*

大学で野球を続けるということ

公開日: : 大学野球

 夏の高校野球の日程が各地で進んでいる。甲子園開幕に向け、甲子園決勝に向け、全国4000校、10万人以上の選手がプレーをする。しかし1日に勝者と同じ数の敗者が生まれ、そして3年生にとって負けは高校野球の終わりを意味する。

野球部を作る

 全国の予選大会が終わった段階で、勝ち残っているのは49校のみ、そして最後まで勝ち残るのは1校のみ。それまでに多くのチームが敗れ、3年生は約2年半の高校野球との別れに涙をする。

 そして野球を一生懸命続けてきた選手にとっては、将来を考える事になる。野球を続けたいという選手もいるだろうが、部活での野球はこれで最後という選手の方が多いだろう。大学、社会人で野球をするのは、なかなか大変なものだ。

 それでも野球を続けたいという選手にとっては、高校生にはまだ多くの選択肢が残る。門のせまさや広さはあるものの、大学や社会人という道もあれば、独立リーグや専門学校などで野球を続けられる。

 大学だって強豪の名門大学でなくてもいい。先日、ZEROベースボールアカデミーでは、ある大学の選手たちがプロ野球選手の指導を受けに来ていた。その大学はなんとまだ硬式野球部が無く、「野球部をつくりたい」ということで動いているようだ。

 野球をする環境を自分たちの手で作り、それを後輩に残していく。素晴らしい事だと思った。各大学の硬式野球部のページを見ると、10数人の野球部員とマネジャーが笑顔で映る集合写真が載っていたりと、野球を真剣に、でも楽しんでいる選手の姿が見られる。そしてもちろんリーグ戦に参加し、2部や3部だったりするものの、成績は公式記録として残っていく。

 プロのスカウトが実に来たりという事は少なく、おそらく夢だったプロ入りというものからは遠い環境にあるだろう。でも、野球部を作ったり、野球部でプレーし成績を記録として残して後輩につないでいく。素晴らしい野球選手が全国にはたくさんいる!

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

東都で優勝した専修大学、まだ狼煙を上げただけに過ぎない

 東都大学リーグは専修大が26年ぶりの優勝を飾った。前回優勝時に6勝を挙げてMVPを獲得した岡林洋一

記事を読む

【ドラフト会議特集6】京大生、田中英祐投手はプロで活躍できるか

 今年のドラフト会議で話題となりそうなのが、京都大の田中英祐投手だろう。身長は180cmまでいかない

記事を読む

大ブレーク、創価大・田中正義投手

 侍ジャパン大学代表とプロ野球(NPB)の若手選手が対戦したユニバーシアード壮行試合、創価大の田中正

記事を読む

挫折もありの野球人生

 野球人生は、平たんな道ではないようだ。少年野球、高校、大学、社会人、そして独立リーグ、プロ野球、メ

記事を読む

駒澤大の2軍降格についてOBの石毛宏典氏が語る

東都大学リーグの1部2部入れ替え戦で、1部6位の駒澤大は、2部1位の東洋大に1勝2敗と負け越し2部降

記事を読む

大学野球に危惧、石毛宏典氏が語る

ドラフト会議のシーズンが近づいてくる。高校野球の選手はテレビ中継などもあり、また青春のドラマとして注

記事を読む

さよなら、僕の野球!大学野球選手権と野球からの卒業

 5月、大学野球の春季リーグ戦が終わり、大学野球の春のクライマックスである大学野球選手権が行われてい

記事を読む

京都大学の勝ち点への道のり

関西学生野球リーグの京都大学が5月7日の同志社大戦で勝利し、23季ぶりの勝ち点を挙げた。この勝ち点の

記事を読む

創価大・田中正義投手を元プロスカウトが評価、高校生の時に獲れなかった理由

 大学野球選手権で大きな話題となったのは、創価大学の2年生・田中正義投手だった。球速が出にくいといわ

記事を読む

東京大の勝利は近い

 日曜日の東京六大学、慶応大vs東大の試合は10-4で慶応大が勝利し、東大がリーグの連敗記録を78へ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑