*

東海大相模・小笠原慎之介投手を元プロ野球のスカウトが評価する

公開日: : 高校野球

 今日は今年の高校生の左腕投手でNO1の声もあがる東海大相模・小笠原慎之介投手を、元西武スカウトの日野茂氏に映像を見てもらい、評価を伺いました。

小笠原慎之介投手とは?

 小笠原慎之介投手は神奈川県藤沢市出身、中学時は名門の湘南クラブボーイズでプレーし、ジャイアンツカップで優勝するなど最強世代と言われた。15U日本代表にも選ばれるなど、中学野球界でも屈指の選手だった。

 東海大相模高校に、他の湘南クラブボーイズの選手と共に入学すると、入学直後の春の県大会準々決勝・湘南戦で公式戦デビュー、その試合でプロのスカウトが計測したスピードガンで144キロを記録して話題となった。2年生になるとヒジ痛などもあったが、夏の神奈川大会準決勝の横浜高校選では、9回2アウト満塁の場面で登板して抑えるなど、甲子園出場に大きく貢献する。

 甲子園ではチームは初戦で敗退も、小笠原投手は2番手投手として6回2アウトから7回まで登板し、1回1/3を1安打3奪三振で無失点と好投をしている。この投球を見ていたプロのスカウトは、3年生を含めても左腕でトップクラスの投手、というコメントを残している。

 秋からはチームメイトの吉田凌投手などを抑えてエース番号の1を背負い、3年生のシーズンに向けては体がさらに大きくなるなど、春のピッチングに注目が集まった。春の神奈川大会では準々決勝の慶応高戦で先発し、球速は145キロを記録し、9回1アウトまでを1安打11奪三振に抑えた。しかし6つの四死球を与えるなど制球については課題の残るピッチングとなった。その後宮崎で行われた招待試合などで登板し、迎えた春の関東大会では、準決勝の浦和学院戦で登板し9回を完投したものの、2本のホームランを浴びるなど8安打で4失点、「球が走っていなかった」とコメントしている。

 

元プロスカウトの評価

 小笠原慎之介投手については、昨年から今年のかけてのいくつかの映像を元西武スカウトの日野氏に見てもらった。

Youtube:[2014/07/29] 小笠原慎之介 (東海大相模2年) 対横浜

 Youtube:東海大相模エース 小笠原慎之介投手 2015 春季大会決勝戦

 Youtube:【東海大相模】 1 小笠原慎之介投手(3年春関東)

 

 まず、「コントロールもあり、体のバランスも良い。」とフォームについて合格点の評価だった。ただし、「フォームがまだ固まっていないのだろうか、トップの位置にバラつきがある」という指摘もされた。

 ただし、これについては非常に高いレベルでの指摘だと日野氏は語る。「トップの位置が決まるというのは本当に難しい。自分のリズムでトップの位置を作ることができるかどうか」という事だった。小笠原投手はまだ体が成長している時期であり、身体の成長に合わせてフォームやバランスをアジャストしていかなければならないが、その過程にある今は、まだトップの位置がきちっと固まる時期ではないのかもしれない。これが高校生の投手の難しさともいえる。

 

 トップの位置についてはまた別の特集をしたいと思っています。いずれにしても小笠原投手は、元プロのスカウトも上のレベルでの指摘をするほど、素質も良く完成度も高い投手との評価でした。これだけ強い球を投げられる左の投手というのは、プロ野球では貴重と言えます。

 これから進路を決める事になりますが、プロを志望すればドラフト会議では非常に注目される選手になるでしょう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

バスターは難しい

夏の甲子園大会の決勝戦、作新学院の今井達也投手と対戦した北海高校は、その試合で多くの打者がバントの構

記事を読む

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(2)

ある高校の練習の指導に訪れた日野茂氏は、その練習方法とある出来事を経験して「高校野球は練習方法を工夫

記事を読む

高校球児が増加し初の17万人越え、その背景は?

 高校野球連盟は2014年5月末現在の部員数を発表し、昨年より3224人多い170,312人となった

記事を読む

難航しそうな今年のセンバツ高校野球出場校の選考

センバツ出場校の発表が明日、1月29日に迫った。例年、選考が難航する地区があるが、今年は特に難航しそ

記事を読む

横浜高校の渡辺監督が勇退、約半世紀の監督人生

 横浜高校の渡辺監督が今年限りで勇退するという報道がされた。70歳、昨年、同校の小倉部長が勇退したが

記事を読む

大阪桐蔭の優勝と福岡ソフトバンクジュニア、つながり始めた12球団ジュニアトーナメント

 昨日、夏の高校野球で優勝した大阪桐蔭高校、実は福岡ソフトバンクジュニアとの縁がある。優勝メンバーの

記事を読む

センバツで羽ばたくか、大阪桐蔭・高山優希投手を元プロスカウトが評価する

 今年のセンバツ高校野球大会には、去年の県岐阜商・高橋純平投手のような目玉の投手はいない。しかし、プ

記事を読む

甲子園でホームランを打つのは5000人に1人の奇跡

 夏の高校野球、今大会は既に10号ホームランが出ている。甲子園でホームランを打つ事ができるのは、全国

記事を読む

怪物達が輝く甲子園であり続けて!

 昨夏の覇者・前橋育英の高橋光成投手が、昨春の優勝チーム・浦和学院の小島和哉投手が、準優勝・済美高校

記事を読む

高校野球と地域の知名度アップ

高校野球によって知名度の高い地域がある。例えば池田高校の徳島県池田町(現在は三好市)や、新湊旋風の富

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑