負けないスイングの強さが必要で、パワーはどんな選手にも必要である。

 投手についても、身長の高い選手はパワーもあるし、その身長を行かして角度をつけられたり、比例して腕や足が長いと、リリースがバッターに近くなる可能性も高い。よってピッチャーも背の高い選手が多い。

 プロ野球のスカウトも指名する選手を外したくない。もし同じように評価をした選手がいたとしたら、体の大きな選手の方を選ぶことになるだろう。

 しかし、プロ野球では一流の活躍をした選手が体が大きい選手かというとそうでもない。パワーが必要と言われるホームランについても、歴代本塁打数トップ3で王貞治氏は177cm、野村克也氏は175cm、門田博光氏は170cmと180cmを越えた選手はいない。時代的にそのころの身長の高さというものはあるだろうが、170cmでもプロで500本以上のホームランを打てる。

 

決めつけない事

 2013年に埼玉西武にドラフト1位指名された森友哉選手、身長は170cm前後だが高校野球では春夏連覇に日本代表でも主軸を打つなど、実績十分の選手だった。しかしドラフトでは1球団しか指名が無かった。その森選手は1年目からホームランをかっとばし、2年目では他球団にとって脅威の存在になっている。

 また2013年に東北楽天にドラフト1位指名された松井裕樹投手も174cmだが、140キロ後半の速球でバンバン三振を奪う。

 体が小さいから、足が速くないといけないとか、セカンドを守り2番でつなぐバッティングをするとか、その必要はない。長打力があるならば徹底的に下半身を鍛え、素振り繰り返して森選手のように大きなスイングができる選手になればいい。決めつけないことだ。

 選手を見る側も、決めつけて見ないように心がけなければならない。背が大きいという理由をなるべく外し、選手のスイングをみるようにしないといけない。

 門田博光、森友哉に続く原石はたくさんいる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

ネットスカウトの情報量の凄さ

 先日、「ネットスカウト」と呼ばれる人と会う機会があった。情報量の濃さは想像を超えるほどはるかに深い

記事を読む

広島経済大・尾仲祐哉投手にみる選手の努力と可能性

広島経済大の尾仲祐哉投手は172cm70kgの右腕投手、現在は最速で150キロを投げるが、大学入学時

記事を読む

プロのスカウトがバッティングを見る時のポイント

 選手のバッティングを評価することは非常に難しいです。プロのスカウトは打者のバッティングのどこを見て

記事を読む

野球選手、野手の評価が難しい理由

以前、選抜高校野球大会に出場する田島大樹選手を元スカウトの日野氏に評価をしてもらいましたが、Yout

記事を読む

スカウトの目は様々なものに影響される

 元プロ野球スカウトの日野茂氏は、選手時代は内野手としてプレーしていた。プロ野球のコーチ時代も守備な

記事を読む

夏の高校野球、プロのスカウトは何を見ているのか?

 季節は7月、暑い季節となりました。そして熱い高校球児の戦いが各地で行われています。新聞でも注目の球

記事を読む

本命なきドラフト会議とスカウトの苦心

 昨年のドラフト会議は高校生ならば松井裕樹投手、大学生ならば大瀬良大地投手、社会人ならば吉田一将投手

記事を読む

田中正義になれるか、成長を期待したい4投手を元プロスカウトが評価

今年のドラフト会議の超目玉として、早くも一挙手一投足に注目が集まっている創価大・田中正義投手。12球

記事を読む

【ドラフト会議特集5】スカウトの1年

 10月23日のドラフト会議まであと2週間と少し、各地で大学のリーグ戦が終盤戦の盛り上がりを見せてい

記事を読む

野手のドラフト候補がスカウトに注目されるには

 センバツに出場する野手の候補を紹介してきたが、元西武のスカウト・日野茂氏に、「野手はどんな風にすれ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑