*

野球のトレンドは小柄でも飛ばせる選手、投げられる選手に?

公開日: : プロ野球

 プロ野球は、だいたい180cm80kgくらいの選手がプレーしていて、近くで見ると大きく感じるという印象がある。実際に平均身長は投手も野手も180cm前後というデータもある。しかし、最近、170cmの西武ライオンズの森友哉選手、174cmの東北楽天・松井裕樹投手、また横浜DeNAの小さな大魔神・山崎康晃選手も177cmの身長はあるものの、体の線が細いスマートな投手に感じる。

注目選手がトレンドを変える

 このサイトではこれまでも、右投げ左打ちが増えた事(野球のムーブメントと特徴、右投げ左打ち )などを紹介したが、他にも、例えば埼玉西武のお変わり君・中村剛也選手が活躍すると、翌年以降にDHのあるパリーグを中心に体重が100kg前後の選手が増えたりした。

 基本的に野球は、飛ばす力や投げる力のある選手が注目される傾向にあり、プロ野球のスカウトも体の大きい選手は、多少技術が伴わなくても抑えが効く事もあり、そういう選手を獲得する傾向があるように見える。実際に日本ハムの大谷翔平選手や、ソフトバンクの柳田悠岐選手などは、大きな体からものすごい球を投げ、ものすごい打球を放つ。

 このような選手を見ると、やはり体の大きい選手がしっかりと体を作ると、パワーも伴うような印象がつき、大きな選手を獲得したくなる。

 

小さな選手

 しかし現在、パリーグで9本塁打を記録しているのは2年目の170cmの森友哉選手である。体は小さくてもがっしりとした体を低く構え、地に張り付いたようなどっしりとした安定感で、ボールの下にバットを入れてびっくりするような打球を放つ。森選手は5月5日のこどもの日に、ヒーローインタビューに立った際に、「背が低くてもホームランが打てる」と話して全国の背の低い少年野球選手に希望を与えた。

 東北楽天のリリーフエース・松井裕樹投手も174cmと身長は大きくないが、力のあるストレートを投げて13試合16イニングを無失点に抑え続けた。横浜DeNAの山崎康晃投手も、ヒーローインタビューで「小さな大魔神になる」と話している。松井選手は2年目、山崎選手はルーキーである。

 もちろん大谷翔平投手、藤浪晋太郎投手のような大きな選手も活躍しているし、小さな選手のほうがいいというわけではない。しかし、身体が小さいから野球に向いていないということは無い。

 

小さな大選手に

 小さな選手が1年目、2年目から活躍しているのは、アマチュア野球時代から、小さいからこそ身体をしっかりと作り、高い技術を身に着けていた事が挙げられる。森選手も松井投手も山崎投手もアマチュア時代の実績は抜群で、ドラフト1位指名でプロ入りしている。チームメイトも対戦相手も、並んだり向かい合ったりすると、見上げるような選手ばかりだったと思う。そのたびに、大きな選手に負けないパワーと技術を身に着けて張り合い、プロでも1年目から活躍を見せた。

 逆に、ドラフトの中位から下位では将来性を見込んでの選手を獲得する事も多いが、そういう選手はやはり体の大きな選手が多いのだろう。身長が大きいものの身体ができていない、技術が伴っていないという選手が優先されることになる。

 今年の東京六大学リーグで、現在5本塁打を放ちホームラン王レースを独走しているのは、早稲田大の茂木栄五郎選手である。茂木選手は171cmの選手だが、早稲田大・高橋広監督も目を見張る長打力を持っている。

 小さな選手が大型の選手に向かっていく姿も、野球のだいご味といえる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

身体的能力が目立たなかった稲葉篤紀選手が、プロ野球を大きく発展させた

 北海道日本ハムの稲葉篤紀選手が今季限りで引退をする。法政大の時にドラフト会議で3位でヤクルトが指名

記事を読む

野球の魅力 ~体型に関係なくいろんな才能に活躍を与える球技~

 野球の魅力について1回目では、団体競技でありながら、個人vs個人が注目されるスポーツということを紹

記事を読む

セ・パ交流戦が始まる!

明日、5月20日からセ・パ交流戦が始まる。2005年から始まった交流戦は今年で10年を迎える記念すべ

記事を読む

なぜ新人投手がいきなり活躍できるのか?BIGデータとの関係

4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。セリーグで

記事を読む

野球キャンプイン

プロ野球の秋季キャンプはなぜ地獄なのか

プロ野球は既に秋季キャンプが始まっている。長いシーズンの戦いを終えたプロ野球選手が、「地獄」と称され

記事を読む

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

FA移籍について、石毛宏典氏に聞く

今年はFAの移籍の話題が比較的目立った。埼玉西武のエースだった岸孝之投手が東北楽天に移籍、オリックス

記事を読む

レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで選手を競わせて選手を育てるとい

記事を読む

東京オリンピック、野球の実施の課題~その1~

 2020年の東京オリンピックで野球、ソフトボールの実施の可能性が徐々に高まってきた。オリンピックに

記事を読む

監督の色とチームバランス

 ペナントレースが始まり、3カードの対戦が終わった。両リーグとも抜け出すようなチームが無い中で、セリ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑