*

インコースを投げる投手vs打者の戦いは、日本の野球の将来を左右する

公開日: : 高校野球

 春季高校野球関東大会では浦和学院が優勝を果たした。優勝の立役者となったのは、左投手の江口奨理投手と小倉匡祐投手、二人とも球速は120キロ台がほとんどだが、バッターのインコースにキッチリと投げられる投手だ。実はこの優勝は、日本の野球界の将来を表すものかもしれない。

高校野球で活躍する投手

 高校野球では松坂大輔投手や田中将大投手、藤浪晋太郎投手といった、150キロの球を投げ、変化球の切れも良く、しかも「ある程度のコントロール」ができる投手が時折出現し、その力で甲子園でも優勝を果し、怪物投手と呼ばれてきた。しかしもちろんそんな選手はなかなか現れない。

 そして最近、甲子園で結果を残す投手として、打者のインコースにキッチリと投げる事ができる投手が挙げられる。2013年にセンバツで優勝した浦和学院の小島和哉投手、2014年センバツ優勝の龍谷大平安・高橋奎二投手、2014年夏の大阪桐蔭・福島孝輔投手、そして2015年センバツの東海大四・大沢志意也投手や浦和学院の江口奨理投手など。

 「球速が遅くてもキッチリとインコースに投げることができれば、高校生の名門と呼ばれるチームでもなかなか打てない」と、元西武スカウトの日野茂氏はいう。そして、大阪桐蔭や浦和学院などは、球のスピードが遅くてもコントロールや度胸のある投手を重用し、インコースに投げる練習をしているという話も聞く。

 

プロでは通用しなくなる、アマチュアの好投手

 そういう選手が活躍することは、素晴らしい事だと思う。しかし、そういう投手を起用しているチームが勝ち続けることで、他の高校もそれに倣って、球の速いコントロールがアバウトな投手よりも、球が遅くてもコントロールの良い投手を起用する。すると、試合で活躍し、経験を積むのはそういう投手が増え、球の速い選手の登板機会は減っていく。そして少年野球でも、球速よりもコントロールを重視していくという流れができていくとする。

 そしてそういう投手は大学においてもすぐに活躍できたりする。チームの勝利のために重用される。その結果、球が130キロ中盤のコントロールの良い投手がたくさん出てくることになる。

 日野氏はそういう投手について「プロでは通用しなくなる」と話す。高校や大学レベルでは打者は体もできていないし、しっかりとしたスイングもなかなかできていない。しかしプロに入ると、体が出来上がりスイングの強さが増す。そうすると130キロ中盤のインコースの球は通用しなくなる。

 

日本の野球の将来を

 日本の野球の将来を考えると、高校や大学、少年野球も含めて、コントロールが悪くても球はめちゃめちゃ速いという投手も、起用して経験を積ませて欲しいと思う。もちろん勝利が大切なのはわかるが。

 また、高校、大学のバッターについても、インコースを怖がらずに強くスイングできる選手を育ててほしい。そういうバッターが増える事で、投手のレベルも一段落上に上がる。

 日本は少子化がこれからも進む。大勢の選手の中から選んで起用する時代から、選手を育てて起用する時代になる。その中で、130キロそこそこのインコースピッチャーは、ますます重用されると思う。その投手をバッターが打ち崩せるかどうかで、日本野球のレベルが維持できるかどうかにつながるのだと思う。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

意外性を見せたセンバツ出場校の選考

センバツ高校野球大会の出場32校が発表された。選出には意外と感じられる部分も見られた。 意外な選考

記事を読む

選抜高校野球、注目候補の活躍はあまり見られず

 選抜高校野球大会の1回戦が、最後の登場となる東海大四vs豊橋工の試合ですべて終わった。出場32校す

記事を読む

創志学園・高田萌生投手と、敦賀気比・山崎颯一郎投手を、元プロスカウトが評価

センバツ大会の智弁学園と高松商の大熱戦となった決勝戦から、早いもので1ヶ月が経った。高校野球は各地の

記事を読む

高校野球選手の発言と時代

 高校野球の熱戦が続き、また多くの高校が敗れている。注目された高校野球選手は新聞記者のインタビューを

記事を読む

高校野球の都道府県別出場校数と部員数

 第96回高校野球大会は、甲子園で熱戦が繰り広げられている。今日は八頭高校が大阪桐蔭と対戦したが敗れ

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

バスターは難しい

夏の甲子園大会の決勝戦、作新学院の今井達也投手と対戦した北海高校は、その試合で多くの打者がバントの構

記事を読む

no image

高校野球の監督、コーチとなった元プロ野球選手

アマチュア野球指導資格の回復制度などにより、高校野球、大学野球の指導者になる元プロ野球選手が増えてき

記事を読む

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライオンズの名遊撃手だった石毛宏典

記事を読む

頑張れ、野球塾出身の4番!そして全国の高校野球3年生へ

 ゼロベースボールアカデミーで、元プロ野球選手の始動を受けた選手たちが、高校野球の最後の1年を戦って

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑