*

早稲田実・清宮幸太郎選手を、元プロ野球スカウトがチェック

公開日: : スカウト活動

 松井以来の怪物、和製ベーブルースと報道される早稲田実業高校の清宮幸太郎選手、まだ1年生の4月ではあるが、元プロ野球スカウトにチェックをお願いした。

怪物の打撃

 清宮幸太郎選手は、リトル時代に132本塁打を打ち、また投手としても他の選手を圧倒する球威で世界大会で優勝を成し遂げた選手だった。その後、調布シニアでプレーし、この春に早稲田実業に入学している。右投げ左打ちで、184cm97kgという体格も、他の選手を圧倒している。

 先日の高校野球の東京大会でホームランを放つなど3試合で6打点と活躍をし、マスコミからは「怪物」の称号を与えられたようだ。その清宮選手の映像を、元西武のスカウト・日野茂氏に見てもらい、チェックをしてもらった。

 

見てもらった映像は次の通り

 youtube 早実 清宮幸太郎 高校第1号3ランホームラン

youtube 早稲田実業 清宮幸太郎・3安打!!(早大学院戦/2015春季東京都大会4回戦)

 

 まず日野氏が挙げたのは、「投球にうまくタイミングを合わせることができている」という事だった。初めて対戦する相手だったと思うが、プロでも投手のタイミングに合わせるのはなかなかむずかしい。それができているのはバッターとして評価できるとした。

 次に挙げたのが「右足を待つことができている」という点。投手は速球と変化球を織り交ぜて挑んでくるが、投球に合わせてあげた右足が、変化球を投げられも一度待ってタイミングを合わせることができている。下半身が安定している証拠であり、これができると変化球にも対応して打つことができる。

 長打力の裏には、もちろんパワーもあるが、打者としてタイミングをとる技術に優れているのが、清宮選手の特徴という事だった。

 

怪物をどう育てる?

 日野茂氏はプロ野球でも西武ライオンズや横浜ベイスターズで2軍監督などを務めているが、もしチームにこのような怪物が入ってきたら、どのように育てるのか?を聞いてみた。

 すると日野氏は、「こういう選手は4番で育てるしかない」と、清宮選手のタイプを見てそのように話した。自分だったら最初から4番に座らせてそのまま打たせ続ける」と話した。高校生は厳しい攻めをされたりして打てなくなったりして、バッティングに悩むと、そのまま成績が下降し、最悪の場合、野球から離れてしまったりする選手もいなくはない。それでも日野氏は「4番で使い続けて、自分で気付かせる」と、自分の足りないもの、成長が必要なものを、自分で考えさせていく事が大切と話した。

 また、清宮選手は既にスポーツ紙の1面を飾るなど、スター選手としてマスコミから取り上げられている。そうなるとまだ高校1年生という事もあり、悪い影響が出る心配もある。それでも日野氏は4番で使い続けるという。これからも様々な場面でマスコミなどに取り上げられる事になるだろう。その時のために、スターとして育てて行くことも大切なようだ。

 

 まだ高校1年生、これから様々な壁に当たるだろう。それでもその壁を自分でどのように乗り越えていくのか、そこで成長し将来は立派な野球選手となっていく。

(Professional baseball view 編集部)

 

関連記事

早稲田大・吉永健太朗投手を、元スカウトが評価する

 早稲田大の吉永健太朗投手、日大三高校で、畔上翔選手、横尾俊建選手、高山俊選手などと共に夏の甲子園を

記事を読む

明らかになる選手の能力、チームの選手を見る目は一致しているか?

新人合同自主トレがスタートした。そこには選手を預かる1軍2軍の監督やコーチ、担当したスカウト、そして

記事を読む

田中正義になれるか、成長を期待したい4投手を元プロスカウトが評価

今年のドラフト会議の超目玉として、早くも一挙手一投足に注目が集まっている創価大・田中正義投手。12球

記事を読む

プロ野球のスカウティングは「営業」か「投資」か

 ローソンの社長を務めた新浪氏が10月からサントリーホールディングスの社長に就任する。近年は新卒学生

記事を読む

2015年ドラフトを元西武スカウト・日野茂氏に聞く

2015年のドラフト会議から1ヶ月が経ち、球団では入団発表が行われている。今年のドラフト会議の指名の

記事を読む

ドラフト会議で選手を指名した担当スカウトの気持ち

 ドラフト会議で追い続けていた選手を指名した時、担当スカウトは「責任を感じる」ということを、【ドラフ

記事を読む

【ドラフト会議特集1】ドラフト会議までに何を決めておくのか?スカウト会議で行う事

 いよいよドラフト会議まであと1か月となりました。今年は「確実にドラフト1位で行ける」と言える選手が

記事を読む

本命なきドラフト会議とスカウトの苦心

 昨年のドラフト会議は高校生ならば松井裕樹投手、大学生ならば大瀬良大地投手、社会人ならば吉田一将投手

記事を読む

広島経済大・尾仲祐哉投手にみる選手の努力と可能性

広島経済大の尾仲祐哉投手は172cm70kgの右腕投手、現在は最速で150キロを投げるが、大学入学時

記事を読む

背の低い選手に注目する

 野球はバレーボールやバスケットのように身長が高い必要はない。サッカーに比べても頭上のプレーが多いわ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑