*

スカウトの目は様々なものに影響される

公開日: : スカウト活動

 元プロ野球スカウトの日野茂氏は、選手時代は内野手としてプレーしていた。プロ野球のコーチ時代も守備などをベースに野手を育ててきている。しかし、ある年にドラフト上位で入ってきた投手をキャンプ最初のブルペンで見た所、愕然としたという。

一目見て「通用しない」

 その投手は大型の左腕投手で、大学野球界では得意のチェンジアップやカーブで三振を奪い、安定したピッチングが評価されていた。何より貴重な長身左腕投手という事で、当時の報道でも大学屈指の左腕投手として報道されており、当時は数人は自由に契約ができる制度でその選手を獲得した。

 そして翌年、キャンプに入ると、新人となったその投手がブルペンに入る。そして投げた変化球を見て日野氏は、「この変化球は使えないよ?」と担当したスカウトに話したという。即戦力として期待された投手だったが、その後、1軍で目立った活躍は見られなかった。大型左腕という事もあり、また高く評価されてプロ入りした投手だったので、他球団に移るなどしてある程度の年数はプレーしたものの、結局活躍は見せられなかった。

 

スカウトの目

 スカウトの目というのは、いろいろなものに騙される可能性がある。例えば見た試合が好試合で盛り上がった試合だったりそうでなかったり、スカウトの周りで話をする観客や他球団のスカウトの声が聞こえてきたり、または新聞などの報道の情報であったり、または自分の思い入れというものもある。

 特に、周りからの情報には影響される。もちろん自分の目に自信をもってスカウティングをしているのだが、当然人間である。他球団のスカウトが球場で話をしていたり、新聞紙上でコメントをしていた内容に影響されることも少なからずある。日野氏は(今回紹介した選手とは別の)ある選手を獲得したスカウトを、他球団のスカウトが影で笑っていた、という話をしてくれた。スカウト同士もよく顔を合わせて知った仲ではあるが、そこは仕事であり球団の利益を考える。わざと選手を高く評価して他球団のスカウトに伝えてみたりという事もあるという。

 またもう一つは思い入れについて。例えばある投手を見る時、自分と同じタイプの投手だったり、同じタイプで無くても投手出身のスカウトは、投手の目線で選手を見る事になる。しかし野手出身のスカウトは、バッターとして対戦した時に「この変化球は見れる」といった形で見ていくという。今回のケースでも日野氏はバッターの目線で、その投手の変化球が通用しないことを、1年目のキャンプの初ブルペンで判断していた。

 最近では各球団とも複数のスカウトが一人の選手をチェックする体制(クロスチェック)が定着してきたが、ドラフト上位候補を自由に獲得できる制度だった時は、その選手に近かったり信頼の高かったスカウトに任せる事も多かったのだろう。スカウティングよりも評価の高い選手をいかに獲得するかに力が入れられていたといえる。その制度の元ではそれも仕方なかったかもしれないのだが、その選手にとっては良い事だったのだろうか。

 話がそれたが、まずスカウトは情報を遮断して自分の目を信じる事が必要で、また一人のスカウトでなく投手出身、野手出身といった様々なタイプのスカウトが多様な視点で選手を見ることがスカウティングの鍵となる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

スカウトの神様は野球マニアだった、時代で変わるスカウトの評価

 プロ野球のスカウトがすごいと思うのはスカウトは誰なのだろう?元西武ライオンズでスカウトをしていた日

記事を読む

背の低い選手に注目する

 野球はバレーボールやバスケットのように身長が高い必要はない。サッカーに比べても頭上のプレーが多いわ

記事を読む

プロの目から見たアマチュア選手のプレーと指導

 第1回プロ野球スカウト講座が7月4日に行われた。元西武スカウトであり、横浜ベイスターズの2軍監督や

記事を読む

【ドラフト会議特集1】ドラフト会議までに何を決めておくのか?スカウト会議で行う事

 いよいよドラフト会議まであと1か月となりました。今年は「確実にドラフト1位で行ける」と言える選手が

記事を読む

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

ドラフトの注目遊撃手、中京学院大・吉川尚輝選手を元スカウトが分析する

今年のドラフト会議で、注目されている大学生がいる。中京学院大の吉川尚輝選手は、プロのスカウトがドラフ

記事を読む

2015年のドラフト候補は?元西武スカウト、日野茂氏の評価

10月22日のドラフト会議まで、あと1週間近くとなった。この1年間、元西武スカウトの日野茂氏とチェッ

記事を読む

ドラフト下位指名選手の活躍、スカウトの喜び

 昨日の中日と横浜DeNAの試合で、中日のドラフト7位ルーキー・遠藤一星選手が勝ち越しのヒットを放ち

記事を読む

2015年ドラフトを元西武スカウト・日野茂氏に聞く

2015年のドラフト会議から1ヶ月が経ち、球団では入団発表が行われている。今年のドラフト会議の指名の

記事を読む

本命なきドラフト会議とスカウトの苦心

 昨年のドラフト会議は高校生ならば松井裕樹投手、大学生ならば大瀬良大地投手、社会人ならば吉田一将投手

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑