*

プロ野球のエースのすごさ!

公開日: : 最終更新日:2015/05/08 プロ野球

 プロ野球、先発ローテーションとして活躍する投手の中で、エースと呼ばれる投手が各チームに存在します。しかし、エースと呼ばれる投手が最も速い球を投げたり、特に注目される変化球を投げているわけではない事も多いと思います。エースは何が違うのでしょうか?

140キロの球で

 エースと呼ばれる投手と対戦した、元プロ野球選手の話を聞くと、エース投手は「140キロの球で何とかされてしまう」と話します。確かにこれまで活躍してきたエースと呼ばれる投手で、横浜DeNAの三浦大輔投手や中日の吉見一起投手、巨人の内海哲也投手は、球速は140キロ前後です。しかも三振をバッタバッタと奪うような鋭い変化球を投げるわけでもありません。エースとそれ以外の投手との違いは「投球に対する工夫が違う」という意見が出ました。

 元西武のスカウトだった日野茂氏も、「アマチュアの投手は速い投手が魅力だが、プロの投手は140キロでも打者を料理できる」と話します。そこには、身体にしみ込んだ打者との対戦の経験により、バッターとのタイミングをずらしたり、球の出所を見づらくしたりといった工夫があるとのことでした。もちろん、そこには制球力というベースがあり、変化球や球のキレ、そしてスピードというものがベースとなりますが、長年エースとして投球を続ける上で、やはりスピードは三振を奪う以外の部分が特に成長していくようです。

 ダルビッシュ有投手も、田中将大投手もプロ入りして3年目くらいまではストレートを求め、三振を奪える鋭い変化球を追い求めていましたが、メジャーリーグに移籍する頃には、コントロールに球のキレ、そしてフォームの工夫で、スピードや鋭い変化球が無くてもプロ野球のバッターを抑えられるレベルになっていました。

 

アマチュア選手は

 もちろん、エース投手にもスピードがあり、三振を奪える変化球があれば、鬼に金棒となるでしょう。広島カープの前田健太投手やダルビッシュ有投手、田中将大投手はそんな投手で、プロの打者を軽く料理する投手でした。

 プロのスカウトは、アマチュア選手をスカウトするうえで、やはり球威のある投手を求めます。そういう投手がプロで揉まれて成長することでエース投手となっていきます。剛速球投手がエース投手に変わっていく姿をみるのも、野球の楽しみといえるでしょう。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に代わり、選手起用の面や戦い方に

記事を読む

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

左打者には左投手?確実性を上げるために逆方向を狙う?野球の常識とは

日本の野球で常識と考えられている事について、元西武ライオンズの石毛宏典氏に聞いた。 夏の甲子園で北

記事を読む

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

横浜DeNAの金城龍彦選手、スターへの道

横浜DeNAの金城龍彦選手がサヨナラ打を放った!これでチームタイ記録となる8度目のサヨナラ安打となっ

記事を読む

元プロ野球選手談話、「ロッカールームの歴史」

野球塾のZEROベースボールアカデミーには、日野茂顧問、清水宏悦校長(元大洋、西武)、上田浩明コーチ

記事を読む

FA移籍について、石毛宏典氏に聞く

今年はFAの移籍の話題が比較的目立った。埼玉西武のエースだった岸孝之投手が東北楽天に移籍、オリックス

記事を読む

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャプテンだった石毛宏典氏も待ち望

記事を読む

トレードはこうやって決まる!現場とフロントの連携

 プロ野球では、大型トレードが行われると非常に大きな話題となり、またチームもガラッと変わることがあり

記事を読む

小さな選手も大きな活躍ができる

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見せ、早くも来年のドラフトの目玉

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑