*

プロ野球と梅雨の季節

公開日: : プロ野球

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱しやすい季節でもある。

試合中止の時

 元プロ野球選手の日野茂さん、上田浩明さんに素朴な疑問を聞いてみた。「試合が雨天中止になった時は、選手は何をするのですか?」

 すると、日野氏さんも上田さんも笑って「ラッキーといって帰る」 と話します。

 基本的に試合中止はナイターであれば午後から夕方に決定されます。選手は昼頃には球場に入り、まずはいつもと同じように球場の屋内施設で練習を始めます。そして試合中止が決定されると、大方の選手は「ラッキー」と思って帰るそうです。

 ただし、「下手な選手と一流な選手は、球場に残って練習をしている」といいます。

 最近ではトレーニングの設備も充実しているので、毎日欠かさずに続けているトレーニングを行い、守備や打撃など、課題のある選手はそれの克服のために練習を行い、何とか次の試合までに調子を取り戻したいと思う事でしょう。

 

ペースを乱しやすい梅雨の季節

 好調だったチームは、梅雨の時期に試合中止をするたびにペースを崩す事があります。好調の選手がやる気満々で球場に来たのに、雨天中止になると気勢がそがれますし、休みという事で多少の気の緩みを持つこともあります。

 また暑くなって汗をかいたかと思うと夜は寒くて体調を崩したり、ジメジメした季節で食事でも気を遣わなければなりません。また、痛みを抱えていたり古傷を抱えている選手も多く、梅雨の季節はその故障の状態が悪くなることもあります。相手以外にも多くの敵がいる季節でもあります。

 最近はドーム球場も増え、エアコンなどの設備も充実しており、影響も徐々に減っているようですが、うまくこの季節を乗り切りたいものです。

 

 梅雨の季節は、大学生は全国大会の全日本大学野球選手権がありますが、基本的には雨も多くアマチュアの選手も夏に向けたトレーニングに季節になります。高校野球は夏の甲子園に、社会人は都市対抗に向けて、身体を整える季節、そして夏に最高のプレーを見せるのです。梅雨の時期を充実した時間に出来たチームが、夏に結果を残せるのでしょう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

育成ドラフト指名選手の支配下登録率はどのくらいか?

 2014年のドラフト会議は育成ドラフト会議で23人が指名されました。各球団の新入団選手発表でも紹介

記事を読む

野球の魅力 ~人vs人の世界~

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも

記事を読む

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を

記事を読む

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

野球のトレンドは小柄でも飛ばせる選手、投げられる選手に?

 プロ野球は、だいたい180cm80kgくらいの選手がプレーしていて、近くで見ると大きく感じるという

記事を読む

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況

記事を読む

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確

記事を読む

元プロ野球選手談話、「ロッカールームの歴史」

野球塾のZEROベースボールアカデミーには、日野茂顧問、清水宏悦校長(元大洋、西武)、上田浩明コーチ

記事を読む

プロ野球のチーム構成を考える

 1月末、いよいよキャンプインをする。プロ野球球団は大体この時点でチーム編成を終え、監督や首脳陣は今

記事を読む

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山選手などを中心に、かつての黄金

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑