*

【大学野球選手権特集】富士大・多和田真三郎投手を元プロスカウトが評価する

公開日: : 大学野球

 いよいよ6月8日(月)より、全日本大学野球選手権大会が始まります。東京六大学からは早稲田大が、東都大学リーグからは専修大が出場をしますが、プロのスカウトが注目しているのは、富士大の多和田真三郎投手、仙台大の熊原健人投手といった地方のようです。果たしてどんな投手なのでしょうか。

 今日は、多和田真三郎投手を元プロスカウトがチェックします。

多和田真三郎投手とは?

 多和田真三郎投手は181cm72kgの右腕投手で、最速151キロを誇ります。高校は沖縄の中部商で、高校時代もプロのスカウトが注目した速球派投手でした。

 その多和田選手、1年生で出場した秋の明治神宮大会、完投の強豪・国際武道大戦で先発すると、なんとノーヒットノーランを達成、一躍注目される投手となりました。その後も毎年のように大学野球選手権、明治神宮大会に出場し、常に成長を見せている投手です。

 そして多くの人が多和田投手について話すのは、「下から投げてるように見えるオーバースロー」というもので、多和田投手は体の重心が低く、腕の振りもコンパクトで低く、バッターに近い所で球をリリースします。上から投げ下ろすのとはまったく別で、低い位置からの速球が伸びてくる印象を受けます。

 

元プロスカウトが評価

 今回は以下の動画を、元西武スカウトの日野茂氏に見てもらい、評価をいただきました。

Youtube 多和田 真三郎(富士大学1年)⑤

Youtube 2014.5.24 富士大 多和田真三郎投手(3年)

Youtube 2014/06/10 富士大・多和田真三郎投手

 

 日野氏にはこれまで、多くの選手の映像を見てもらいましたが、多和田投手の映像を見るなり、食い入るように見つめ、これまでにないような感嘆の声を挙げました。そして指摘したのは、

「後ろの足が腕を振らせるように、一生懸命ガマンしている」という事でした。多和田投手の低い位置のリリースは、軸足の強さにあるのは間違いないようです。

 そして、「前の足でしっかりと受け止めている」と話します。最近は後ろから持ってきた体重を、前の足が突っ張るように受け止め、その反動で上半身に回転をつけて投げるフォームが目立つといいます。しかし多和田投手は前の足は突っ張っておらず、低い位置でしっかりと体重を受け止めています。

 何度か映像をみた後、その他の選手も見てもらいましたが、日野氏は最後に再び多和田投手のフォームを思い、再び感想を話します。「昔は広島カープに、外木場、池谷、白石といった投手がいたが、みんなこういうようなフォームで投げてきた。」と話しました。ちなみに外木場義郎投手は131勝を挙げ、完全試合やノーヒットノーランも達成した投手、池谷公二郎投手も103勝を挙げ、1シーズン20勝も記録したエース、白石静生投手も故障と戦いながらも93勝を記録した左の好投手でした。

 時代を代表した投手と比較をし、日野氏は多和田真三郎投手に、これまでで最も興味を持ったようでした。そういえば、広島カープは北別府、外木場という感じ3文字の名字の投手が活躍するというような話を、広島カープの元スカウトも口にしたりします。大瀬良大地投手がカープ入りした時もそのように言われ、大瀬良投手は1年目に10勝を挙げて新人王に輝きました。

 果たして、「多和田」投手はどうなるでしょう。富士大の朱色にユニフォームを見ても、なんとなくカープのイメージがしてくるのですが・・・。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

東京六大学・東都が初戦敗退、地方大学の波

 大学野球選手権の2日目、東京六大学代表の慶応大が神奈川大に敗れ、東都大学リーグ代表の亜細亜大が創価

記事を読む

大学野球も2014年全日程終了!今年の大学野球シーンを振り返る

 明治神宮大会の大学の部、決勝では駒澤大学が明治大学を3-0で下し、駒澤大学が王者となって2014年

記事を読む

さよなら、僕の野球!大学野球選手権と野球からの卒業

 5月、大学野球の春季リーグ戦が終わり、大学野球の春のクライマックスである大学野球選手権が行われてい

記事を読む

大ブレーク、創価大・田中正義投手

 侍ジャパン大学代表とプロ野球(NPB)の若手選手が対戦したユニバーシアード壮行試合、創価大の田中正

記事を読む

さらにすそ野が広がる大学野球

日本の野球界は、高校野球は高校野球連盟の調査によると平成27年度には4021校、168,898人の部

記事を読む

中央大・島袋洋奨投手の現在、甲子園優勝投手の進路に関して

甲子園の春夏連覇、新しい所では2012年に大阪桐蔭が藤浪晋太郎、森友哉といったメンバーで、1998年

記事を読む

東京大の勝利は近い

 日曜日の東京六大学、慶応大vs東大の試合は10-4で慶応大が勝利し、東大がリーグの連敗記録を78へ

記事を読む

しっかりとやるべきことを繰り返して、東京大学の野球部の勝利

 東京六大学リーグでは東京大学が、2010年10月2日に早稲田大に勝って以来、約4年半にわたって94

記事を読む

島袋洋奨投手はプロで活躍できるか

 2010年の高校野球は興南高校が春夏連覇を達成した。その時のエース・島袋洋奨投手は大学時代に明と暗

記事を読む

2016年のドラフト候補の目玉・田中正義投手

2015年のドラフト会議が終わり、2016年のドラフト会議に向けたスカウト活動がスタートしている。

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑