*

守備の良くない投手はどのように評価されるのか

公開日: : スカウト活動

 投手の評価、もちろん打者に対する投球のすばらしさが最も評価される点だが、ドラフト会議で指名された投手に対するスカウトや評論家の評価を見ると、守備のうまさ、牽制の巧みさについても記載されている選手がいる。

投手の守備の評価は?

 守備の良い投手というと、思い浮かぶのは桑田真澄投手だが、桑田投手は野手としても評価されていた程の守備力の良さを誇っていた。しかしドラフト会議では早稲田大に進学したものの巨人が単独1位指名したことで、その話題が大きくなりスカウトの評価どころではなかったが、球速、コントロールのほかに、フィールディングも評価されていたのは間違いない。

 今年の候補では、仙台大の熊原健人投手が、大学野球選手権でも打球処理に苦労し、失点につながったケースもあった。また、来年のドラフト注目候補、創価大の田中正義投手についても、牽制やバント処理の課題を相手に突かれる事もあるという。

 プロ野球では、牽制から崩されたり、守備から崩されたりという事もある。プロのスカウトも当然、そのあたりはチェックをしているが、守備や牽制というものは、どの程度評価に影響してくるものなのでしょうか?

 

相手はバッター

 元西武スカウトで、また横浜ベイスターズの2軍監督も務めた日野茂氏は、投手の守備の評価について、「投手の場合、相手はバッターなので、評価の中心はそれがほとんど」と話し、守備や牽制に課題があって指名を避けるかの問いには、「それは無かった」と話す。投手の場合はやはり投球の評価で評価が決まると言って良い。

 では投手の守備について聞くと、「小さい頃から教わっていないことが原因」「投手の守備というのはやる気があればできるようになる」と話す。従ってプロ野球に入ってからでも守備は鍛えられるという事だった。

 ただし、「精神的な強さが必要」という事を日野氏は話す。プロに入ればそういう投手は、守備や牽制でエラーをしたりと屈辱的なプレーをしてしまう事は少なからずある。その時にファンなどからは叩かれたりという事にもなるだろう。しかしそこで、そのプレーを引きずらずに、課題を取り組む力に向けられるかどうかのようだ。

 それでも投手の守備力や牽制のうまさは、評価に対する影響はそれほど大きくないにしても、投球で同じ力だったとすれば、守備や牽制のうまい選手が選ばれることになる。それは忘れないで、投球に、守備に牽制に全力で取り組んでほしいと思います。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

野球選手、野手の評価が難しい理由

以前、選抜高校野球大会に出場する田島大樹選手を元スカウトの日野氏に評価をしてもらいましたが、Yout

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

広島経済大・尾仲祐哉投手にみる選手の努力と可能性

広島経済大の尾仲祐哉投手は172cm70kgの右腕投手、現在は最速で150キロを投げるが、大学入学時

記事を読む

ドラフトの注目遊撃手、中京学院大・吉川尚輝選手を元スカウトが分析する

今年のドラフト会議で、注目されている大学生がいる。中京学院大の吉川尚輝選手は、プロのスカウトがドラフ

記事を読む

なぜこの選手を獲得できなかったのか?嘉陽宗一郎投手

昨日、東都大学リーグの亜細亜大と駒沢大の対戦が行われ、亜細亜大学が勝利した。勝利投手になったのは、今

記事を読む

ドラフト下位指名選手の活躍、スカウトの喜び

 昨日の中日と横浜DeNAの試合で、中日のドラフト7位ルーキー・遠藤一星選手が勝ち越しのヒットを放ち

記事を読む

スマホやAIの進化で、スカウト活動は変わっていくのか?

プロ野球のキャンプの終盤戦に入り、練習試合やオープン戦を中心に回り始めるようになる。キャンプに参加し

記事を読む

【ドラフト会議特集1】ドラフト会議までに何を決めておくのか?スカウト会議で行う事

 いよいよドラフト会議まであと1か月となりました。今年は「確実にドラフト1位で行ける」と言える選手が

記事を読む

田中正義になれるか、成長を期待したい4投手を元プロスカウトが評価

今年のドラフト会議の超目玉として、早くも一挙手一投足に注目が集まっている創価大・田中正義投手。12球

記事を読む

本命なきドラフト会議とスカウトの苦心

 昨年のドラフト会議は高校生ならば松井裕樹投手、大学生ならば大瀬良大地投手、社会人ならば吉田一将投手

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑