*

大学野球はもっと発展できないか

公開日: : 大学野球

 大学野球選手権、神宮球場や東京ドームに足を運ぶと、以前に比べると人が増えた気もする。雨の多い季節の大会で、天候の影響を受けてきたが、近年は東京ドームと併用となったこともあるし、少しではあるが知名度も上がった気がする。

大学野球の入場者数

 それでもやはり、高校野球や都市対抗に比べると観客は少ない。高校野球の全国大会である2014年の夏の大会に約85万人が訪れ、15日の大会だとして、1日約6.3万人が足を運ぶ。社会人野球の全国大会である都市対抗は、入場者数や入場料収入といった情報が公表されていないが、約10年前の数字で12日間で40万人~50万人が訪れたようだ。少なくとも1日あたり、3.3万人が足を運ぶ。

 対して大学野球の全国大会である全日本大学野球選手権は、入場者数は公表されていないが、入場料収入を見ると約2800万円、チケットは内野、外野、前売りやファミリーなどバラバラだが、1人1000円とすると、28、000人となる。7日間の大会だと1日4000人程度となる。(実際にはもう少し入っている印象もあり、報道や関係者などが多いのかもしれない)。

 

地域と結びつく高校野球と大学野球

 高校野球については、甲子園の知名度は全国区であり、一般の人の入場者数も多いし、甲子園に出場すると、だいたい全校応援となる。また夏の大会の場合は、都道府県から代表が出場(北海道と東京は2つ)するため、都道府県対抗の意味合いもあり、地元のチームは気になったりする。

 また高校スポーツはドラマ性もあり、テレビの中継がされる。高校野球の甲子園大会は全試合をNHKが中継し、高校サッカーも日本テレビ系が多くの試合を放送する。

 社会人野球の都市対抗についても、会社に応援の動員がかかったりして、だいたいのチームの応援席は人が賑やかになる。また都市対抗という通り、チームのある市区町村が対抗するという形となるため、市区町村から市民が参加して応援合戦をしたりしている。

 大学野球はというと、地域との結びつきややや薄いように思える。また学生に愛好心が無いことは無いだろうが、基本的に「自由な場」である大学では、母校の応援よりは他にやる事も多く、動員がかかるような大学はほとんどない。野球だけでなく他のスポーツでもこのような感じで、大学サッカーなども素晴らしいプレーを見せるものの、高校サッカーほど知名度は高くない。

 開催時期も梅雨の時期であり何とかしたい所だが、大学生にとっては高校生以上に進路についてシビアで、就職活動の時期に大会を開くことは難しい。

 ただしマスメディアでは、高校野球は朝日新聞と毎日新聞、社会人野球の都市対抗は毎日新聞がついている。そして大学野球選手権は読売新聞が主催をしており、読売新聞やスポーツ報知の紙面にはかなりのスペースで記事が載っていたりもする。

 

地域と密着はできないか

 大学というのは、各地域にあるものの、学生は他の地域から来た人も多く、なかなか地域とは結びつかないのかもしれない。社会人野球の都市対抗のように都市(市区町村)を上にして社会貢献活動とすることも、学生野球である大学野球では難しいのかもしれない。それでもやはり、学生の間は大学の近くに学生は住むだろうし、4年間過ごした地域は愛着があるだろう。もっと地域とのつながりを大切にしてよいと思う。

 大学野球でも早慶戦は、一部の講義が休講となったりしてある程度の動員がかかり、早慶戦の知名度や、それぞれの大学のOBの人数も多く、神宮球場には大勢の観客が詰めかける。大学野球選手権でも大学の出身と見える観客の割合は多いように見える。

 

大学野球の発展

 大学野球のレベルは高い。プロ顔負けの球を投げる投手がいたり、打撃や守備でもハツラツとしたプレーを見せる。

 大学野球のドラマ性も高い。高校野球と同じく、大学野球にも4年間という期間の限りがあり、このチームで戦えるのもこれが最後という場面がある。また、高校野球同様に、子供の頃から続けてきた野球を辞める選手も多く、特に大学まで野球を続けた選手にとって「野球をするのもこれが最後」というのは、やはり感傷的になる。

 早慶戦のポスターが注目され神宮球場に大勢の観客が集まったように、現役やOBの愛好心を刺激したり、地域との密着を図ったりして工夫が必要だろう。

 開催時期だったり、大学という場での動員がかけられないなどの不利はあるが、大学野球はもっと発展できるはずだと思う。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

学生野球の怖さ

東都大学野球リーグは亜細亜大が8勝2敗で優勝を勝ち取った。開幕2連敗からの逆転での優勝だった。学生野

記事を読む

駒澤大の2軍降格についてOBの石毛宏典氏が語る

東都大学リーグの1部2部入れ替え戦で、1部6位の駒澤大は、2部1位の東洋大に1勝2敗と負け越し2部降

記事を読む

早慶戦が他の試合と違う点

今日から東京六大学リーグでは早慶戦(慶早戦)が行われています。なぜ早慶戦が特別なのか、理由を挙げてみ

記事を読む

島袋洋奨投手はプロで活躍できるか

 2010年の高校野球は興南高校が春夏連覇を達成した。その時のエース・島袋洋奨投手は大学時代に明と暗

記事を読む

新・慶応義塾大野球部が始動、全国大会で優勝するために

 慶応義塾大は大学野球の雄である。早稲田大とともに日本の野球の発展を担ってきた。東京六大学でも今年春

記事を読む

東都で優勝した専修大学、まだ狼煙を上げただけに過ぎない

 東都大学リーグは専修大が26年ぶりの優勝を飾った。前回優勝時に6勝を挙げてMVPを獲得した岡林洋一

記事を読む

この季節の大学野球、それぞれの進路へ

 4月、5月のこの季節は、高校、大学、社会人の各種大会やリーグ戦が開催されています。大学野球にとって

記事を読む

2016年のドラフト候補の目玉・田中正義投手

2015年のドラフト会議が終わり、2016年のドラフト会議に向けたスカウト活動がスタートしている。

記事を読む

【大学野球選手権特集】仙台大・熊原健人投手を元プロスカウトが評価する

 大学野球選手権が始まりました。大会前に巨人がスカウト会議を開き、富士大の多和田真三郎投手と共に、仙

記事を読む

大学野球も2014年全日程終了!今年の大学野球シーンを振り返る

 明治神宮大会の大学の部、決勝では駒澤大学が明治大学を3-0で下し、駒澤大学が王者となって2014年

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑