*

東都で優勝した専修大学、まだ狼煙を上げただけに過ぎない

公開日: : 大学野球

 東都大学リーグは専修大が26年ぶりの優勝を飾った。前回優勝時に6勝を挙げてMVPを獲得した岡林洋一投手や、主軸として活躍した町田公二郎選手などについて、取り上げてみる。

ドラフト1位指名続出

 専修大学は東都リーグ発足時からのメンバーで、26年のブランクがありながらも東都リーグの優勝回数も最多の32回を誇る。かつては、古葉竹識氏や山沖之彦投手、宮里太選手などをプロ野球に送り出しているが、1989年の優勝メンバーも、プロ野球から大いに注目された。

 優勝メンバーの中心だったのは、当時3年生だった岡林洋一投手、2年生だった町田公二郎選手、また武藤潤一郎投手、杉山賢人投手などがいた。岡林投手は1990年のドラフト会議で東京ヤクルトが外れ1位で指名をしているが、この年のドラフトといえば亜細亜大の小池秀郎投手に8球団の指名が集まり、希望していなかった千葉ロッテが抽選を引き当てた事で話題となった。

 町田選手は1991年のドラフト会議で広島が外れ1位で指名したが、この時、広島がいの一番に指名したのはドラフト1位は駒澤大の若田部健一投手だった。

 杉山賢人投手は東芝に進み、武藤潤一郎投手はプリンスホテルに進んだが、1992年のドラフトで杉山投手は西武に、武藤投手は千葉ロッテにそれぞれドラフト1位で入団した。

 その後、1996年に黒田博樹投手が広島にドラフト1位で、1997年の安藤正則投手が西武にドラフト1位で指名され、毎年のように注目されるチームだった。

 

近年は

 しかし近年は2部にいることも多かった専修大、ドラフト会議で上位で指名される選手というのは非常に少なくなった。

 それでも2006年には長谷川勇也選手がドラフト5位で福岡ソフトバンクに、松本哲也選手が育成ドラフトで巨人に進み、今では長谷川選手も松本選手もチームに欠かせない選手になっている。しかしその後は、2009年に土本恭平選手がJR東海を経由して巨人にドラフト3位で指名されただけで、その後は出身の選手を含めてもプロ野球選手は誕生していない。

 

再び

 まずはリーグ戦優勝を果たした。そして今度は大学野球選手権大会で全国制覇に挑む。そして次は出身選手のプロ野球入りであろう。今年のチームは中心打者が体が大きく、振りの鋭い選手が揃う。そして後輩にも高校時代にプロ野球のスカウトが注目した選手が入部している。

 これから再び専修大からドラフト1位選手が誕生するか、この優勝を見て@「叶わぬ夢は無い」と感じた選手が、殻を破ってその夢をかなえてくれるだろう。

 今回の専修大の優勝は、まだ狼煙を上げただけに過ぎない。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

【ドラフト会議特集7】ドラフトの目玉、早稲田大・有原航平投手はプロで活躍できるか

 今年のドラフト会議(10月23日)まであと10日を切り、各球団の動きも最後の慌ただしさを見せている

記事を読む

野球キャンプイン

大学で野球を続けるということ

 夏の高校野球の日程が各地で進んでいる。甲子園開幕に向け、甲子園決勝に向け、全国4000校、10万人

記事を読む

【大学野球選手権特集】富士大・多和田真三郎投手を元プロスカウトが評価する

 いよいよ6月8日(月)より、全日本大学野球選手権大会が始まります。東京六大学からは早稲田大が、東都

記事を読む

70連敗を止めにいった東大の誤算

東京六大学では東京大学がワーストタイの70連敗となった。2010年の早稲田大学戦で斎藤佑樹投手に勝っ

記事を読む

駒澤大の2軍降格についてOBの石毛宏典氏が語る

東都大学リーグの1部2部入れ替え戦で、1部6位の駒澤大は、2部1位の東洋大に1勝2敗と負け越し2部降

記事を読む

創価大・田中正義投手を元プロスカウトが評価、高校生の時に獲れなかった理由

 大学野球選手権で大きな話題となったのは、創価大学の2年生・田中正義投手だった。球速が出にくいといわ

記事を読む

新・慶応義塾大野球部が始動、全国大会で優勝するために

 慶応義塾大は大学野球の雄である。早稲田大とともに日本の野球の発展を担ってきた。東京六大学でも今年春

記事を読む

秋のドラフトパン祭り、今年のドラフトは”山崎”が中心? 大学生BIG4を評価する

今年のドラフト会議は特に大学生投手に注目が集まっている。中でもプロからの注目度が高く、大学BIG4と

記事を読む

【ドラフト会議特集6】京大生、田中英祐投手はプロで活躍できるか

 今年のドラフト会議で話題となりそうなのが、京都大の田中英祐投手だろう。身長は180cmまでいかない

記事を読む

京都大学の勝ち点への道のり

関西学生野球リーグの京都大学が5月7日の同志社大戦で勝利し、23季ぶりの勝ち点を挙げた。この勝ち点の

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑