*

選手の故障の昨今

公開日: : プロ野球

 左前腕外側部橈側手根伸筋損傷、右膝蓋靱帯炎、右前距腓靱帯損傷、現在のプロ野球選手は、病名も正確に、細かい個所まで説明されるようになった。故障の今と昔について、元プロ野球選手に話を伺いました。

昔は個人が判断

 中日などでプレーをしていた日野茂さんは、「自分たちの現役時代には、個人で判断をしていた」と話す。現在でも選手に、痛いところがあったらトレーニングコーチなどに報告をするように言っているが、はっきり言ってプロ野球戦選手で、痛いところが無い選手のほうが少ないのではないだろうか。

 そして申告をすると、チームドクターから前述のような長い名前の病名の診断を受け、病名を聞くと怖くなり、「力が入らなくなってしまう」という。

 日野さんが現役の頃などは、痛いところはあるが、「自分が出られると判断すれば試合に出ていた」と話す。特にチームの主力選手は、痛いところがあっても毎試合試合に出ていたと日野氏は話す。それは「チームへの責任感」が強かったという事もあるし、「レギュラーを渡したくない」という気持ちが強かったようだ。

 なので、現在ならば「疲労骨折」と診断される状態でも、主力選手は試合に出ていたという。

 注意したいのは、それがすべて正しいという事ではないということ。それでも、故障に対して自分で向き合い、どんな故障であっても、自分の責任として認識していた。

 

トレーナー、チームドクターに責任も

 現在においては、チームのトレーナーやチームドクターの役割が大きくなってきているようだ。選手は故障を申告し、トレーナーやドクターが状態を判断して、「全治○○」という形で復帰までの日数を首脳陣に報告する。

 首脳陣もそれを聞き、その選手が復帰するまでの戦い方を考える。しかし、いつまでにと言っていた日付けを過ぎてもその選手が復帰できないと計画が狂い、トレーナーに「まだ戻ってこないじゃないか」と問う事になる。

 そうなるとトレーナーやドクターも、全治までやや長めの日数で報告をする傾向が強くなってくる。それは仕方のない事なのだが、トレーナーやチームドクターも、チームの状況を左右する一員として役割が大きくなっている。

 

故障はチャンスでもある

 もちろん故障することは良くない。下手をすれば、野球ができなくなってしまうかもしれないし、日常生活に影響の残る事もある。それでも、故障をするという事は、「自分に何か欠点がある」と考えるチャンスだと、日野さんは話す。

 フォームが悪かったり、身体の柔らかさや力が足りなかったり、「故障をして休んだら、また同じ事をしないように考える事が大切」と日野さんは話します。故障は、自らのプレーやフォームを良いものに変えて、生まれ変われるチャンスだと考えられます。

 故障をしても前向きに、時間を有効に使って野球に取り組めれば、息の長い選手になっていく事になるでしょう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球キャンプイン

プロ野球の秋季キャンプはなぜ地獄なのか

プロ野球は既に秋季キャンプが始まっている。長いシーズンの戦いを終えたプロ野球選手が、「地獄」と称され

記事を読む

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~パリーグ編~

 プロ野球が開幕して対戦相手が一巡し、自軍のチーム戦力やチーム状態、そして相手の戦力の手応えを感じて

記事を読む

今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に代わり、選手起用の面や戦い方に

記事を読む

松井裕樹投手とコーチの指導

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合

記事を読む

左打者には左投手?確実性を上げるために逆方向を狙う?野球の常識とは

日本の野球で常識と考えられている事について、元西武ライオンズの石毛宏典氏に聞いた。 夏の甲子園で北

記事を読む

セ・パ交流戦が始まる!

明日、5月20日からセ・パ交流戦が始まる。2005年から始まった交流戦は今年で10年を迎える記念すべ

記事を読む

【ドラフト会議特集9】ドラフト会議を10倍楽しくするためのテレビ番組

 10月23日に行われるドラフト会議まであと1週間を切った。今年のドラフト会議を楽しむためにも、今週

記事を読む

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

新春のスカウトの動き

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束

記事を読む

中畑清監督について、駒大の後輩・石毛宏典氏が語る

横浜DeNAの監督を4年間務めた中畑清監督が、前半は首位だったものの後半失速し、最下位に沈んだことを

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑