*

選手の故障の昨今

公開日: : プロ野球

 左前腕外側部橈側手根伸筋損傷、右膝蓋靱帯炎、右前距腓靱帯損傷、現在のプロ野球選手は、病名も正確に、細かい個所まで説明されるようになった。故障の今と昔について、元プロ野球選手に話を伺いました。

昔は個人が判断

 中日などでプレーをしていた日野茂さんは、「自分たちの現役時代には、個人で判断をしていた」と話す。現在でも選手に、痛いところがあったらトレーニングコーチなどに報告をするように言っているが、はっきり言ってプロ野球戦選手で、痛いところが無い選手のほうが少ないのではないだろうか。

 そして申告をすると、チームドクターから前述のような長い名前の病名の診断を受け、病名を聞くと怖くなり、「力が入らなくなってしまう」という。

 日野さんが現役の頃などは、痛いところはあるが、「自分が出られると判断すれば試合に出ていた」と話す。特にチームの主力選手は、痛いところがあっても毎試合試合に出ていたと日野氏は話す。それは「チームへの責任感」が強かったという事もあるし、「レギュラーを渡したくない」という気持ちが強かったようだ。

 なので、現在ならば「疲労骨折」と診断される状態でも、主力選手は試合に出ていたという。

 注意したいのは、それがすべて正しいという事ではないということ。それでも、故障に対して自分で向き合い、どんな故障であっても、自分の責任として認識していた。

 

トレーナー、チームドクターに責任も

 現在においては、チームのトレーナーやチームドクターの役割が大きくなってきているようだ。選手は故障を申告し、トレーナーやドクターが状態を判断して、「全治○○」という形で復帰までの日数を首脳陣に報告する。

 首脳陣もそれを聞き、その選手が復帰するまでの戦い方を考える。しかし、いつまでにと言っていた日付けを過ぎてもその選手が復帰できないと計画が狂い、トレーナーに「まだ戻ってこないじゃないか」と問う事になる。

 そうなるとトレーナーやドクターも、全治までやや長めの日数で報告をする傾向が強くなってくる。それは仕方のない事なのだが、トレーナーやチームドクターも、チームの状況を左右する一員として役割が大きくなっている。

 

故障はチャンスでもある

 もちろん故障することは良くない。下手をすれば、野球ができなくなってしまうかもしれないし、日常生活に影響の残る事もある。それでも、故障をするという事は、「自分に何か欠点がある」と考えるチャンスだと、日野さんは話す。

 フォームが悪かったり、身体の柔らかさや力が足りなかったり、「故障をして休んだら、また同じ事をしないように考える事が大切」と日野さんは話します。故障は、自らのプレーやフォームを良いものに変えて、生まれ変われるチャンスだと考えられます。

 故障をしても前向きに、時間を有効に使って野球に取り組めれば、息の長い選手になっていく事になるでしょう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

横浜DeNA・白崎浩之選手の4月23日のプレーを検証する

もう2週間前になるが、4月23日の巨人戦で2年目のショート・白崎浩之選手が3失策、初回にはファースト

記事を読む

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確

記事を読む

FA移籍について、石毛宏典氏に聞く

今年はFAの移籍の話題が比較的目立った。埼玉西武のエースだった岸孝之投手が東北楽天に移籍、オリックス

記事を読む

今永昇太投手、上原健太投手、岡田明丈投手を石毛宏典、元プロスカウト・日野茂が斬る

今日はドラフト1位候補に名前のあがる駒澤大・今永昇太投手と、明治大の上原健太投手、大商大の岡田明丈投

記事を読む

レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで選手を競わせて選手を育てるとい

記事を読む

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャプテンだった石毛宏典氏も待ち望

記事を読む

プロ野球のエースのすごさ!

 プロ野球、先発ローテーションとして活躍する投手の中で、エースと呼ばれる投手が各チームに存在します。

記事を読む

2015ドラフトを振り返る

2015年のドラフト会議が終わりました。当サイトで取り上げた選手も指名をされていますが、まずは今年の

記事を読む

松井裕樹投手とコーチの指導

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:セリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はセリーグ編。

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑