*

高校野球は変わるのか?

公開日: : 高校野球

 高校野球の熱戦が各地で繰り広げられている。その中で、いくつかのチーム名が連なる連合チームや、他の部活や野球経験者を呼んで大会に参加するチームの話題も目立つ。高校野球は変わり目を迎えている。

2015年の高校野球

 2015年度の高校野球部員数が発表されている。当サイトでは高校野球部員数を追いかけているが、昨年は初の17万人越えとなった。高校球児が増加し初の17万人越え、その背景は? 

 しかし、今年は168,000人台に減少、部活継続率は89.7%と過去最高を記録し、各高校の努力もあって途中で辞める部員は少なくなっているようだ。しかし、1年生部員数が昨年よりも2600人ほど減少し、これが影響して昨年より2000人ほど部員数が減った。

 また野球部を持つ加盟校数も10年連続で減少となり、4021校となっている。

 部員数の足りないチームも増えているようで、連合チームや助っ人を呼んで大会に参加している。

 

大きなマイナスは無いものの

 現在の日本の野球界は、プロ野球選手も他のスポーツより高額な収入を得られ、各球団とも高い人気を維持している。メジャーリーグへの移籍もしやすくなり、大学や社会人チームも野球に力を入れるチームが大幅に減ったという事はない。侍ジャパンの活動も本格化している。

 また高校野球の人気も高く、地方大会は観客が満員となる所もあり、NHKだって変わらず夏の長い期間を高校野球中継に充てる。

 しかし、日本は少子化が進んでいる。部活や活動の多様化という事もあるが、人数がそろわないと試合をすることができない団体競技は、部員をそろえることが難しくなっていると思われる。

 

高校野球は大きく変わるか

 野球は練習が厳しいとか、根性論が強いといった印象もあるものの、練習が厳しいのは他の部活だって同じ。根性論は今は通用しない事は指導者も理解し、指導方法を変えてきている。

 少年野球の組織はしっかりとし始めているし、野球を教える人、また親の熱意は変わらない。それを見ていると高校野球も含めて野球が大きく変わる事はないと思える。ただし、練習や試合の機会を求めて名門チームに選手が集まっていく流れはますます大きくなりそうだ。また、多くの選手を競争させてという方針から、少ない選手を育ててという流れも増えていくだろう。

 今年は愛知県の189校が最多となる。神奈川県は186校となった。参加校や部員数の数字を見ると寂しさや不安を感じる事もあるが、それほど大きく変わらない期間が続くとみられる。ただし、減少は止めなければいつの日か突然ガクンといくかもしれない。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

怪物達が輝く甲子園であり続けて!

 昨夏の覇者・前橋育英の高橋光成投手が、昨春の優勝チーム・浦和学院の小島和哉投手が、準優勝・済美高校

記事を読む

意外性を見せたセンバツ出場校の選考

センバツ高校野球大会の出場32校が発表された。選出には意外と感じられる部分も見られた。 意外な選考

記事を読む

高校野球の応援曲のルーツ~第3回:プロレス~

高校野球応援特集、第3回です。  第1回は東京六大学がルーツのもの、第2回は甲子園常連校がルーツの

記事を読む

元プロスカウトに、済美高・安楽智大投手を評価してもらう

 2013年の選抜高校野球大会で準優勝し、その夏の愛媛県大会で最速157キロを記録した済美高校・安楽

記事を読む

高校野球の応援曲のルーツ~第2回:甲子園常連高校~

 高校野球の応援特集、第1回では東京六大学由来の応援歌を紹介しましたが、第2回は甲子園常連校由来の応

記事を読む

野球キャンプイン

野球による進学の季節、高校の部活体験、大学のセレクション

 甲子園では夏の高校野球に向けて、出場校の選手が練習に取り組んでいる。そして、夏の大会で敗れ去った選

記事を読む

難航しそうな今年のセンバツ高校野球出場校の選考

センバツ出場校の発表が明日、1月29日に迫った。例年、選考が難航する地区があるが、今年は特に難航しそ

記事を読む

選抜高校野球、注目候補の活躍はあまり見られず

 選抜高校野球大会の1回戦が、最後の登場となる東海大四vs豊橋工の試合ですべて終わった。出場32校す

記事を読む

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

センバツで躍動するか、期待の大型遊撃手たち

センバツ高校野球大会の組み合わせ抽選が、今週の金曜日に迫った。左腕投手に注目が集まる中で、大型遊撃手

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑