*

選手の故障の昨今

公開日: : プロ野球

 左前腕外側部橈側手根伸筋損傷、右膝蓋靱帯炎、右前距腓靱帯損傷、現在のプロ野球選手は、病名も正確に、細かい個所まで説明されるようになった。故障の今と昔について、元プロ野球選手に話を伺いました。

昔は個人が判断

 中日などでプレーをしていた日野茂さんは、「自分たちの現役時代には、個人で判断をしていた」と話す。現在でも選手に、痛いところがあったらトレーニングコーチなどに報告をするように言っているが、はっきり言ってプロ野球戦選手で、痛いところが無い選手のほうが少ないのではないだろうか。

 そして申告をすると、チームドクターから前述のような長い名前の病名の診断を受け、病名を聞くと怖くなり、「力が入らなくなってしまう」という。

 日野さんが現役の頃などは、痛いところはあるが、「自分が出られると判断すれば試合に出ていた」と話す。特にチームの主力選手は、痛いところがあっても毎試合試合に出ていたと日野氏は話す。それは「チームへの責任感」が強かったという事もあるし、「レギュラーを渡したくない」という気持ちが強かったようだ。

 なので、現在ならば「疲労骨折」と診断される状態でも、主力選手は試合に出ていたという。

 注意したいのは、それがすべて正しいという事ではないということ。それでも、故障に対して自分で向き合い、どんな故障であっても、自分の責任として認識していた。

 

トレーナー、チームドクターに責任も

 現在においては、チームのトレーナーやチームドクターの役割が大きくなってきているようだ。選手は故障を申告し、トレーナーやドクターが状態を判断して、「全治○○」という形で復帰までの日数を首脳陣に報告する。

 首脳陣もそれを聞き、その選手が復帰するまでの戦い方を考える。しかし、いつまでにと言っていた日付けを過ぎてもその選手が復帰できないと計画が狂い、トレーナーに「まだ戻ってこないじゃないか」と問う事になる。

 そうなるとトレーナーやドクターも、全治までやや長めの日数で報告をする傾向が強くなってくる。それは仕方のない事なのだが、トレーナーやチームドクターも、チームの状況を左右する一員として役割が大きくなっている。

 

故障はチャンスでもある

 もちろん故障することは良くない。下手をすれば、野球ができなくなってしまうかもしれないし、日常生活に影響の残る事もある。それでも、故障をするという事は、「自分に何か欠点がある」と考えるチャンスだと、日野さんは話す。

 フォームが悪かったり、身体の柔らかさや力が足りなかったり、「故障をして休んだら、また同じ事をしないように考える事が大切」と日野さんは話します。故障は、自らのプレーやフォームを良いものに変えて、生まれ変われるチャンスだと考えられます。

 故障をしても前向きに、時間を有効に使って野球に取り組めれば、息の長い選手になっていく事になるでしょう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む

東京オリンピック、野球の実施の課題~その1~

 2020年の東京オリンピックで野球、ソフトボールの実施の可能性が徐々に高まってきた。オリンピックに

記事を読む

プロ野球選手とセカンドキャリア

日本プロ野球機構(NPB)は、現役プロ野球選手による「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を公

記事を読む

【ドラフト会議特集10】ドラフト会議、各球団の抽選の勝率は?

 今年のドラフト会議でも1位指名で1人の選手に複数の球団が指名する可能性が高いとみられています。そこ

記事を読む

野球の魅力 ~体型に関係なくいろんな才能に活躍を与える球技~

 野球の魅力について1回目では、団体競技でありながら、個人vs個人が注目されるスポーツということを紹

記事を読む

今年のドラフトは豊作か?

プロ野球キャンプでは昨年のドラフト会議で指名されたルーキー選手、特にドラフト1位で指名された選手が、

記事を読む

ドラフト注目選手を、石毛宏典氏、日野茂氏が斬る 第1回「オコエ瑠偉選手・関東第一」

 プロ野球ドラフト会議が10月22日に迫ってきた。様々なメディアで注目選手が取り上げられているが、元

記事を読む

【ドラフト会議特集2】ドラフト会議を待つ選手の心境、王道のドラフト候補・上田浩明の場合

 ドラフト会議を待つ選手にとっては、10月23日のドラフト会議に向けてそわそわしたような時期が続くよ

記事を読む

一流選手が名指導者になるために

 プロ野球ではよく、「選手として一流だった人は名指導者にはなれない」と言われることがあります。もちろ

記事を読む

器用な選手じゃないから続けられた野球人生、石井一久投手、里崎智也選手の引退

 昨日、埼玉西武で昨年まで22年間プレーをした石井一久投手の引退セレモニーが行われた。石井投手は千葉

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑