*

野球と自分の実力の評価

公開日: : 高校野球

 野球選手は時には道の選択が必要になる時がある。熱戦が繰り広げられている高校野球でも、3年生は夏の大会で敗れた時に、さて次はどうするか、という事になる。その時に、自分の実力をどの程度自分で理解できているかがわかれば、進路の決定は迷いにくくなるだろう。

プロ野球選手でも

 プロ野球選手は、大体の選手は1年毎に契約をしている。毎年かなり多くの選手が球団を去り、プロ野球界を去っていくシビアな世界だ。戦力外の通告が行われたら、その時点で様々なその先のことを考え選択しなければならない。

 元プロ野球選手の日野茂氏は、選手の頃から自分の実力を理解していた。選手時代の日野氏は、常にレギュラーを務めるような選手ではなかった。その時に日野氏は「1軍の試合に出られるように、今、自分がチームの何番目にいるのかを考えていた」という。1軍出場枠に入っているのか、自分の実力を順位づけを常に行い、順位の上にいる選手に対し、守備の特徴で上回れるように努力をしていた。

 しかし選手として引退の事も考えていた。その時のために自分はどうやったら野球を続けていけるのかを考え、日野氏は指導者としての技術を身に着け、言葉を身に着けてゆき、西武や横浜ベイスターズなどでコーチや2軍監督を長い間務めた。

 自分の実力をきちんと評価できる選手は、「その時」の判断も、そしてそれ以降の準備もできる。日野氏は、自分の実力を把握する事の大切さを話す。

 

自分の実力を把握すること

 ただし、自分の実力を正しく把握するという事は、非常に難しい。指導者から欠点を指摘されたら、自信を無くして自分の実力を必要以上に低く見てしまうかもしれない。または、新聞に載ったり、プロのスカウトが見に来たなんてことがあれば、自分の実力を高く見てしまうだろう。

 自分で思う実力、または指導者だったり周りの人が思っている実力、まずはそれを聞くことも大切だろう。ただし、どの程度、自分の意見を優先させるのか、他人の意見を尊重すればいいのかなんてわからない。

 これはやはり日頃からの訓練になりそうだ。チームで他の選手と自分を比較したり他の選手同士を比較してみたりして、試合などで結果を見てみて、力を評価するセンスを磨いていく事が必要になるだろう。

 準備しておけば、試合に敗れこれから野球を続けるのか、大学に進むのか、プロ志望をするのかの判断もつきやすくなる。監督や家族の話を聞き、自分で把握している自分の実力を見て、結論を出す。迷わないことはないだろうが、納得のいく結論が出せるのではないだろうか。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典氏の高校野球への提言

8月が終わり、高校野球は新チームの戦いが始まっている。この夏も各地で、甲子園で多くの選手がプレーした

記事を読む

高校野球の応援曲のルーツ~第3回:プロレス~

高校野球応援特集、第3回です。  第1回は東京六大学がルーツのもの、第2回は甲子園常連校がルーツの

記事を読む

元西武の日野スカウト、甲子園に出場した投手について語る

 元西武でスカウトとして活躍した日野茂氏が、8月22日のテレビ朝日「週刊ニュースリーダー」で、甲子園

記事を読む

横浜高校の渡辺監督が勇退、約半世紀の監督人生

 横浜高校の渡辺監督が今年限りで勇退するという報道がされた。70歳、昨年、同校の小倉部長が勇退したが

記事を読む

あさって開幕、選抜高校野球大会の注目ポイント

 いよいよ明後日、日曜日に開幕を迎えた選抜高校野球大会、大会が始まると「いよいよ今年も野球シーズン到

記事を読む

選抜高校野球、注目候補の活躍はあまり見られず

 選抜高校野球大会の1回戦が、最後の登場となる東海大四vs豊橋工の試合ですべて終わった。出場32校す

記事を読む

高校野球選手の発言と時代

 高校野球の熱戦が続き、また多くの高校が敗れている。注目された高校野球選手は新聞記者のインタビューを

記事を読む

この季節の高校野球、チームの形ができる時

 4月、5月のこの季節は、大学では春季リーグ戦が開催され、また高校野球も選抜高校野球大会の熱気も冷め

記事を読む

創志学園・高田萌生投手と、敦賀気比・山崎颯一郎投手を、元プロスカウトが評価

センバツ大会の智弁学園と高松商の大熱戦となった決勝戦から、早いもので1ヶ月が経った。高校野球は各地の

記事を読む

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑