*

横浜高校の渡辺監督が勇退、約半世紀の監督人生

公開日: : 高校野球

 横浜高校の渡辺監督が今年限りで勇退するという報道がされた。70歳、昨年、同校の小倉部長が勇退したが同じ年齢で、また勇退の発表の同じタイミングとなった。

横浜高校の監督

 渡辺監督は横浜高校、神奈川大で野球をしていたが、一度は野球をあきらめ就職をしていた。しかし野球への思いが断ち切れず、酒浸りの生活をしていた時もあったという。そして人の縁があり、24歳で横浜高校の監督となると以来70歳までの46年間、横浜高校率いて、5度の優勝、さらに松坂大輔投手、筒香嘉智選手、浅間大基選手などを多くの選手をプロに送り出した。

 東海大相模の原貢監督の前に苦しんだものの、1973年のセンバツ大会で甲子園に初出場して優勝を果たす。その後は再び神奈川県の中で苦しんだものの、横浜高校時にチームメイトで、横浜商業の監督をしていた小倉氏を部長に迎え、二人監督の体勢で毎年のように甲子園に姿を見せ、通算で5度の優勝を果たした。

 高校野球を高いレベルに引き上げた監督の一人だった。

 

新たな高校野球に

 歴戦の名将だったことは間違いない。智弁和歌山の高嶋監督、帝京の前田監督、日大三の小倉監督などと共に時代をリードしてきた監督だが、寄る年波にはかなわない。しかし、半世紀近く監督をするという事は、伝統の中にも新しいトレーニングや作戦を取り入れるなど変化に対応し、そして指導方法や指導のルール、そして選手のタイプや目標の変化にも対応をするというのは、並大抵のことではない。

 しかし高校野球界は、大阪桐蔭の西谷監督や敦賀気比の東監督など40代、30代の監督が力を伸ばしてきている。渡辺監督の退任はベテラン監督の思うところを刺激するかもしれず、世代交代は進んでいくかもしれない。

 新たな高校野球は、これから子供が減っていくという時代に立ち向かわなければならない。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

東海大相模・吉田凌投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今年のドラフト候補の高校生の中で、プロが注目している左右の投手が東海大相模にいる。共に中学時代から

記事を読む

高校野球100年、審判員も100年

 100年目の高校野球大会が開幕した。第一回全国中等学校優勝野球大会は1915年8月19日~23日に

記事を読む

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投

記事を読む

高校野球の2014年の日程終了!今年の高校野球シーンを振り返る

 高校野球は明治神宮大会が終わり、2014年のすべての日程が終了した。あとは年末を越し、1月末に選抜

記事を読む

バスターは難しい

夏の甲子園大会の決勝戦、作新学院の今井達也投手と対戦した北海高校は、その試合で多くの打者がバントの構

記事を読む

天理高校・坂口漠弥選手を元プロスカウトが評価する

 選抜高校野球大会が終わり、高校生たちは夏に向けて動き始めている。そのセンバツで長打力が注目されたの

記事を読む

高校野球のベスト8と地域の差

 今年の夏の高校野球選手権、北信越地区や東北地区の活躍が目立った。しかしベスト8には実力のある東海、

記事を読む

【センバツ注目選手】遊撃手編~その1~ 仙台育英・平沢大河選手を元プロスカウトが評価する

 今月21日に開幕するセンバツ高校野球大会が近づいてまいりました。3月13日には組み合わせ抽選会が行

記事を読む

難航しそうな今年のセンバツ高校野球出場校の選考

センバツ出場校の発表が明日、1月29日に迫った。例年、選考が難航する地区があるが、今年は特に難航しそ

記事を読む

石毛宏典氏の高校野球への提言

8月が終わり、高校野球は新チームの戦いが始まっている。この夏も各地で、甲子園で多くの選手がプレーした

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑