*

高校野球選手の発言と時代

公開日: : 高校野球

 高校野球の熱戦が続き、また多くの高校が敗れている。注目された高校野球選手は新聞記者のインタビューを受け、その後の進路についても聞かれたりする。その受け答えにも時代の流れを感じさせる。

気を遣う発言

 昔の映像を見ると、新聞記者もかなりの上からの質問を投げていたりする。そしてまた、高校生もいわゆるタメ語で答えたりと、今との違いに驚かされる。今の高校生のインタビューの受け答えを見ると、気を遣いすぎているくらい言葉をきちんと選び話をしている。

 例えば「監督」のことを「監督さん」と呼ぶ選手が多い。監督との距離が近くなったという事もあるのだろうが。また、ドラフト会議の後に、球団から指名された選手が「日本ハムさんから指名を受けて非常にうれしく思います」「西武さん・・・」と球団名にさんをつけたりする。それがおかしいとは言うつもりはない。高校生も先方や大人に気を使っているのが良く分かる。

 

進路についても

 以前は行きたい球団名を口にしたり逆指名をしたりもしていたが、今では球団名は口にできない。その中で、プロ志望するか大学や社会人に進むかという発言をするが、ここにも変化がみられる。

 当然進路は決まっていないか、決まっていてもはっきり言えない事もある。そこでこれまで使われたきた答えは「監督や家族と相談して決める」というものだった。しかし今年、進路について尋ねられた時に聞かれる答えは「将来はプロ野球選手」という言葉だった。

 この言葉だと、今年すぐにプロ野球志望届を出してプロに行きたいのか、それとも大学や社会人に進んでからなのかをあいまいにしている。ただしプロ入りの希望があることは明らかにしている。さらに周囲に相談するだけでなく自分で決断するという意思も伝えている。

 どこから広まったかわからないが、非常に良い言葉であり、取材をする側にとっては分かりにくい言葉だ。

 高校野球選手の発言に、指導者との付き合い方、大人との付き合い方、自分の意思など時代が反映している。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

高校野球は変われるか?

 高校野球はヒーローを生み出す場にもなる。それは甲子園で優勝した選手だけでなく、懸命にプレーしながら

記事を読む

高校野球100年、審判員も100年

 100年目の高校野球大会が開幕した。第一回全国中等学校優勝野球大会は1915年8月19日~23日に

記事を読む

高校野球の都道府県別出場校数と部員数

 第96回高校野球大会は、甲子園で熱戦が繰り広げられている。今日は八頭高校が大阪桐蔭と対戦したが敗れ

記事を読む

頑張れ、野球塾出身の4番!そして全国の高校野球3年生へ

 ゼロベースボールアカデミーで、元プロ野球選手の始動を受けた選手たちが、高校野球の最後の1年を戦って

記事を読む

怪物達が輝く甲子園であり続けて!

 昨夏の覇者・前橋育英の高橋光成投手が、昨春の優勝チーム・浦和学院の小島和哉投手が、準優勝・済美高校

記事を読む

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(1)

昨年、高校野球100年という事で、沢山のイベントが行われ、夏の甲子園も大いに盛り上がった。とても長い

記事を読む

センバツで躍動するか、期待の大型遊撃手たち

センバツ高校野球大会の組み合わせ抽選が、今週の金曜日に迫った。左腕投手に注目が集まる中で、大型遊撃手

記事を読む

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

高校野球の魅力と変わること

 先月、高校野球は変われるか?という記事で、高校生投手の球数の多さを指摘し、高校生の将来も考えて投球

記事を読む

代表に集った選手たちは、何を得たのか?

 8月の甲子園終了から約2週間、侍ジャパンU18代表が集まった。約17万人の高校野球部員の中から選ば

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑