*

プロ野球のエースのすごさ!

公開日: : 最終更新日:2015/05/08 プロ野球

 プロ野球、先発ローテーションとして活躍する投手の中で、エースと呼ばれる投手が各チームに存在します。しかし、エースと呼ばれる投手が最も速い球を投げたり、特に注目される変化球を投げているわけではない事も多いと思います。エースは何が違うのでしょうか?

140キロの球で

 エースと呼ばれる投手と対戦した、元プロ野球選手の話を聞くと、エース投手は「140キロの球で何とかされてしまう」と話します。確かにこれまで活躍してきたエースと呼ばれる投手で、横浜DeNAの三浦大輔投手や中日の吉見一起投手、巨人の内海哲也投手は、球速は140キロ前後です。しかも三振をバッタバッタと奪うような鋭い変化球を投げるわけでもありません。エースとそれ以外の投手との違いは「投球に対する工夫が違う」という意見が出ました。

 元西武のスカウトだった日野茂氏も、「アマチュアの投手は速い投手が魅力だが、プロの投手は140キロでも打者を料理できる」と話します。そこには、身体にしみ込んだ打者との対戦の経験により、バッターとのタイミングをずらしたり、球の出所を見づらくしたりといった工夫があるとのことでした。もちろん、そこには制球力というベースがあり、変化球や球のキレ、そしてスピードというものがベースとなりますが、長年エースとして投球を続ける上で、やはりスピードは三振を奪う以外の部分が特に成長していくようです。

 ダルビッシュ有投手も、田中将大投手もプロ入りして3年目くらいまではストレートを求め、三振を奪える鋭い変化球を追い求めていましたが、メジャーリーグに移籍する頃には、コントロールに球のキレ、そしてフォームの工夫で、スピードや鋭い変化球が無くてもプロ野球のバッターを抑えられるレベルになっていました。

 

アマチュア選手は

 もちろん、エース投手にもスピードがあり、三振を奪える変化球があれば、鬼に金棒となるでしょう。広島カープの前田健太投手やダルビッシュ有投手、田中将大投手はそんな投手で、プロの打者を軽く料理する投手でした。

 プロのスカウトは、アマチュア選手をスカウトするうえで、やはり球威のある投手を求めます。そういう投手がプロで揉まれて成長することでエース投手となっていきます。剛速球投手がエース投手に変わっていく姿をみるのも、野球の楽しみといえるでしょう。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

プロ野球選手のポジションの変更は?

プロ野球では時折、大胆なコンバートが注目される事がある。中日で「アライバ」と言われていた井端選手と荒

記事を読む

今永昇太投手、上原健太投手、岡田明丈投手を石毛宏典、元プロスカウト・日野茂が斬る

今日はドラフト1位候補に名前のあがる駒澤大・今永昇太投手と、明治大の上原健太投手、大商大の岡田明丈投

記事を読む

なぜ新人投手がいきなり活躍できるのか?BIGデータとの関係

4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。セリーグで

記事を読む

プロ野球選手のセカンドキャリア

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表

記事を読む

プロ野球の今昔

 元横浜大洋ホエールズの清水宏悦氏、元西武ライオンズの守備の名手・上田浩明氏、そして元中日ドラゴンズ

記事を読む

新春のスカウトの動き

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束

記事を読む

監督の色とチームバランス

 ペナントレースが始まり、3カードの対戦が終わった。両リーグとも抜け出すようなチームが無い中で、セリ

記事を読む

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確

記事を読む

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

セ・パ交流戦が始まる!

明日、5月20日からセ・パ交流戦が始まる。2005年から始まった交流戦は今年で10年を迎える記念すべ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑