*

しっかりとやるべきことを繰り返して、東京大学の野球部の勝利

公開日: : 大学野球

 東京六大学リーグでは東京大学が、2010年10月2日に早稲田大に勝って以来、約4年半にわたって94連敗と連敗記録を続けていたが、2015年5月23日、法政大に延長の末6-4で勝利した。

勝利の気配

 5月9日の立教大戦、東京大学は立教大学に5-4と1点差まで追い上げる戦いを見せていた。最速で148キロの速球を投げる3年生の山本俊投手が先発したもののコントロールが良くなく、ストライクを取りに行った所を打たれて初回に4点を失った。山本投手は3回にも1失点してマウンドを降りたが、その後は東京大と立教大の流れが変わる。

 3回裏に立教大のエースで3年生の沢田圭介投手から2点を返すと、7回にも2点を奪って降板に追い込んだ。投手陣も2年生の柴田叡宙投手、3年生のサイドスロー・三木豪投手、そして2年生の145キロを投げるリーグ屈指の左腕投手・宮台康平投手とつなぎ、4回以降は無失点に抑え、あと一歩で同点というところまで追い上げた。

 明治大や早稲田大など、全国から有力な選手を集めてくるチームならばわかるが、スポーツ推薦もなく、厳しい受験によって入学する東京大学に、148キロを投げる投手や、145キロを投げる投手がそろっているというのは非常に珍しい。その二人は、昨年秋から試合によって相手にまったく隙を与えない投球を見せる事もあった。ただしその調子は投げて見ないとわからない所もあり、継投の中で一人の調子が悪くて失点し敗れるという試合も何試合かあった。しかし、継投の調子いかんで相手を完封できる可能性も感じさせていた。

 

やるべきことを繰り返し

 また東京大の選手は動きも違っていた。カバーリングにおいて、ファーストにランナーがでると、牽制球1球でいろいろな選手がカバーリングに動く。セカンドはファーストが後ろにそらした時のケアを、そしてサードはというと、ファーストから投手に返球するときに備えて、カバーリングをする。

 5月9日の2試合において、サードがきちんとカバーリングをしていたのは、早稲田大の茂木栄五郎選手と東大の長藤祥悟選手だけだった。やるべきことをきちんとやっているのが今の東京大だといえる。他の大学のように名門の高校で一流のプレーをしていた選手がいない分、エラーをしてもそれを最小限にとどめるという気持ちが見られていた。

 

強豪になるために

 ただし今の戦い方では、投手が一人でも調子が悪いと失点し、名の通った相手の投手に抑え込まれて敗れてしまう。選手層が薄い東京大において、継投する投手がすべて相手を抑え込める可能性はまだ低い。

 2002年に、浅岡投手と松家投手という2人がともに完投能力があり、秋には立教大に2勝して勝ち点を奪った事がある。選手層の薄い東大においては、先発を任せた投手が調子が良い状態で完投することだろう。山本俊選手はコントロールの精度を上げ、また宮台投手、三木投手は今の安定感のまま完投できるスタミナがつけば、たの大学に脅威を与えるチームになるだろう。

 この勝利で目標のステージを1つ上げることができた。投手は今度は完投勝利を目指すことができるし、その先のプロ入りも目標に入ってくる可能性も出てきた。

 そういう意味でもとても大きな1勝となった。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

さよなら、僕の野球!大学野球選手権と野球からの卒業

 5月、大学野球の春季リーグ戦が終わり、大学野球の春のクライマックスである大学野球選手権が行われてい

記事を読む

大学野球も2014年全日程終了!今年の大学野球シーンを振り返る

 明治神宮大会の大学の部、決勝では駒澤大学が明治大学を3-0で下し、駒澤大学が王者となって2014年

記事を読む

大ブレーク、創価大・田中正義投手

 侍ジャパン大学代表とプロ野球(NPB)の若手選手が対戦したユニバーシアード壮行試合、創価大の田中正

記事を読む

東京大の勝利は近い

 日曜日の東京六大学、慶応大vs東大の試合は10-4で慶応大が勝利し、東大がリーグの連敗記録を78へ

記事を読む

島袋洋奨投手はプロで活躍できるか

 2010年の高校野球は興南高校が春夏連覇を達成した。その時のエース・島袋洋奨投手は大学時代に明と暗

記事を読む

秋のドラフトパン祭り、今年のドラフトは”山崎”が中心? 大学生BIG4を評価する

今年のドラフト会議は特に大学生投手に注目が集まっている。中でもプロからの注目度が高く、大学BIG4と

記事を読む

学生野球の怖さ

東都大学野球リーグは亜細亜大が8勝2敗で優勝を勝ち取った。開幕2連敗からの逆転での優勝だった。学生野

記事を読む

創価大・田中正義投手を元プロスカウトが評価、高校生の時に獲れなかった理由

 大学野球選手権で大きな話題となったのは、創価大学の2年生・田中正義投手だった。球速が出にくいといわ

記事を読む

東京六大学・東都が初戦敗退、地方大学の波

 大学野球選手権の2日目、東京六大学代表の慶応大が神奈川大に敗れ、東都大学リーグ代表の亜細亜大が創価

記事を読む

さらにすそ野が広がる大学野球

日本の野球界は、高校野球は高校野球連盟の調査によると平成27年度には4021校、168,898人の部

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑