*

大ブレーク、創価大・田中正義投手

公開日: : 大学野球

 侍ジャパン大学代表とプロ野球(NPB)の若手選手が対戦したユニバーシアード壮行試合、創価大の田中正義投手がプロを相手に4回パーフェクト8奪三振で世間をアッと言わせた。

怪物は突然現れる

 これだけのピッチングをする投手だが、高校時代に甲子園で活躍したり、プロが獲得を目指しながらも拒否して大学に進んだわけではない。田中投手は高校1年時は投手としてエース格として登板しているが、肩を痛めその後は外野手としてプレーしている。野手としても15本のホームランを放つなどプロ野球スカウトから注目されていた。

 詳しくは創価大・田中正義投手を元プロスカウトが評価、高校生の時に獲れなかった理由 に掲載しています。

 元プロスカウトの日野氏も高校時代の田中投手のフォームを見て、「このフォームで肩をケガしたと聞くと、故障を恐れてスカウトは獲得を尻込みしたかもしれない。」と話しました。その評価や現在の評価なども上記の記事に載せています。

 このように高校時代はケガにより、その投手としての才能を隠したまま大学に進学していたのが、田中正義投手でした。

 

まだ課題も

 創価大は東京新大学リーグで、東京を中心としたリーグですが、東京六大学や東都に比べるとマイナーなリーグです。しかし、参加している大学は、元広島の名将・古葉監督が率いる東京国際大であったり、155km/hを記録し大学野球選手権では勝利後に「将来は公務員に」と発言して話題となった流通経済大の生田目翼投手などがおり、レベルの高いリーグである。

 その中で創価大は常に強さを発揮し、東京ヤクルトで1年目からエースとなった小川泰弘投手や、今年の横浜DeNAのルーキーで、ショートで好守備を見せる倉本寿彦選手など、多くのプロ野球選手も輩出しています。

 リーグ戦で田中正義投手は、もちろんあの球を投げていれば打たれないのですが、試合によって好不調が激しく、乗っていない球を投げる試合もあります。また、守備でも課題を見せるなど、まだ投手としての経験が問われる所もあるようです。しかし、プロでもあれだけの直球を投げる投手は少なく、大谷翔平、藤浪晋太郎世代で二人と肩を並べると評され、それだけで十分という感じもします。

 この壮行試合でスポーツ紙も複数紙が1面で取り上げ、ニュースなどでも話題となり、田中正義投手の名は全国区となりました。将来はメジャーリーガーをを目指す田中投手、これからどんな結果を残しどんな評価を得てどんな進路を歩むのか、非常に注目される選手です。

関連記事

東京大の勝利は近い

 日曜日の東京六大学、慶応大vs東大の試合は10-4で慶応大が勝利し、東大がリーグの連敗記録を78へ

記事を読む

【大学野球選手権特集】仙台大・熊原健人投手を元プロスカウトが評価する

 大学野球選手権が始まりました。大会前に巨人がスカウト会議を開き、富士大の多和田真三郎投手と共に、仙

記事を読む

野球キャンプイン

大学で野球を続けるということ

 夏の高校野球の日程が各地で進んでいる。甲子園開幕に向け、甲子園決勝に向け、全国4000校、10万人

記事を読む

東都で優勝した専修大学、まだ狼煙を上げただけに過ぎない

 東都大学リーグは専修大が26年ぶりの優勝を飾った。前回優勝時に6勝を挙げてMVPを獲得した岡林洋一

記事を読む

さらにすそ野が広がる大学野球

日本の野球界は、高校野球は高校野球連盟の調査によると平成27年度には4021校、168,898人の部

記事を読む

今度は大学生、社会人の季節

センバツ高校野球が盛り上がりの中で幕を閉じた。そしていよいよ週末に、一部の大学リーグ戦がスタートする

記事を読む

創価大・田中正義投手を元プロスカウトが評価、高校生の時に獲れなかった理由

 大学野球選手権で大きな話題となったのは、創価大学の2年生・田中正義投手だった。球速が出にくいといわ

記事を読む

この季節の大学野球、それぞれの進路へ

 4月、5月のこの季節は、高校、大学、社会人の各種大会やリーグ戦が開催されています。大学野球にとって

記事を読む

新・慶応義塾大野球部が始動、全国大会で優勝するために

 慶応義塾大は大学野球の雄である。早稲田大とともに日本の野球の発展を担ってきた。東京六大学でも今年春

記事を読む

挫折もありの野球人生

 野球人生は、平たんな道ではないようだ。少年野球、高校、大学、社会人、そして独立リーグ、プロ野球、メ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑