*

【大学野球選手権特集】仙台大・熊原健人投手を元プロスカウトが評価する

公開日: : 大学野球

 大学野球選手権が始まりました。大会前に巨人がスカウト会議を開き、富士大の多和田真三郎投手と共に、仙台大の熊原健人投手をドラフト1位候補にリストアップしたという報道もありました。熊原投手とはいったいどのような点が評価されている投手なのでしょうか?元西武のスカウト・日野茂さんにチェックをお願いしました。

熊原健人投手とは?

 熊原健人投手は、高校時代は宮城の柴田高校でプレーしていました。柴田高校は県内では強豪校として知られ、この春の宮城県大会では決勝に進出、2013年の夏も決勝まで勝ち進んでいます。しかし熊原投手はそのチームに2番手投手で、リリーフなどで投げていました。体も178cm前後で大きいわけではなく、なかなか目が留まらない選手でした。

 しかし、仙台大学の森本監督が、たまたま見た試合で2番手投手で登板してサヨナラ負け、しかし「腕の振りと球筋が他の投手と違う」と大学に推薦すると、それから3年後の2014年春には最速152キロを記録する投手になりました。大学野球選手権でも福岡大戦で9回1/3をなげて5安打8奪三振1失点と好投し、侍ジャパン大学代表やU21代表にも選出されました。

 最速152キロの速球は大学4年になると、常時145キロ以上を投げるようになり、さらに速球の強さは増しました。ただし変化球の数が少なく、フィールディングなどにも課題を残す、粗削りな投手と評価をされています。

 

元プロスカウトが評価

 今回は熊原投手の以下の映像を見てもらい、評価をいたしました。

Youtube 2014/6/13 熊原健人 (仙台大学) 3年春 146km/h計測 大学野球日本代表

Youtube 【21U】日本代表#22 熊原健人投手(仙台大) 【2014】/JPN 22 KENTO KUMABARA

 

 まず、熊原投手の投球で最初に驚くのが構えたときの姿勢で、左足を大きく一塁側に置く形をとります。ただしこの構えは投球自体にはそれほど影響は無く、日野さんは「投球のバランスは非常にいい」とバランスの良さを評価しました。強い球を投げられるのは下半身の強さもあり、しっかりとした土台で投げられているため、大きく崩れる事もなさそうです。

 しかし日野さんは、「面白い投手がいるなぁ」と最初の構えについてつぶやいていました。投手はそれぞれいろいろな考え方を持ち、特に圧倒的な指導者がいないチームでは、自らが考えて特徴を磨いていくようになります。熊原投手も自分で考えて身に着けた構えなのでしょう。これを変える必要は全くありません。

 そして日野氏は投手のフォームについて、「自分のリズムで投げる事」と「トップの位置の重要性」を改めて指摘しました。東海大相模の小笠原慎之介投手の時もトップの位置を作る難しさについて話をしていましたが、良い投手に共通する点として、「TOPの位置で一度止まって見える」といいます。自分のリズムでテイクバックから腕を持ち上げ、そこで狙いを定める「TOP」の位置で一瞬止まって見える事があります。

 このトップの位置で止まり、そこから体全体で「グワーと投げていく」、トップの位置で投球のフィニッシュや投げられる球の力とコントロールが決まると言って良いのでしょう。

 今度から野球を見る時に、投手がトップの位置で一瞬止まって見えるかどうか、確かめてみるのも良いかもしれません。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

【ドラフト会議特集6】京大生、田中英祐投手はプロで活躍できるか

 今年のドラフト会議で話題となりそうなのが、京都大の田中英祐投手だろう。身長は180cmまでいかない

記事を読む

中央大・島袋洋奨投手の現在、甲子園優勝投手の進路に関して

甲子園の春夏連覇、新しい所では2012年に大阪桐蔭が藤浪晋太郎、森友哉といったメンバーで、1998年

記事を読む

今度は大学生、社会人の季節

センバツ高校野球が盛り上がりの中で幕を閉じた。そしていよいよ週末に、一部の大学リーグ戦がスタートする

記事を読む

新・慶応義塾大野球部が始動、全国大会で優勝するために

 慶応義塾大は大学野球の雄である。早稲田大とともに日本の野球の発展を担ってきた。東京六大学でも今年春

記事を読む

大学野球はもっと発展できないか

 大学野球選手権、神宮球場や東京ドームに足を運ぶと、以前に比べると人が増えた気もする。雨の多い季節の

記事を読む

来年の野球はどうなる? その2:大学野球

  今年もあと1週間となりました。来年の野球界の動きや予想などをしてみます。今日は大学野球について。

記事を読む

早慶戦が他の試合と違う点

今日から東京六大学リーグでは早慶戦(慶早戦)が行われています。なぜ早慶戦が特別なのか、理由を挙げてみ

記事を読む

学生野球の怖さ

東都大学野球リーグは亜細亜大が8勝2敗で優勝を勝ち取った。開幕2連敗からの逆転での優勝だった。学生野

記事を読む

さよなら、僕の野球!大学野球選手権と野球からの卒業

 5月、大学野球の春季リーグ戦が終わり、大学野球の春のクライマックスである大学野球選手権が行われてい

記事を読む

秋のドラフトパン祭り、今年のドラフトは”山崎”が中心? 大学生BIG4を評価する

今年のドラフト会議は特に大学生投手に注目が集まっている。中でもプロからの注目度が高く、大学BIG4と

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑