*

大阪商業大・岡田明丈投手を、元プロスカウトが評価する

公開日: : スカウト活動

 大阪商業大の岡田明丈投手がこの春に150キロを記録し、連日のようにプロ野球のスカウトが姿を見せているようです。どのような選手なのでしょうか?元プロスカウトの日野茂氏に、映像を見て評価をお願いしました。

150キロ右腕

 岡田明丈投手は大阪府出身、大商大高校から大商大に進学しました。昨年秋ごろより注目され始めた投手ですが、今年春には150キロを記録、雨天でノーゲームとなった試合でも11球団のプロのスカウトが視察し、その後の試合ではチームの首脳クラスも訪れるなど、ドラフト候補としての注目が増しています。

 183cmの高さがあり線はまだ細そうですが、1試合で許す四死球も少なく安定感のあるピッチングを続けています。しかし反面、プロのスカウトからは「すべての面で完成されていないからこそ、まだまだ伸びる要素がある。スケールも大きい」と、まだ未完成であるというコメントもありました。

 日野氏に見てもらった岡田投手の映像は以下の通り。

 youtube 大商大 岡田投手より

 youtube 大商大 岡田投手 3/3

 

常時良い球が投げれれる投手に

 日野氏は投球する姿を見て、フォームも悪くないし、タイミングよく投げられている。コントロールも悪くないはず」と話しました。ただし、球速148キロというスピードについて、「投げ方としては140キロ前後だろう。これで常時145キロ出る投手だった、大したもので将来大物になる」と話しました。岡田投手は最速は148キロですが、常時140キロ中盤を記録するかというと、話を聞いた限りではまだそうではないようです。

 試合ではコントロールも良いのですが、ブルペンではもしかするともっと力のある球を投げているかもしれません。日野氏は「ブルペンでの投球を一度みて、どれだけ力のある球が投げられているのかを見てみたい」と話しました。

 打者同様に、投手も試合では勝つために球速を落としてコントロールを重視したピッチングをしたりします。体もあり速い球を投げそうなんだけど、試合では140キロ前後で「こんなものじゃなさそうだ」と思った選手について、スカウトは練習でのピッチングを確認に行きます。そこで、もっと力のある球を投げていれば、試合でも力のある球を投げられるようになれば、1軍で活躍できる、と判断します。

 岡田投手には、おそらくスカウトも練習での投球を見ているのでしょう。その上でスカウトはコメントをしていると思われます。将来性も抜群の岡田投手、秋のドラフト会議では何位あたりで指名されるでしょうか?楽しみです

 

関連記事

田中正義になれるか、成長を期待したい4投手を元プロスカウトが評価

今年のドラフト会議の超目玉として、早くも一挙手一投足に注目が集まっている創価大・田中正義投手。12球

記事を読む

本命なきドラフト会議とスカウトの苦心

 昨年のドラフト会議は高校生ならば松井裕樹投手、大学生ならば大瀬良大地投手、社会人ならば吉田一将投手

記事を読む

野手のドラフト候補がスカウトに注目されるには

 センバツに出場する野手の候補を紹介してきたが、元西武のスカウト・日野茂氏に、「野手はどんな風にすれ

記事を読む

プロ野球のスカウティングは「営業」か「投資」か

 ローソンの社長を務めた新浪氏が10月からサントリーホールディングスの社長に就任する。近年は新卒学生

記事を読む

スマホやAIの進化で、スカウト活動は変わっていくのか?

プロ野球のキャンプの終盤戦に入り、練習試合やオープン戦を中心に回り始めるようになる。キャンプに参加し

記事を読む

スカウトの目は様々なものに影響される

 元プロ野球スカウトの日野茂氏は、選手時代は内野手としてプレーしていた。プロ野球のコーチ時代も守備な

記事を読む

早稲田実・清宮幸太郎選手を、元プロ野球スカウトがチェック

 松井以来の怪物、和製ベーブルースと報道される早稲田実業高校の清宮幸太郎選手、まだ1年生の4月ではあ

記事を読む

【ドラフト会議特集5】スカウトの1年

 10月23日のドラフト会議まであと2週間と少し、各地で大学のリーグ戦が終盤戦の盛り上がりを見せてい

記事を読む

野球キャンプイン

1月、2月のスカウトの動き

プロ野球は2月1日に春季キャンプが始まり「球春到来」となる。この時期はアマチュア野球の高校野球、大学

記事を読む

【ドラフト会議特集11】選手を獲得したときのスカウトの気持ちは?

 いよいよドラフト会議まであと2日となった。選手にとっても運命の日だが、スカウトにとっても1年間、ま

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑