*

東海大相模・吉田凌投手を元プロ野球のスカウトが評価する

公開日: : 高校野球

 今年のドラフト候補の高校生の中で、プロが注目している左右の投手が東海大相模にいる。共に中学時代から注目された逸材は、3年生を迎えてどんな投手になったのか、元プロスカウトの日野茂氏に映像を見てもらい評価をお願いした。

 今回は右の本格派、吉田凌投手。

吉田凌投手

 吉田凌投手といえば、中学時代から注目された逸材だった。兵庫北播シニアでエースとして活躍すると、シニア日本代表に選出され、世界ベスト8に貢献した。当時から130キロ後半の速球を投げ、関西圏を中心に多くの高校から誘いを受けたが、神奈川の強豪・東海大相模に入学している。

 東海大相模では1年生の秋には、最速149キロを記録し、当時2年生でプロから注目されていた青島凌也投手や佐藤雄偉知投手よりも大事な場面で起用されており、監督からの信頼も厚かった。そして高校2年生の夏、神奈川大会決勝で先発すると、9回2アウトまで20奪三振の快投を演じ、大きな話題となった。

 甲子園、東海大相模は初戦で敗退したものの、吉田投手は3番手で登板し、2回をノーヒット3奪三振に抑えた。得意のスライダーは高校生は面白いように空振りが奪えた。だがそれが良くなかったのか、スライダーに頼るようになると、秋は調子が上がらずにチームのエースの座も、同学年の小笠原慎之介投手に譲ってしまう。その調子の悪さは翌年春になっても影響があったようで、昨年まで150キロを超す球も投げていた速球は、140キロ出るかでないかしか記録できず失点も繰り返した。それでも門馬監督は成長ぶりを評価し、プロのスカウトも将来性を評価する声が高い。

 

元プロスカウトが評価

 今回、元プロスカウトの日野茂氏に見ていただいた、吉田凌投手に関する映像はこちらです。

 Youtubeより 2014/4/20 吉田凌 (東海大相模高校) 145km/h計測 2年春 2015年ドラフト候補

 

 Youtubeより 【東海大相模】10 吉田凌投手(3年春関東)

 

 2年生の投球と最近の関東大会の投球の映像を比べて、日野氏は「2年の時に比べると3年生の時の方が、腕の振りが弱くなっている」と話した。腕の振りが弱くなる原因としては、故障であったり、フォームを崩して制球ができなくなり、その状態でコントロールしようとして腕の振りが鈍くなったり、または自信を失っていたりという事が考えられるというが、どれなのかはもう少し取材をしなければ分からない。

 それでも日野氏は「どこが痛いという感じではなさそうだが」と故障ではないように見えるという。

 高校3年生になると、その冬の間に体重を増やし、体をつくりかえる投手が多い。その中で吉田凌投手は、2年生の時とほとんど同じ70kgだった。体調を崩して体作りが遅れていたり、または他の課題に取り組んでいたのかもしれないと憶測はできるが、体作りにおいては、他の投手より1つテンポを緩めている感じをうける。

 しかしその点において、ある球団のスカウトが「体ができていない分将来性が見込める」と評価しており、スカウティングというのは本当に面白い。ただしそれは吉田投手の1年生、2年生の投球を見ているからこその評価である。

 いずれにしても、吉田投手の評価は夏の大会での投球を見ないと固まらない。その時に改めて見てみたいと思います。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(2)

ある高校の練習の指導に訪れた日野茂氏は、その練習方法とある出来事を経験して「高校野球は練習方法を工夫

記事を読む

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

センバツで羽ばたくか、大阪桐蔭・高山優希投手を元プロスカウトが評価する

 今年のセンバツ高校野球大会には、去年の県岐阜商・高橋純平投手のような目玉の投手はいない。しかし、プ

記事を読む

高校野球選手の発言と時代

 高校野球の熱戦が続き、また多くの高校が敗れている。注目された高校野球選手は新聞記者のインタビューを

記事を読む

アマチュア野球の注目スラッガー選手を元西武、阪神スカウトが評価する

これぞプロという迫力ある打球を打つ選手は、いつの時代もファンの心をつかむ。プロ野球でも筒香嘉智選手、

記事を読む

石毛宏典氏の高校野球への提言

8月が終わり、高校野球は新チームの戦いが始まっている。この夏も各地で、甲子園で多くの選手がプレーした

記事を読む

今年のドラフトの目玉は高校生左腕、履正社・寺島成輝投手を元プロスカウトが評価

 今年ドラフト会議では、創価大の田中正義投手が一身に注目を浴びている。10年に一人、20年に一人と評

記事を読む

甲子園でホームランを打つのは5000人に1人の奇跡

 夏の高校野球、今大会は既に10号ホームランが出ている。甲子園でホームランを打つ事ができるのは、全国

記事を読む

高校野球と地域の知名度アップ

高校野球によって知名度の高い地域がある。例えば池田高校の徳島県池田町(現在は三好市)や、新湊旋風の富

記事を読む

石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。それは、広陵・中村奨成選手だっ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑